ニュース

NTTドコモ、集中型のCDNサービスをファームウェア更新の配信基盤に

文◎business network.jp編集部 2017.07.28

  • bookmark
  • Teitter
  • 印刷

コンテンツ・デリバリー・ネットワーク(CDN)を提供するライムライト・ネットワークス・ジャパンは、同社のCDNサービスがNTTドコモに導入されたと発表した。スマートフォンのファームウェア更新にまつわる配信基盤として利用される。

ドコモはこれまで、自社構築したFOTA(Firmware Over-The-Air)サーバを用いて、ファームウェアの更新サービスを提供してきた。しかし、スマホ利用者の増加に加え、Android OSの機能追加やセキュリティ強化などの目的から、ファイルサイズは肥大化し配信頻度は増える傾向にあり、より効率的な配信基盤が求められていたという。

そうしたなか、ライムライトによれば、スマートフォンのファームウェア更新としては初のCDNサービスの利用をドコモは検討。CDNサービスの選定にあたり、ドコモは以下の要件を提示した。
・無料/有料通信のトラフィックを区別できる
・厳しいセキュリティ基準を満たせる(HTTPSでのファイル配信など)
・現状のサービスレベルを維持する(Wi-FiからLTE/3G網へ利用者が移動してもファイルダウンロードを継続可能であるなど)

ドコモが同社のCDNサービスを選択したポイントは、「集中型アーキテクチャ」にあるとライムライトは説明する。分散型のCDNサービスとは異なり、大規模配信拠点となるアクセスポイントで集中管理するアーキテクチャであれば、以下の点が実現できるためという。
・利用者のデバイスがアクセスするIPアドレスを固定&最小化できる
・無料通信を実現する仮想IPの設定が可能
・ユーザー認証やセキュアな通信が可能

ドコモは2017年2月から、ライムライトのCDNサービスの利用を開始しており、それ以来、高品質かつ安定した更新ファイルの配信を実現しているとのこと。

ドコモの担当者は、「高いキャッシュヒット率が実現されており、サービスの開始以後、非常に高いパフォーマンスを維持している」「将来的に更新ファイルのサイズが1.5~2倍に増えたとしても、ボトルネックになる要素がないとの事前確認まで行えている。今後の利用者やファイル容量増加にも柔軟に対応可能」とコメントしている。

スペシャルトピックスPR

logicool1709
yamaha1709
uniadex1709

>> 今月の月刊テレコミュニケーション

月刊テレコミュニケーション【特集】エッジコンピューティングの全貌
<Part 1>いま大注目のエッジとは? <Part 2>工場で始まったエッジ革命
<Part 3>シスコ事例にみる使い方と実装方法
<Part 4>ドコモが考えるエッジコンピューティング

● [インタビュー]大阪大学教授 三瓶政一氏「5Gは4Gまでとは根本的に違う」 ●基礎から学ぶ「CASB」 ●ビデオ会議で注目の「ハドルルーム」 ● Bluetooth meshで大規模IoT ●NTTコム、eSIM実験の狙い ●自律走行型ロボットで働き方改革

>>詳しい目次を見る

ホワイトペーパー
ロジクール

スペシャルトピックス

4~6人程度の会議に最適なロジクールのビデオ会議「MeetUp」とは?

ヤマハ独自の音声処理技術が、臨場感あふれる会議を実現する。

注目が集まるCASBのメリットを活かすには、運用負荷を軽減する仕掛けが不可欠だ!

ヤマトの総合物流ターミナル「羽田クロノゲート」で様々な付加価値!

RADIUS内蔵APとの連携で無線/有線LANの両方でデジタル証明書認証

LPWAネットワークを自ら構築するなら、世界で豊富な実績を誇るキャリアグレードのActilityだ。

業界最高レベルのキャリア/サービスプロバイダ向けルータが登場する。

無線プロトコルスタック「SkWAN」搭載のLPWA基地局なら、1台で最大6400台のエンドデバイスを接続できる!

IBM Watsonが最適な活用方法や脅威対策を提供! 先進のPC/スマホ一元管理を実現する「IBM MaaS360」とは?

「企業向けソーシャルプラットフォーム」で働き方そのものも変える!

ペタバイトクラスも「大きなバケツ」で一括管理できる!

アクセスランキング

月刊テレコミュニケーション
ws2017
compass
packet

「通信」の力でビジネスを進化させるbusinessnetwork.jp

Copyright(c) 2015 RIC TELECOM Co.,Ltd. All Rights Reserved. 記事の無断転載を禁じます