ニュース

ソフトバンクが描くIoTの世界とはーーIoTプラットフォーム構想を紹介

文◎村上麻里子(編集部) 2017.06.21

  • bookmark
  • Teitter
  • 印刷

 横浜市は今年4月からオープン・イノベーションによる新産業・新事業の創出に向けた取組の一環として「IoTオープンイノベーション・パートナーズ(I.TOP横浜)」を立ち上げ、参画する企業・団体の募集を行っている。この取組を市内の企業や市民に周知するとともに、交流・連携することを目的として2017年6月20日、キックオフイベントが開催された。

キックオフイベントではIoTセキュリティやドローン、通信ネットワークなどいくつかのテーマ別に講演も行われた。その中で、 ソフトバンクIoT事業本部 事業企画統括部 統括部長の桑原正光氏は「ソフトバンクが描くIoTの世界」をテーマに講演した。

 
 ソフトバンクIoT事業本部 事業企画統括部 統括部長の桑原正光氏

インターネットにつながるデバイスの数は、2020年には300億になるとも500億になるとも言われている。いずれにしろ、18年にはIoTデバイスがモバイル端末を逆転すると予測されているという。

IoTを支えるネットワークのLPWA(Low Power Wide Area)には、免許が必要で通信事業者が運用するLicensedと、WiFiのように免許が不要で誰でも運用できるUnlicensedの2通りある。

ソフトバンクは、前者については昨年11月にNB-IoT(NarrowBand-IoT)を用いた屋外での実証実験を国内で初めて実施し、今年夏以降にサービスを開始する予定。後者については、静岡県藤枝市内の広域にLoRaWANのネットワークを敷設し、併せて温湿度センサーや人感センサーなどの対応デバイスも提供している。このIoTプラットフォームを活用した実証実験については公募を実施しており、6月20日現在、11社が選定された。橋梁管理や水位監視などの「防災」、認知症高齢者の行方不明を防止する「みまもり」のほか、「商業支援」や「機器試験」など多岐にわたる。また、藤枝市でも児童の現在地の確認を低消費電力で行える見守りシステムの構築を予定している。

 
 静岡県藤枝市の実証実験は公募で11社が選ばれている

ところで、スマートホームはエネルギーマネジメントと居住者の健康管理、家電マネジメントというように複数の業種業態のデータを掛け合わせることで実現する。「産業やデータの横断的な連携を可能にするためには、IoTプラットフォームの存在が不可欠になる」と桑原氏は指摘した。

ソフトバンクではエンドツーエンドでのソリューションを提供するとともに、さまざまな企業との協業を可能にすることを目的として、IoTプラットフォーム構想を描いている。

 
ソフトバンクが描くIoTプラットフォーム構想

このIoTプラットフォーム構想で重要な役割を果たすのが「Network Adapter」だ。IoT向け通信は用途に合わせて、複数のネットワークを“適材適所”に使い分けるようになることが予想される。そうなると、「通信環境に合わせた通信プロトコルを制御する必要ある。それをNetwork Adapterという1つのインターフェースとして提供しようと考えている」(桑原氏)という。

IoTのユースケースには、ビル内のトイレや会議室の空室状況の監視、スマートパーキング、ガソリン・灯油の配送業務の効率化支援などが想定されている。桑原氏は「今後、個別のユースケースだけでなく、それぞれのデータを掛け合わせて新しいビジネスが生まれるようになる。そこに我々が構想しているIoTプラットフォームを提供していきたい」と語り、講演を締めくくった。

スペシャルトピックスPR

hpearuba1711
watchguard1711
logicool1709

>> 今月の月刊テレコミュニケーション

月刊テレコミュニケーション【特集】IoTと宇宙
<Part 1>衛星画像で超広域IoT
<Part 2>これが未来の衛星通信だ
<Part 3>センチメーター級測位がIoTを変える

◆京セラコミュニケーションシステム 黒瀬社長「Sigfoxで世の中は変わる!セルラーIoTとは別世界だ」 ◆働き方改革で用途広がるPBX/ビジネスホン ◆導入後に困らないWi-Fiを作ろう ◆“タフな無線”でドローン操縦 ◆「IoT自販機」を地域の見守り拠点に

>>詳しい目次を見る

ホワイトペーパー
次世代SPS2017_B

スペシャルトピックス

Office 365導入を成功に導くため NWを見直すべき10のポイントOffice 365導入を成功に導くため NWを見直すべき10のポイントOffice 365導入を成功に導くため
NWを見直すべき10のポイント

実際の失敗例をもとに、ネットワークの見直しのポイントを整理する。

無線LAN APだけで電子証明書も運用可能に 運用管理を容易化する工夫も満載!無線LAN APだけで 電子証明書も!

ヤマハのAPは内蔵コントローラ で複数のAPを統合管理できる。セキュリティ機能も充実だ。

Wi-Fiの見えない脅威を可視化・防御 ワイヤレスIPSをお求めやすい価格で!「見えない脅威」にさらされている
無線LANをどう守る?

Wi-Fiの見えない脅威を可視化・防御するワイヤレスIPSを手頃な価格で!

オンプレミス型のPBX/ビジネスフォンは“時代遅れ”では決してない。

機械学習/AIを使った自律運用型ネットワークをArubaは提案する。

ウォッチガードなら「導入運用の容易性」と「強固なセキュリティ」を兼ね備えたWi-Fi環境が手に入る。

パブリッククラウドの普及で、設計・構築・運用法が大きく変わった!

待望の後継機が遂に登場!電話番号の最大登録数は2倍に向上。

ソフトバンクのMDMは、管理者の運用負荷を軽減しながらセキュアな利用を可能にする。

働き方改革はICTツールの導入・活用から取り組むのが有効だ。

大量のアラートをさばくのに忙殺される、旧態依然の運用と決別しよう。

NECのソリューションなら、多様なモバイルワークをセキュアに実現!

「WhatsUp Goldならコスト半減も可能」。イプスイッチの関口氏はこう自信を見せる。

4~6人程度の会議に最適なロジクールのビデオ会議「MeetUp」とは?

ヤマハ独自の音声処理技術が、臨場感あふれる会議を実現する。

注目が集まるCASBのメリットを活かすには、運用負荷を軽減する仕掛けが不可欠だ!

アクセスランキング

月刊テレコミュニケーション
iot16
compass
packet

「通信」の力でビジネスを進化させるbusinessnetwork.jp

Copyright(c) 2015 RIC TELECOM Co.,Ltd. All Rights Reserved. 記事の無断転載を禁じます