企業ネットワーク最前線

<特集>エッジコンピューティングの全貌 第3回

シスコ事例にみる「エッジコンピューティング」の使い方と実装

文◎坪田弘樹(編集部) 2017.10.16

  • bookmark
  • Teitter
  • 印刷

ひとくちにエッジコンピューティングと言っても、用途や目的によって実装形態は様々だ。特に、IoT導入が先行する製造業では、役割の異なる2層のエッジを設けた“多段エッジ”が増えてきている。

 
エッジコンピューティングが注目を集める以前から「フォグコンピューティング」の呼び名でそのコンセプトを提唱してきたシスコシステムズ。同社イノベーションセンター・東京センター長を務める今井俊宏氏は、「なかなか裾野が広がらなかったが、最近ようやく盛り上がってきた」と話す。

潮目が変わったのは、製造業でIoTが実用化され始めたからだ。

IoTのPoCやトライアルはクラウドにデータを収集して行うケースが多いが、「それではデータを取るところまではできても、それを使って生産効率を改善したり、新しいサービスを作り出そうという段階で課題が出てくる」。課題とは、デバイスとクラウド間の通信遅延やコスト、セキュリティなどだ。「エッジ/フォグコンピューティングがそれを解決する手段になるとお客様が気づき始めた」と今井氏は指摘する。

シスコシステムズ イノベーションセンター 東京センター長 今井俊宏氏
シスコシステムズ イノベーションセンター 東京センター長 今井俊宏氏


2層のエッジで役割分担シスコはこれまでエッジ/フォグコンピューティング案件を多数手掛けているが、最近注目すべき変化が起きている。エッジを2層設ける“多段エッジ”が増えているのだ。

製造業は、通信/処理遅延に対する要求が特に厳しく、機械が生成するデータを工場内のサーバー室に送るだけの通信・処理遅延さえ許容できないようなケースもある。そのため、できるだけ生成元の近くでデータの加工や制御を行うことが必要だ。

本来ならセンサーや機械の近くに複雑な処理ができる高性能なハードウェアとアプリを置きたいところだが、それではコストが高くつく。

そこで「特に高速応答が必要な処理を前段のエッジに担わせて、後段のフォグで他の処理をやらせるといった使い分けが行われている」と今井氏は話す。前段ではスイッチやルーター、後段ではサーバーのCisco UCSを使うといった具合だ。なお、ここでは便宜的に、デバイスに近いほうから1段目をエッジ、2段目をフォグと呼ぶことにする。

このエッジの階層化によって、設置・展開コストを適正化し、あわせて低遅延も実現できる。クラウドとの通信もフォグに集約できるため、通信コスト・帯域も低減できる。

実際の用例を示したのが以下の図表だ。

 

図表 製造業における多段エッジの構成例[画像をクリックで拡大]図表 製造業における多段エッジの構成例



 パターン1は、シスコと協業するファナックで行われている製造機械の予防保全の例だ。モーター等の部品ごとの稼働回数を測定し、統計情報に照らして故障の可能性が高まった段階で修理や交換を行う。

故障予測はクラウドで行うが、データをそのまま送るのではなく、エッジで一次処理をし、さらに工場内のフォグで加工・集約してから、ファイアウォール等のセキュリティ機能がある経路を通じてクラウドに上げる。

フォグが“エッジ群”を協調制御パターン2は、複数メーカーのロボットが混在する生産ラインのケースだ。

各メーカーは独自プロトコルを用いているため、ロボットから収集されるデータ形式はそれぞれ異なる。なかには、生成されるデータにタイムスタンプすら押されていないものもあるため、そのままフォグやクラウドに集めてしまうと、後の加工が難しくなる。

そこで、プロトコルの変換と最低限の加工をエッジで行い、フォグでさらに加工・集約してクラウドに送る(2-a)という役割分担を行う。

また、セキュリティの観点から、データをクラウドに送ることができない製造業も多いが、その場合は、フォグがクラウドを代替して分析処理を行い、工場内で処理を完結させることもできる(2-b)。

パターン3もファナックの例だ。これはまだ試行段階ではあるが、複数のエッジを連携させて、ロボットを協調動作させるコントローラの役目をフォグに担わせることが検討されているという。

同社が目指しているのは、ロボットの動作を撮影した映像をディープラーニングにかけて、その学習データを他のロボットに展開することで協調動作させるという仕組みだ。ロボット間連携によって、ロボット単体での制御では不可能なレベルの生産効率向上を実現しようとしているのだ。

この場合、複数のエッジを“群”として捉え、群内の各ロボットの動きを学習し、群単位で制御を行う。このエッジ群の協調制御をフォグが行うのだ。エッジ同士を横連携させるアプローチもあるが、上位のフォグが“監督”するほうが効率的である。

こうした階層化は、IoTが先行する製造業で広がり始めているが、今後はエッジ/フォグコンピューティングの実装方法の主流になりそうだ。

例えば、将来の交通システムも、自動車の中に高速処理を行うエッジを置き、それが路側のフォグと連携するかたちが想定されている。製造業で始まったエッジの階層化、エッジ/フォグ間連携の仕組みは今後、広域サービスへと広がっていくだろう。
続きのページは「business network.jp」の会員の方のみに閲覧していただけます。ぜひ無料登録してご覧ください。また、すでに会員登録されている方はログインしてください。

スペシャルトピックスPR

watchguard1711
logicool1709
yamaha1709

>> 今月の月刊テレコミュニケーション

月刊テレコミュニケーション【特集】IoTと宇宙
<Part 1>衛星画像で超広域IoT
<Part 2>これが未来の衛星通信だ
<Part 3>センチメーター級測位がIoTを変える

◆京セラコミュニケーションシステム 黒瀬社長「Sigfoxで世の中は変わる!セルラーIoTとは別世界だ」 ◆働き方改革で用途広がるPBX/ビジネスホン ◆導入後に困らないWi-Fiを作ろう ◆“タフな無線”でドローン操縦 ◆「IoT自販機」を地域の見守り拠点に

>>詳しい目次を見る

ホワイトペーパー
次世代SPS2017_B

スペシャルトピックス

Office 365導入を成功に導くため NWを見直すべき10のポイントOffice 365導入を成功に導くため NWを見直すべき10のポイントOffice 365導入を成功に導くため
NWを見直すべき10のポイント

実際の失敗例をもとに、ネットワークの見直しのポイントを整理する。

無線LAN APだけで電子証明書も運用可能に 運用管理を容易化する工夫も満載!無線LAN APだけで 電子証明書も!

ヤマハのAPは内蔵コントローラ で複数のAPを統合管理できる。セキュリティ機能も充実だ。

Wi-Fiの見えない脅威を可視化・防御 ワイヤレスIPSをお求めやすい価格で!「見えない脅威」にさらされている
無線LANをどう守る?

Wi-Fiの見えない脅威を可視化・防御するワイヤレスIPSを手頃な価格で!

オンプレミス型のPBX/ビジネスフォンは“時代遅れ”では決してない。

機械学習/AIを使った自律運用型ネットワークをArubaは提案する。

ウォッチガードなら「導入運用の容易性」と「強固なセキュリティ」を兼ね備えたWi-Fi環境が手に入る。

パブリッククラウドの普及で、設計・構築・運用法が大きく変わった!

待望の後継機が遂に登場!電話番号の最大登録数は2倍に向上。

ソフトバンクのMDMは、管理者の運用負荷を軽減しながらセキュアな利用を可能にする。

働き方改革はICTツールの導入・活用から取り組むのが有効だ。

大量のアラートをさばくのに忙殺される、旧態依然の運用と決別しよう。

NECのソリューションなら、多様なモバイルワークをセキュアに実現!

「WhatsUp Goldならコスト半減も可能」。イプスイッチの関口氏はこう自信を見せる。

4~6人程度の会議に最適なロジクールのビデオ会議「MeetUp」とは?

ヤマハ独自の音声処理技術が、臨場感あふれる会議を実現する。

注目が集まるCASBのメリットを活かすには、運用負荷を軽減する仕掛けが不可欠だ!

アクセスランキング

月刊テレコミュニケーション
iot16
compass
packet

「通信」の力でビジネスを進化させるbusinessnetwork.jp

Copyright(c) 2015 RIC TELECOM Co.,Ltd. All Rights Reserved. 記事の無断転載を禁じます