企業ネットワーク最前線

IoT化でコインランドリーがより便利・快適に様変わり

文◎村上麻里子(編集部) 2018.03.16

  • bookmark
  • Teitter
  • 印刷

共働きの増加や清潔志向の高まりで再び注目を集めるコインランドリー。業界最大手のアクアはクラウド化によりビッグデータを活用し、利用者とオーナー双方の利便性を向上するサービスを目指している。

 
コインランドリー市場が拡大している。厚生労働省の調査によると、2015年度は1万6454店舗と、05年度の1万3746店舗から10年間で約1.2倍に増加した。ここ数年のデータは公表されていないが、年間400~500店舗のペースで増え続けており、2020年には2万店舗を超えるとの予測もある。

かつてコインランドリーといえば、銭湯などに隣接した狭いスペースを使い、学生や単身者など自宅に洗濯機を置いていない人が利用するものとされていた。最近は共働き世帯の増加に伴い週末のまとめ洗いや、清潔志向の高まりから羽毛布団やじゅうたん、スニーカーなど自宅では洗いづらいものの洗濯に活用されており、顧客も主婦層が中心だ。地方や郊外のロードサイドでは広い駐車場を完備していたり、カフェやペットショップを併設するなど、店舗そのものも従来とは様変わりしている。

こうしたなか、コインランドリー市場の成長可能性に着目し、IoT化に取り組んでいるのが、大手家電メーカーのアクアだ。

地方や郊外のロードサイドを中心に、従来のコインランドリーのイメージを覆すような店舗が登場している(写真は、ボルダリングを併設した店舗)
地方や郊外のロードサイドを中心に、従来のコインランドリーのイメージを
覆すような店舗が登場している(写真は、ボルダリングを併設した店舗)


3段階に分けてIoTシステムを発展アクアの前身である三洋電機は、1971年に国内で初めてコインランドリー向け洗濯機を開発・発売した。中国ハイアール・グループの一員となった現在もコインランドリー業界におけるシェアは約75%とトップを維持している(産業機械工業会コインランドリー分化会調べ)。

アクアは2016年9月に日本マイクロソフトと家電IoTサービスの開発で協業、2017年12月から「AQUA次世代Cloud IoTランドリーシステム」をスタートした。

このシステムに対応したランドリー機器やコインランドリーに設置してICカード決済や領収書発行などを行う「マルチ端末」と、マイクロソフトのクラウドサービス「Microsoft Azure」上のIoTランドリーシステムを接続することで、利用者とオーナーの双方に新たな機能やサービスを提供するのが目的だ。

アクアは2005年からこれまでコインランドリーにサーバーを設置しネットワークでつなぐ「ITランドリーシステム」を展開しており、全国1600店舗・約2万1000台の機器が接続されている(2017年8月末時点)。オーナーは遠隔からIDによる売上管理や稼働管理、機器トラブルのリセットなどを行える。なお、新たなIoTランドリーシステムは、このITランドリーシステムの発展形となる。

オーナーは遠隔からダッシュボードで、売上実績や稼働状況を管理することができる
オーナーは遠隔からダッシュボードで、売上実績や稼働状況を管理することができる


ITランドリーシステムの場合、ディスク容量の制約から店舗のサーバーに蓄積したデータを古いものから破棄していた。それがIoTランドリーシステムでは、すべてのデータがクラウドに集約される。これにより、「オーナーはビッグデータに基づいた経営が可能になる」とアクア マーケティング本部コマーシャルランドリー企画グループディレクターの秋馬誠氏は話す。

アクア マーケティング&オペレーション本部 ランドリーグループ マネージャー 秋馬誠氏
アクア マーケティング本部
コマーシャルランドリー企画グループ ディレクター 秋馬誠氏



また、ITランドリーシステムではネットワークにインターネット回線を使い、併設しているクリーニング店のPOSレジや監視カメラのネットワークと併用している店舗が多かった。厳重なセキュリティ対策を取っていたこともあり、これまで特にトラブルはなかったというが、IoTランドリーシステムでは機器から上がってくるデータについてはIP-VPNとAzureの専用線接続サービス「ExpressRoute」を使ってクラウドとつなげることで、セキュリティの強化も図っている。

アクアではこのIoTランドリーシステムを「スマートシティのプラットフォーム」と位置付け、3段階に分けて開発・発展させる計画だ。

まず2016年10月から始まっている第1フェーズでは、マルチ端末で非接触式ICカードを使った会員証の発行や引き落とし、現金による決済、領収書の発行などが行えるようになる。現在は京都市内のコインランドリーでテスト運用しているところだ。

また、「撥水加工」「毛布ふんわり」など計6種類の中から利用者がニーズに合わせてコースを選べるほか、洗濯・乾燥の終了をメールで利用者に通知したり、終了時に店舗にいられない場合には機器のロック時間を延長するサービスなども提供する。

一方、コインランドリーのオーナーは、洗濯機の稼働や売上などの状況を確認したり、利用状況に合わせた料金設定の変更、機器トラブル発生時のロック解除などを複数の店舗にまたがっている場合でも遠隔から一括して操作できるようになる。リアルタイムでの一括管理により、「雨の日」や「空いている時間帯」など特定のタイミングでの割引クーポンを遠隔から発行することも可能になるという。

かつてコインランドリーは個人経営が多かったが、最近は企業が多店舗展開するケースが増えている。経営層や企画担当者、営業担当者など役職や所属する部署によって必要とする情報は異なるため、ダッシュボード上で表示するデータを設定画面で選択することもできる。

2018年以降の第2フェーズでは、APIの公開により、異業種とのシステムやデータ連携を進め、電子マネーや専用アプリによる決済システムなどのキャッシュレスへの対応も検討する。

最近は投資や業容拡大を目的としてコインランドリー業界に参入する企業が多い。コンビニ大手のファミリーマートはアクアと業務提携し、コインランドリー併設店舗を2019年2月末で100店、2020年2月末で500店体制にする計画を発表している。コインランドリーの利用後にコンビニで買い物をすると商品が割引になるクーポンを発行したり、ポイントシステムの連携など、相互送客につながるような取り組みが考えられるそうだ。

2020年頃から予定している第3フェーズでは、コインランドリー機器からクラウドに蓄積されたビッグデータの活用により、新たなビジネスの創出を目指す。

例えば、天気予報と機器の稼働データを基にエリアごとに需要を予測する「洗濯予報」のアプリ配信、ライフスタイルや季節に合ったコース設定の機器への配信などを想定しているという。
続きのページは「business network.jp」の会員の方のみに閲覧していただけます。ぜひ無料登録してご覧ください。また、すでに会員登録されている方はログインしてください。

スペシャルトピックスPR

ted1803
aruba1803
daiwa1802

>> 今月の月刊テレコミュニケーション

月刊テレコミュニケーション【特集】働き方改革×デジタルの
   新・教科書

5G+ロボットで遠隔就労/IoT家具で生産性向上/サテライトオフィス/RPAに単純作業はお任せ/音声AIが仕事を変える日

◆ノキア ジョン・ハリントン社長「5Gだけが『次世代』ではない。エンタープライズ市場への参入で拡大戦略」/◆NTTドコモの「トップガン営業」/◆LTE網を汎用ハードとOSSで作る/◆Tモバイルが600MHz帯に5G導入/◆マルチクラウド化の準備を始めよう!◆日立製作所のSD-WAN導入

>>詳しい目次を見る

ホワイトペーパー

スペシャルトピックス

Office 365ユーザは使わなきゃ損
Teamsでチームワークが劇的に!

Office 365の新ツール「Teams」を使い始める企業が続出している。

CASO新技術のホワイトボックス
M2Mルーターは「切れない接続」

Foxconnグループでホワイトボックスを展開するCASO。

東京エレクトロンデバイスグローバル企業のSaaS活用を後押し
マルチクラウド化の準備はCASBで

マルチクラウドを一元的に管理したい。そんな望みを叶えられる。

拠点・モバイルをつなぐだけ!
クラウドの安全はシンプルに守る

クラウド利用の拡大とともに複雑化するセキュリティ課題を解決!

NetskopeCASBでクラウドはどこまで操れるか
既存のセキュリティとどう違う?
 

Netskopeを例にCASBの機能と使い方、メリットを整理した。

ソフトバンクソフトバンクがSMB向けの
ソリューションパートナー募集!

働き方改革を中心に新たなソリューション開発を支援する。

日本マイクロソフトSkype for Businessを
快適に使いこなすコツとは?

UCの導入効果を最大化するためには備えが必要だ。

日本ビジネスシステムズ“電話”からはじめる働き方改革!

日本ビジネスシステムズのクラウドPBXは、働き方改革を目指す日本企業にピッタリのIP電話サービスだ。

Dialpadピュアクラウドで進化し続ける電話

「PBXを買いたくない」「電話回線を引きたくない」。そんな企業に最適なクラウドテレフォニーがある。

東京エレクトロンデバイスIoTデバイス特化のAIで異常検知

IoTデバイスを狙ったマルウェアが急増中だ。ZingBox IoT Guardianは、IoTに特化したAIで検知する。

Aruba次世代NACでIoTの脅威をブロック

Arubaの次世代NACはエージェントレスでIoT端末にも対応! リスクを検知し有害端末を隔離できる。

ダイワテクニカルハドルルーム向け高品質テレビ会議
販売店の手軽なプラスワン商材に!

4KとGoogleアシスタント対応
販売価格は破格の約12万5000円!

日本マイクロソフトOffice 365の悩みはオフロードで解決! NIerが教えるNW構築法

Office 365の導入支援で豊富な実績を持つNIer 3社に秘訣を聞いた。

アイキューブドシステムズスマホでOffice 365をセキュアに
MDMには“働き過ぎ防止”機能

端末にデータを残さずブラウザやメーラー等のアプリを利用できる。

マクニカネットワークスセキュリティと生産性向上を両立
モバイル活用に必須のEMMとは?

スマートデバイスの業務利用に本当に必要なのは「EMM」だ。

ネットモーションソフトウェアあらゆる環境で「切れないVPN」

「スマホのアンテナは立っているのにつながらない」。NetMotionなら高速かつ安定した通信が可能だ。

日本制禦機器ついにISDNが終了、コスパ追求しながら光回線へ移行する方法

既存のISDN機器を使い続けながら、毎月の通信料金は今より安く!

日本マイクロソフトWindows 10/Office 365の更新
これだけ知っていれば怖くない!

ネットワーク帯域を圧迫するアップデートをうまく乗り切るには?

アクセスランキング

月刊テレコミュニケーション20180226
wsd_iot_ngn
compass

「通信」の力でビジネスを進化させるbusinessnetwork.jp

Copyright(c) 2017 RIC TELECOM Co.,Ltd. All Rights Reserved. 記事の無断転載を禁じます