企業ネットワーク最前線

企業ネットワークの再構築が急務! ―― モバイル/クラウド時代を「賢く渡り歩く」ためのポイントとは

文◎坪田弘樹(本誌) 2017.04.28

  • bookmark
  • Teitter
  • 印刷

「ガートナー ITインフラストラクチャ&データセンター サミット 2017」(2017年4月26日~28日)の2日目、ガートナー ジャパンのリサーチ部門でバイスプレジデントを務める池田武史氏が「モバイル/クラウド時代を賢く渡り歩くための企業ネットワーク」と題した講演を行った。デジタル時代の本格到来に向けて、企業はどのようにネットワークを再構築すべきなのか。


「ほとんどの企業のネットワークは作り変えないといけない。現状のままでは、これからの時代に対応できなくなる」


ガートナー ジャパン リサーチ部門
ITインフラストラクチャ&セキュリティ
バイスプレジデントの池田武史氏


池田氏は講演の冒頭でそう話した上で、実際に多くの企業がネットワーク再構築の必要性を実感していることを示す調査結果を紹介した。2017年2月にガートナー ジャパンが515社のユーザー企業を対象に行なったものだ。

企業ネットワークに関する現状を尋ねた結果、「インターネット接続の増速が必要」「メールやスケジューラはパブリッククラウドを利用」「インターネット接続の費用が年々増加」「スマートフォン/タブレットの通信費用が年々増加」の4つの項目で「すでにそうなっている」とする回答が20%を超え、また「3年以内にそうなる」と回答した企業を含めると50%を超える結果になったという。モバイルとクラウドの影響が企業ネットワークに及んでいることがわかる。

この流れは今後、確実に加速するはずだ。ビジネスのデジタル化が進み、さらに多くのモノがインターネットにつながるようになればトラフィックはますます増加する。
データセンターネットワークは良いが、LANは大丈夫?
では、ユーザー企業はこの現状にどのように対処しようとしているのか。池田氏が次に紹介したのが、ユーザー企業が優先的に取り組んでいる課題について尋ねた設問の回答結果だ。興味深いのは、データセンターネットワークとキャンパスネットワーク(LAN)で大きな違いが見られることである。

データセンターネットワークについては、「ネットワークの設定変更作業の自動化」の優先度が高いという結果が得られた。また、SD-WAN(Software Defined WAN)の導入についても関心が高く、池田氏は「パブリッククラウドの利用でインターネットトラフィックが増えていることが影響している」と分析している。

このように、データセンターネットワークやWANについては、運用自動化に向けた取り組みが進んでいることを池田氏は評価した。一方、同氏が「気になる」としたのがキャンパスネットワークについての回答結果だ。

オフィスLANおよびリモートアクセスの課題について尋ねると、データセンターネットワークとは対象的な結果が得られたという。「構築・運用作業のアウトソース化」がダントツで多く、「運用自動化」の優先度が非常に低いのだ。池田氏はこれを問題視しており、「ネットワークは今後どんどん複雑化していく。いずれ、人間系で対応することはできなくなっていく。当面はアウトソースで逃れるのも良いが、複雑化するに伴ってそのコストは高まるばかりだ。キャンパスネットワークにも自動化の仕組みを入れていかなければ、根本的な解決にはならない」と指摘した。

スペシャルトピックスPR

yamato1703
brocade1703
nw1703

>> 今月の月刊テレコミュニケーション

月刊テレコミュニケーション【特集】FUTURE NETWORK
    未知なるネットワークとの遭遇

    2020年5Gの旅/地球丸ごとIoT化計画/NWに知性が宿る
    IPの“限界”を超える日/人類未踏のテラヘルツ波 ほか

● NTTコミュニケーションズ 取締役 ネットワークサービス部長  大井貴氏
● モバイルセキュリティ最新動向  ● NB-IoT商用化の準備整う!
● ドコモ・KDDIのドローン戦略 ● 仮想化でビーコン運用の課題を解決

>>詳しい目次を見る

ホワイトペーパー
ヤマハWLX402

スペシャルトピックス

中堅・中小企業を支援する宝情報がUTMのサポートサービスを開始する。

教育現場への無線LAN導入を成功させるための3つのポイントとは?

スマートデバイスを標的にした未知の不正アプリにも対応できる。

設計から製造までセキュアなプロセスで、他のAndroidにはない安全性。

Webサイトの利便性とセキュリティ向上を同時に実現できる最適解とは?

ランサムウェア対策機能などを備えたSMB向けクラウドサービスが始まる。

東京海上日動コミュニケーションズの「働き方改革」を徹底レポート。

モバイルの安全な業務利用を実現するEMMが“次の進化”を始めている。電話やチャット、つまりUCとの連携だ。

いつものUIでSkype for Businessの機能をフル活用できる電話機が登場。

マクニカネットワークスが取り扱うIncapsulaはDDoSだけでなく、Webサーバーへの不正アクセスも防御する。

オンプレミスとクラウドの連携により、数百Gbpsのボリューム型から複雑なDDoS攻撃まで効率よく対応できる。

IPカメラのためにスペックを作り込んだ、ヤマハのシンプルL2スイッチ!

搭載するOS/ソフトを選べる「ホワイトボックス」で自在にデザイン

ウォッチガードのセキュリティ対策がさらに大きく進化した。

セキュリティ専門会社「ラック」との協業でサイバー攻撃に素早く対応

SD-WANの選定ポイントは何か? ユーザーの体感品質を高める独自機能を提供するのがシトリックスだ。

アクセスランキング

月刊テレコミュニケーション5月号
isobe170420
compass
packet

「通信」の力でビジネスを進化させるbusinessnetwork.jp

Copyright(c) 2015 RIC TELECOM Co.,Ltd. All Rights Reserved. 記事の無断転載を禁じます