ニュース

ドコモ「5Gトライアルサイト」が東京スカイツリーで始動――4.5/28GHz帯を活用した超高速通信

文◎藤井宏治(IT通信ジャーナリスト) 2017.05.23

  • bookmark
  • Teitter
  • 印刷

28GHz帯による多端末映像配信の実験

NTTドコモと東武鉄道による「5Gトライアルサイト」が、2017年5月22日から東京スカイツリーで始まった。実験では、5G向け周波数帯の候補である「28GHz帯」「4.5GHz帯」を用いたGbpsクラスのデータ通信が実現されたが、超高速モバイルはどのような用途で使えるのか。


NTTドコモと東武鉄道は2017年5月22日、「5Gトライアルサイト」の第一弾を報道関係者に公開した。

5Gトライアルサイトは2020年の商用化を見据え、5Gを活用した新しいサービス・ビジネスの可能性を、ドコモとパートナーが共同で検証するシステム実証実験。東京スカイツリータウン周辺とお台場地区で2年間行われる。


オープンイベントに登壇したNTTドコモの吉澤和弘社長(右)、東武鉄道の根津嘉澄社長。バックには展望デッキからの8K画質の眺望が5G伝送を介して映し出されている(後述①の実験デモ)

この日、地上350mの東京スカイツリー展望デッキで行われた開始イベントでは、ドコモの吉澤和弘社長は「5Gトライアルサイトは単にネットワークの高速・大容量性を検証する場ではない。パートナーの皆さんと、どのような体験・サービスを5Gと融合できるかを検証し、場合によってはビジネスの立ち上げを支援させていただく、『5G時代のサービス創出の新たな取り組み』であることをご理解いただきたい」と述べた。

東武鉄道の根津嘉澄社長は「東京スカイツリータウンが、今回の実証実験を通じて次世代コミュニケーションをリードする街に生まれ変わることを期待している。東京スカイツリーエリア、世界的な観光地である鬼怒川エリア、それをつなぐ東武鉄道が最先端技術のショーケース、5Gの成功エリアになるよう取り組んでいく」と意欲を見せた。

世界初!8Kライブ映像の5G伝送に成功開始イベントでは、①8K画質の映像伝送、②4K画質マルチライブ配信、および③新型特急車両「リバティ」内における多端末に対する映像配信の3つの実験デモが公開された。

①8K画質の映像伝送のデモは、展望デッキのオープニングイベント会場で行われた。東京スカイツリー(地上高350m)の展望デッキで撮影した8K画質のライブ映像が、同じく展望デッキに設置されたモニターに映し出された。

実験では、「28GHz帯」の5G基地局・端末をステージの両端に配置。28GHz帯は、4.5GHz帯とともに5Gで利用する周波数帯の候補となっている。8K高画質映像の伝送実験では、2組のアンテナモジュールを用いて5Gの規格上の最大通信速度20Gbpsに対応できるシステムが用いられた。


8Kの映像伝送に用いられた5Gの実験端末、14Gbps超の速度での通信が実現された

実験装置にはNHKの8Kハイビジョンカメラが接続され、高精細映像が5G回線を介して、ステージ上の8Kディスプレーに表示された。今回の実験では基地局・端末間で14Gbpsでの伝送速度が実現されており、動画は途切れることなく映像がディスプレーに映し出された。8Kライブ映像の5G伝送実験の成功は、世界初だという。

ドコモの吉澤社長は「5Gではスポーツやコンサートのライブを全く別のところで見ることができるようなると考えている。今回の実験はその先駆け」と実験の意義を説明する。ドコモでは今後、展望デッキから地上への遠距離通信実験なども行っていく考えだ。

スペシャルトピックスPR

yamaha1710
softbank1710
recomot1710

>> 今月の月刊テレコミュニケーション

月刊テレコミュニケーション【特集】IoTと宇宙
<Part 1>衛星画像で超広域IoT
<Part 2>これが未来の衛星通信だ
<Part 3>センチメーター級測位がIoTを変える

◆京セラコミュニケーションシステム 黒瀬社長「Sigfoxで世の中は変わる!セルラーIoTとは別世界だ」 ◆働き方改革で用途広がるPBX/ビジネスホン ◆導入後に困らないWi-Fiを作ろう ◆“タフな無線”でドローン操縦 ◆「IoT自販機」を地域の見守り拠点に

>>詳しい目次を見る

ホワイトペーパー
次世代SPS2017_B

スペシャルトピックス

Office 365導入を成功に導くため NWを見直すべき10のポイントOffice 365導入を成功に導くため NWを見直すべき10のポイントOffice 365導入を成功に導くため
NWを見直すべき10のポイント

実際の失敗例をもとに、ネットワークの見直しのポイントを整理する。

無線LAN APだけで電子証明書も運用可能に 運用管理を容易化する工夫も満載!無線LAN APだけで 電子証明書も!

ヤマハのAPは内蔵コントローラ で複数のAPを統合管理できる。セキュリティ機能も充実だ。

Wi-Fiの見えない脅威を可視化・防御 ワイヤレスIPSをお求めやすい価格で!「見えない脅威」にさらされている
無線LANをどう守る?

Wi-Fiの見えない脅威を可視化・防御するワイヤレスIPSを手頃な価格で!

オンプレミス型のPBX/ビジネスフォンは“時代遅れ”では決してない。

機械学習/AIを使った自律運用型ネットワークをArubaは提案する。

ウォッチガードなら「導入運用の容易性」と「強固なセキュリティ」を兼ね備えたWi-Fi環境が手に入る。

パブリッククラウドの普及で、設計・構築・運用法が大きく変わった!

待望の後継機が遂に登場!電話番号の最大登録数は2倍に向上。

ソフトバンクのMDMは、管理者の運用負荷を軽減しながらセキュアな利用を可能にする。

働き方改革はICTツールの導入・活用から取り組むのが有効だ。

大量のアラートをさばくのに忙殺される、旧態依然の運用と決別しよう。

NECのソリューションなら、多様なモバイルワークをセキュアに実現!

「WhatsUp Goldならコスト半減も可能」。イプスイッチの関口氏はこう自信を見せる。

4~6人程度の会議に最適なロジクールのビデオ会議「MeetUp」とは?

ヤマハ独自の音声処理技術が、臨場感あふれる会議を実現する。

注目が集まるCASBのメリットを活かすには、運用負荷を軽減する仕掛けが不可欠だ!

アクセスランキング

月刊テレコミュニケーション
iot16
compass
packet

「通信」の力でビジネスを進化させるbusinessnetwork.jp

Copyright(c) 2015 RIC TELECOM Co.,Ltd. All Rights Reserved. 記事の無断転載を禁じます