新製品&新サービス

ドコモ、画像認識AIなど活用した1次産業向けIoTソリューション

文◎business network.jp編集部 2017.08.08

  • bookmark
  • Teitter
  • 印刷

NTTドコモは2017年8月8日、1次産業向けにAIを活用した新たなIoTソリューションを提供すると発表した。提供開始は9月中旬の予定で、これに先立ち、水耕栽培とマグロ養殖現場における実証実験を開始している。

同ソリューションは、NTTグループのAI技術「corevo」を活用してドコモが開発した「自然対話エンジン」「画像認識エンジン」等のAI、そして日本IBMの「IoT分析プラットフォーム」を連携したもの。

センサー等で取得した数値情報だけではなく、カメラ画像や音声等の情報を蓄積・分析することで、これまで以上に精度の高い解析結果を導き出すことができるという。

アプレとの水耕栽培における実証実験では、画像データを活用したハウス内環境や栽培状況の監視・管理、さらには自律的な室内環境の調節に向けた検証を実施する。アプレは北海道七飯町で農薬、土を一切利用しない、同一養液での多品目野菜の水耕栽培・販売事業を行っている。

 

アプレとの実証実験イメージ
アプレとの実証実験イメージ


また、双日ツナファーム鷹島と行うマグロ養殖における実証実験では、水温や溶存酸素濃度等の生簀内の内部データと、気象情報等の外部データを活用した、給餌タイミングや給餌量の最適化に向けた検証を実施する。双日ツナファーム鷹島は、長崎県松浦市にてクロマグロの養殖を行い、「鷹島本まぐろ」としてブランディングして出荷しているクロマグロ養殖事業会社だ。

 

双日ツナファーム鷹島との実証実験イメージ
双日ツナファーム鷹島との実証実験イメージ

スペシャルトピックスPR

yamaha1708
macnica1708
nokia1708

>> 今月の月刊テレコミュニケーション

月刊テレコミュニケーション【特集】セルラーLPWAでGO!
●LTE-MとNB-IoTの違い/●世界のセルラーLPWA商用展開マップ/●注目セルラーLPWA事例 ほか

◆[インタビュー]NTTドコモ 執行役員 大野友義氏「対話型AIであらゆる生活を革新」 ◆LTEコードレス「sXGP」- 自営PHSから自営LTEへ ◆OTTも参戦!海底ケーブル市場の今 ◆ネットワーク監視ツール ◆働き方改革で拡大する法人スマデバ

>>詳しい目次を見る

ホワイトペーパー
yamaha_YSL_V810

スペシャルトピックス

パブリッククラウドの普及で、設計・構築・運用法が大きく変わった!

待望の後継機が遂に登場!電話番号の最大登録数は2倍に向上。

ソフトバンクのMDMは、管理者の運用負荷を軽減しながらセキュアな利用を可能にする。

働き方改革はICTツールの導入・活用から取り組むのが有効だ。

大量のアラートをさばくのに忙殺される、旧態依然の運用と決別しよう。

NECのソリューションなら、多様なモバイルワークをセキュアに実現!

「WhatsUp Goldならコスト半減も可能」。イプスイッチの関口氏はこう自信を見せる。

4~6人程度の会議に最適なロジクールのビデオ会議「MeetUp」とは?

ヤマハ独自の音声処理技術が、臨場感あふれる会議を実現する。

注目が集まるCASBのメリットを活かすには、運用負荷を軽減する仕掛けが不可欠だ!

ヤマトの総合物流ターミナル「羽田クロノゲート」で様々な付加価値!

RADIUS内蔵APとの連携で無線/有線LANの両方でデジタル証明書認証

LPWAネットワークを自ら構築するなら、世界で豊富な実績を誇るキャリアグレードのActilityだ。

業界最高レベルのキャリア/サービスプロバイダ向けルータが登場する。

無線プロトコルスタック「SkWAN」搭載のLPWA基地局なら、1台で最大6400台のエンドデバイスを接続できる!

IBM Watsonが最適な活用方法や脅威対策を提供! 先進のPC/スマホ一元管理を実現する「IBM MaaS360」とは?

アクセスランキング

月刊テレコミュニケーション
emc
compass
packet

「通信」の力でビジネスを進化させるbusinessnetwork.jp

Copyright(c) 2015 RIC TELECOM Co.,Ltd. All Rights Reserved. 記事の無断転載を禁じます