企業ネットワーク最前線

IoT化でコインランドリーがより便利・快適に様変わり

文◎村上麻里子(編集部) 2018.03.16

  • bookmark
  • Teitter
  • 印刷

共働きの増加や清潔志向の高まりで再び注目を集めるコインランドリー。業界最大手のアクアはクラウド化によりビッグデータを活用し、利用者とオーナー双方の利便性を向上するサービスを目指している。

 
コインランドリー市場が拡大している。厚生労働省の調査によると、2015年度は1万6454店舗と、05年度の1万3746店舗から10年間で約1.2倍に増加した。ここ数年のデータは公表されていないが、年間400~500店舗のペースで増え続けており、2020年には2万店舗を超えるとの予測もある。

かつてコインランドリーといえば、銭湯などに隣接した狭いスペースを使い、学生や単身者など自宅に洗濯機を置いていない人が利用するものとされていた。最近は共働き世帯の増加に伴い週末のまとめ洗いや、清潔志向の高まりから羽毛布団やじゅうたん、スニーカーなど自宅では洗いづらいものの洗濯に活用されており、顧客も主婦層が中心だ。地方や郊外のロードサイドでは広い駐車場を完備していたり、カフェやペットショップを併設するなど、店舗そのものも従来とは様変わりしている。

こうしたなか、コインランドリー市場の成長可能性に着目し、IoT化に取り組んでいるのが、大手家電メーカーのアクアだ。

地方や郊外のロードサイドを中心に、従来のコインランドリーのイメージを覆すような店舗が登場している(写真は、ボルダリングを併設した店舗)
地方や郊外のロードサイドを中心に、従来のコインランドリーのイメージを
覆すような店舗が登場している(写真は、ボルダリングを併設した店舗)


3段階に分けてIoTシステムを発展アクアの前身である三洋電機は、1971年に国内で初めてコインランドリー向け洗濯機を開発・発売した。中国ハイアール・グループの一員となった現在もコインランドリー業界におけるシェアは約75%とトップを維持している(産業機械工業会コインランドリー分化会調べ)。

アクアは2016年9月に日本マイクロソフトと家電IoTサービスの開発で協業、2017年12月から「AQUA次世代Cloud IoTランドリーシステム」をスタートした。

このシステムに対応したランドリー機器やコインランドリーに設置してICカード決済や領収書発行などを行う「マルチ端末」と、マイクロソフトのクラウドサービス「Microsoft Azure」上のIoTランドリーシステムを接続することで、利用者とオーナーの双方に新たな機能やサービスを提供するのが目的だ。

アクアは2005年からこれまでコインランドリーにサーバーを設置しネットワークでつなぐ「ITランドリーシステム」を展開しており、全国1600店舗・約2万1000台の機器が接続されている(2017年8月末時点)。オーナーは遠隔からIDによる売上管理や稼働管理、機器トラブルのリセットなどを行える。なお、新たなIoTランドリーシステムは、このITランドリーシステムの発展形となる。

オーナーは遠隔からダッシュボードで、売上実績や稼働状況を管理することができる
オーナーは遠隔からダッシュボードで、売上実績や稼働状況を管理することができる


ITランドリーシステムの場合、ディスク容量の制約から店舗のサーバーに蓄積したデータを古いものから破棄していた。それがIoTランドリーシステムでは、すべてのデータがクラウドに集約される。これにより、「オーナーはビッグデータに基づいた経営が可能になる」とアクア マーケティング本部コマーシャルランドリー企画グループディレクターの秋馬誠氏は話す。

アクア マーケティング&オペレーション本部 ランドリーグループ マネージャー 秋馬誠氏
アクア マーケティング本部
コマーシャルランドリー企画グループ ディレクター 秋馬誠氏



また、ITランドリーシステムではネットワークにインターネット回線を使い、併設しているクリーニング店のPOSレジや監視カメラのネットワークと併用している店舗が多かった。厳重なセキュリティ対策を取っていたこともあり、これまで特にトラブルはなかったというが、IoTランドリーシステムでは機器から上がってくるデータについてはIP-VPNとAzureの専用線接続サービス「ExpressRoute」を使ってクラウドとつなげることで、セキュリティの強化も図っている。

アクアではこのIoTランドリーシステムを「スマートシティのプラットフォーム」と位置付け、3段階に分けて開発・発展させる計画だ。

まず2016年10月から始まっている第1フェーズでは、マルチ端末で非接触式ICカードを使った会員証の発行や引き落とし、現金による決済、領収書の発行などが行えるようになる。現在は京都市内のコインランドリーでテスト運用しているところだ。

また、「撥水加工」「毛布ふんわり」など計6種類の中から利用者がニーズに合わせてコースを選べるほか、洗濯・乾燥の終了をメールで利用者に通知したり、終了時に店舗にいられない場合には機器のロック時間を延長するサービスなども提供する。

一方、コインランドリーのオーナーは、洗濯機の稼働や売上などの状況を確認したり、利用状況に合わせた料金設定の変更、機器トラブル発生時のロック解除などを複数の店舗にまたがっている場合でも遠隔から一括して操作できるようになる。リアルタイムでの一括管理により、「雨の日」や「空いている時間帯」など特定のタイミングでの割引クーポンを遠隔から発行することも可能になるという。

かつてコインランドリーは個人経営が多かったが、最近は企業が多店舗展開するケースが増えている。経営層や企画担当者、営業担当者など役職や所属する部署によって必要とする情報は異なるため、ダッシュボード上で表示するデータを設定画面で選択することもできる。

2018年以降の第2フェーズでは、APIの公開により、異業種とのシステムやデータ連携を進め、電子マネーや専用アプリによる決済システムなどのキャッシュレスへの対応も検討する。

最近は投資や業容拡大を目的としてコインランドリー業界に参入する企業が多い。コンビニ大手のファミリーマートはアクアと業務提携し、コインランドリー併設店舗を2019年2月末で100店、2020年2月末で500店体制にする計画を発表している。コインランドリーの利用後にコンビニで買い物をすると商品が割引になるクーポンを発行したり、ポイントシステムの連携など、相互送客につながるような取り組みが考えられるそうだ。

2020年頃から予定している第3フェーズでは、コインランドリー機器からクラウドに蓄積されたビッグデータの活用により、新たなビジネスの創出を目指す。

例えば、天気予報と機器の稼働データを基にエリアごとに需要を予測する「洗濯予報」のアプリ配信、ライフスタイルや季節に合ったコース設定の機器への配信などを想定しているという。
続きのページは「business network.jp」の会員の方のみに閲覧していただけます。ぜひ無料登録してご覧ください。また、すでに会員登録されている方はログインしてください。

スペシャルトピックスPR

iijglobal1806
moconavi1807
sun1807

>> 今月の月刊テレコミュニケーション

月刊テレコミュニケーション【特集】NETWORK SHIFT
         DX時代の新しいネットワーク戦略とは?
●ネットワーク仮想化最前線/●AI時代のネットワーク運用/●AWSに学ぶネットワーク構築/●SD-WANの現在地/●キャリア・OTTで進むネットワークのオープン化/●ISDN&PHSの移行戦略

◆[インタビュー] OKI 坪井正志常務「社会インフラ×IoTに確信」 ◆大量接続と低遅延を両立の「次期5G NR」 ◆NTT、B2B2Xの世界展開へ

>>詳しい目次を見る

ホワイトペーパー

スペシャルトピックス

moconavi今いる場所がオフィスになる!
moconaviで安全なモバイルワーク

場所を問わない新しい働き方の実現には、ICT環境の整備も不可欠だ。

サンテレホンサンテレホンがICT総合展示会
ビジネス伸ばす製品群が一堂に

東京ドームシティ・プリズムホールで7月18・19日開催!

インテル5Gをエンドツーエンドでカバー
新たな価値創出を目指すインテル

インテルは強みの仮想化技術で5G時代のネットワーク構築に貢献する。

コマーチキャリア向けOSS/BSSに強み
自動化やe-ヘルスで社会課題解決

自動化やe-ヘルスで多くの実績を持つコマーチが日本市場に参入した。

ブロードメディア・テクノロジーズ小森コーポレーションが
Aryakaで日中間通信を安定化!

日系企業の中国ビジネスに立ちはだかるのが通信環境の問題だ。

IIJグローバルソリューションズ日中間ネットワークの安定運用へ
VPN規制を乗り切る解決策提供

安定的な越境通信を実現するには何が必要か?

NTTコミュニケーションズIoTビジネスの種まきから結実まで
NTT Comの「次の一手」とは

自社発行型eSIMでの新サービス提供に期待!

SAS Institute Japanデータ分析の老舗、SASが提案するIoT時代のデータ活用

IoTのはじめの一歩を踏み出す前に考えるべきポイントは?

SigfoxSigfoxが開始1年で100万回線!
いよいよ花開くIoTビジネス

LPWAの代表格「Sigfox」の最新動向と活用事例を徹底レポート!

WatchGuard Wi-Fi Cloud不正APを自動遮断するWIPS搭載!
ソーシャルWi-Fiで販促支援も

セキュアな無線LAN環境を実現できる「WatchGuard Wi-Fi Cloud」

無線LAN構築・運用のポイントをSCSKが語る

無線LANの大きなトレンドとなっている「クラウドWi-Fi」で課題解決!

ジェイピー・セキュア導入実績100万サイト以上の
国産WAF「SiteGuard」

業界最速レベルで防御機能を提供するジェイピー・セキュアのWAF製品

ライムライト・ネットワークスクラウド型WAFでWebサイトを保護

ライムライトなら、自社のCDNやDDoS対策との多層防御でオリジンサーバーを攻撃から防御できる。

Office 365ユーザは使わなきゃ損
Teamsでチームワークが劇的に!

Office 365の新ツール「Teams」を使い始める企業が続出している。

アクセスランキング

tc1807_b
ngn
compass

「通信」の力でビジネスを進化させるbusinessnetwork.jp

Copyright(c) 2018 RIC TELECOM Co.,Ltd. All Rights Reserved. 記事の無断転載を禁じます