企業ネットワーク最前線

ビデオ会議の“ユニコーン”が上陸――Skype for Businessからの乗り換えも続出

文◎坪田弘樹(編集部) 2018.03.07

  • bookmark
  • Teitter
  • 印刷

Skype for BusinessやCisco WebExを“食う”勢いで急成長しているビデオ会議ベンチャーの米Zoomが、いよいよ日本に本格上陸する。働き方改革が盛り上がる国内でも注目を集めそうだ。

 
ビデオ会議の市場で今、勢いのある企業と言えば、米Zoom Video Communicationsが筆頭に挙がる。

2011年創設ながら、ユーザーはすでに75万社(有償版のみ)を超えており、そのリストにはヒューレット・パッカードやSlack、Uber、Tesla、GAPなど超有名企業が名を連ねる。2017年1月にはセコイア・キャピタルから10億ドルの出資を受け“ユニコーン”の仲間入りを果たした。

業界での評価もうなぎのぼりだ。

ガートナーが市場セグメントごとにベンダーを格付けするMagic Quadrantでは、Skype for Businessを擁するマイクロソフト、Cisco WebEx/Sparkのシスコシステムズとともに「Leader」に選出されている。

(右から)Zoom Video CommunicationsでStrategic Alliances/Chief Happiness Officerを務めるHeather Swan氏、Altia Systems President & CEOのAurangzeb Khan氏、同社Dir.Sales & Business DevelopmentのJaved Tufail氏
(右から)Zoom Video CommunicationsでStrategic Alliances/Chief Happiness Officerを
務めるHeather Swan氏、Altia Systems President & CEOのAurangzeb Khan氏、
同社Dir.Sales & Business DevelopmentのJaved Tufail氏


日本オフィス開設も計画中Zoomが提供するのはWeb会議サービスだ。無償版があり、かつオンラインで簡単に使い始められることから、日本国内でもすでに相当数のユーザーを抱えている。

Web会議は差別化が難しく、かつ大手が君臨する市場でもある。そんな市場でZoomはなぜ急成長できたのか。理由は、社外の関係者とのコミュニケーションが容易に行えること、そして会議開催の手順が簡単なことだ。

会議の主催者がライセンスを保有していれば、顧客やパートナー等のライセンスを持たない人もゲストとして参加できる。ゲストは、主催者が会議を予約した際にメールで通知されるミーティングIDをクリックするだけで、Zoomクラウド上の仮想会議室にアクセスできる仕組みだ。

そのため、ライセンス保有のコストを抑えながら、不特定多数の相手と会議が行える。会議の相手が頻繁に変わるケースに適していることから、士業やコンサルティング、カウンセリングといった業種で顧客とのやり取りに活用する人も多い。

また、セミナー形式で映像・音声を配信する「ウェビナー機能」やチャット機能も備えており、通常の会議以外の用途にも使用可能だ。

映像・音声コーデックはZoomの独自仕様を実装し、回線や端末の状態を監視して、その変化に応じて通信プロトコルを切り替えるなどの手法によって品質と安定性を担保している。狭帯域な回線でも利用できる点を支持するユーザーも多い。

また、会議IDや参加者情報の漏えい、通信の盗聴等を防ぐ機能も充実しており、パロアルトネットワークスやチェック・ポイント・ソフトウェア・テクノロジーズといったセキュリティベンダーがZoomを採用しているのも興味深い点だ。

そんなZoomが、いよいよ日本に本格上陸する。

2017年9月からNECネッツエスアイがZoomの有償版ライセンスに会議用モニターやカメラ、マイクスピーカー等のハードウェアとサポートを組み合わせた「共創ワークソリューションZoom」を発売した。

NECネッツエスアイが提供する「共創ワークソリューションZoom」の利用イメージ
NECネッツエスアイが提供する「共創ワークソリューションZoom」の利用イメージ



さらにZoom自身も、日本市場の攻略に本腰を入れる構えだ。ZoomでStrategic Alliances/Chief Happiness Officerを務めるヘザー・スワン(HeatherSwan)氏は、「働き方改革、テレワークが盛り上がっている今は好機だ。2018年には日本オフィスの開設も計画している」と明かす。Skype for BusinessやWebExのユーザーである大企業でも、大規模な会議やグローバルな会議はZoomを使うといった併用、乗り換えが広がっており、日本でも同様の展開を狙っていく。
続きのページは「business network.jp」の会員の方のみに閲覧していただけます。ぜひ無料登録してご覧ください。また、すでに会員登録されている方はログインしてください。

スペシャルトピックスPR

palo1804
casb1804
kccs1805

>> 今月の月刊テレコミュニケーション

月刊テレコミュニケーション【特集】プライベートLTEと
   5G URLLCの世界

[第一部]プライベートLTE 
●“Wi-Fi超え”の企業無線/●プライベートLTEを構築しよう [第二部]5G URLLC ●5Gの目玉「URLLC」とは?/●202X年、5Gはこう使う

◆[インタビュー] NTT 篠原弘道副社長 「B2B2Xで広がる可能性」 ◆クラウド管理型無線LAN ◆WAF ◆光伝送で進むオープン化

>>詳しい目次を見る

ホワイトペーパー

スペシャルトピックス

NTTコミュニケーションズIoTビジネスの種まきから結実まで
NTT Comの「次の一手」とは

自社発行型eSIMでの新サービス提供に期待!

SAS Institute Japanデータ分析の老舗、SASが提案するIoT時代のデータ活用

IoTのはじめの一歩を踏み出す前に考えるべきポイントは?

SigfoxSigfoxが開始1年で100万回線!
いよいよ花開くIoTビジネス

LPWAの代表格「Sigfox」の最新動向と活用事例を徹底レポート!

WatchGuard Wi-Fi Cloud不正APを自動遮断するWIPS搭載!
ソーシャルWi-Fiで販促支援も

セキュアな無線LAN環境を実現できる「WatchGuard Wi-Fi Cloud」

無線LAN構築・運用のポイントをSCSKが語る

無線LANの大きなトレンドとなっている「クラウドWi-Fi」で課題解決!

ジェイピー・セキュア導入実績100万サイト以上の
国産WAF「SiteGuard」

業界最速レベルで防御機能を提供するジェイピー・セキュアのWAF製品

ライムライト・ネットワークスクラウド型WAFでWebサイトを保護

ライムライトなら、自社のCDNやDDoS対策との多層防御でオリジンサーバーを攻撃から防御できる。

Office 365ユーザは使わなきゃ損
Teamsでチームワークが劇的に!

Office 365の新ツール「Teams」を使い始める企業が続出している。

CASO新技術のホワイトボックス
M2Mルーターは「切れない接続」

Foxconnグループでホワイトボックスを展開するCASO。

東京エレクトロンデバイスグローバル企業のSaaS活用を後押し
マルチクラウド化の準備はCASBで

マルチクラウドを一元的に管理したい。そんな望みを叶えられる。

拠点・モバイルをつなぐだけ!
クラウドの安全はシンプルに守る

クラウド利用の拡大とともに複雑化するセキュリティ課題を解決!

NetskopeCASBでクラウドはどこまで操れるか
既存のセキュリティとどう違う?
 

Netskopeを例にCASBの機能と使い方、メリットを整理した。

ソフトバンクソフトバンクがSMB向けの
ソリューションパートナー募集!

働き方改革を中心に新たなソリューション開発を支援する。

日本マイクロソフトSkype for Businessを
快適に使いこなすコツとは?

UCの導入効果を最大化するためには備えが必要だ。

日本ビジネスシステムズ“電話”からはじめる働き方改革!

日本ビジネスシステムズのクラウドPBXは、働き方改革を目指す日本企業にピッタリのIP電話サービスだ。

Dialpadピュアクラウドで進化し続ける電話

「PBXを買いたくない」「電話回線を引きたくない」。そんな企業に最適なクラウドテレフォニーがある。

東京エレクトロンデバイスIoTデバイス特化のAIで異常検知

IoTデバイスを狙ったマルウェアが急増中だ。ZingBox IoT Guardianは、IoTに特化したAIで検知する。

Aruba次世代NACでIoTの脅威をブロック

Arubaの次世代NACはエージェントレスでIoT端末にも対応! リスクを検知し有害端末を隔離できる。

アクセスランキング

月刊テレコミュニケーション20180226
wsd_iot_ngn
compass

「通信」の力でビジネスを進化させるbusinessnetwork.jp

Copyright(c) 2018 RIC TELECOM Co.,Ltd. All Rights Reserved. 記事の無断転載を禁じます