キーパーソンが語る

Dell EMCの「オープン戦略」はネットワーク業界を変革するか?

構成◎坪田弘樹(編集部) 2017.04.05

  • bookmark
  • Teitter
  • 印刷

ネットワーク業界において、ハードとソフトの分離モデルが浸透し始めている。「オープンネットワーキング」を掲げてこれを推進するDell EMCのアジアパシフィックジャパン担当ディレクターのラグパシー ナラヤナスワミー氏に戦略を聞いた。

 
――Dell EMCのオープンネットワーキング戦略が何を目指しているのか教えてください。

ナラヤナスワミー データセンター(DC)のお客様に、ソフトウェアデファインドなアーキテクチャを展開する能力を持っていただくことが我々の目的です。大切なのは、お客様が既存のインフラを使い続けながら、新しいSDN(Software-Defined Networking)技術も活用できるようにすることです。そのために、オープンシステムによるアプローチを進めています。

要点は3つあります。1つは、オープンスタンダードなハードウェアを提供すること。2つめは、お客様がソフトウェアを自由に選べること。そして最終的に、どのような要件にも応じられる柔軟性を持ったインフラを築いていただくことです。
Dell EMC APJ オープンネットワーキング/SDNソリューションズ担当ディレクターのラグパシー ナラヤナスワミー氏
Dell EMC APJ オープンネットワーキング/SDNソリューションズ担当ディレクターのラグパシー ナラヤナスワミー氏。2014年のデル入社以前は、シスコシステムズやディメンションデータで21年間にわたりネットワーキングソリューション、マネージドサービスに携わった

5種のネットワークOSを選択・載せ替え
――具体的に、どのような製品によって実現するのですか。

ナラヤナスワミー 従来のネットワークは用途ごとに専用のハードとソフト、コントローラで構成されていました。

我々はそこにオープンなエコシステムを実現します(図表1)。お客様は、Dell EMCが提供するオープンな標準ハードにサードパーティ製のOSを載せて稼働させることができます。また、各種のSDNコントローラや、オーケストレーション・自動化ツールとも連携できます。こうすることで、お客様はアーキテクチャを自由に選択してインフラを構築できるようになります。

我々は20年前からコンピューティングの世界でこれを実践してきましたが、それをネットワークでも行っているのです。


図表1 Dell EMCのネットワーキングに対するビジョン:オープン化

図表1 Dell EMCのネットワーキングに対するビジョン:オープン化


――搭載するOSを選択できるホワイトボックススイッチを提供する動きは、他ベンダーにも広がっています。

ナラヤナスワミー その通りです。しかし、Dell EMCほど選択の幅が広いものはありません。

我々のスイッチでは、5つの異なるOSが稼働します。Big Switch Networks、Cumulus Networks、Pluribus Networks、IP Infusion、そしてDell EMC自身のOSが選択できます。我々は、スイッチのプラットフォームまでパートナーに公開することで、この柔軟性を実現しています。

お客様は、用途に合わせてOSを使い分けることで多様なユースケースに対応できるようになります。また、一旦稼働した後も、OSを載せ替えれば同じハードを異なる用途に使えます。

例えばファブリックを構成する場合にも、SDNコントローラからスパイン/リーフスイッチを制御する形態や分散型ファブリック、あるいはオーバーレイ型のファブリックのどの構成も可能です。我々のこの“SDNファブリック”は、OpenStackやVMwareのITオーケストレーションツールとも連携できます。また、AnsibleやPuppet、CFEngineといった主要な自動化ツールとのインテグレーションも可能です。
続きのページは「business network.jp」の会員の方のみに閲覧していただけます。ぜひ無料登録してご覧ください。また、すでに会員登録されている方はログインしてください。

スペシャルトピックスPR

recomot1710
IBM1710
nec1710

>> 今月の月刊テレコミュニケーション

月刊テレコミュニケーション【特集】IoTと宇宙
<Part 1>衛星画像で超広域IoT
<Part 2>これが未来の衛星通信だ
<Part 3>センチメーター級測位がIoTを変える

◆京セラコミュニケーションシステム 黒瀬社長「Sigfoxで世の中は変わる!セルラーIoTとは別世界だ」 ◆働き方改革で用途広がるPBX/ビジネスホン ◆導入後に困らないWi-Fiを作ろう ◆“タフな無線”でドローン操縦 ◆「IoT自販機」を地域の見守り拠点に

>>詳しい目次を見る

ホワイトペーパー
次世代SPS2017_B

スペシャルトピックス

Office 365導入を成功に導くため NWを見直すべき10のポイントOffice 365導入を成功に導くため NWを見直すべき10のポイントOffice 365導入を成功に導くため
NWを見直すべき10のポイント

実際の失敗例をもとに、ネットワークの見直しのポイントを整理する。

無線LAN APだけで電子証明書も運用可能に 運用管理を容易化する工夫も満載!無線LAN APだけで 電子証明書も!

ヤマハのAPは内蔵コントローラ で複数のAPを統合管理できる。セキュリティ機能も充実だ。

Wi-Fiの見えない脅威を可視化・防御 ワイヤレスIPSをお求めやすい価格で!「見えない脅威」にさらされている
無線LANをどう守る?

Wi-Fiの見えない脅威を可視化・防御するワイヤレスIPSを手頃な価格で!

オンプレミス型のPBX/ビジネスフォンは“時代遅れ”では決してない。

機械学習/AIを使った自律運用型ネットワークをArubaは提案する。

ウォッチガードなら「導入運用の容易性」と「強固なセキュリティ」を兼ね備えたWi-Fi環境が手に入る。

パブリッククラウドの普及で、設計・構築・運用法が大きく変わった!

待望の後継機が遂に登場!電話番号の最大登録数は2倍に向上。

ソフトバンクのMDMは、管理者の運用負荷を軽減しながらセキュアな利用を可能にする。

働き方改革はICTツールの導入・活用から取り組むのが有効だ。

大量のアラートをさばくのに忙殺される、旧態依然の運用と決別しよう。

NECのソリューションなら、多様なモバイルワークをセキュアに実現!

「WhatsUp Goldならコスト半減も可能」。イプスイッチの関口氏はこう自信を見せる。

4~6人程度の会議に最適なロジクールのビデオ会議「MeetUp」とは?

ヤマハ独自の音声処理技術が、臨場感あふれる会議を実現する。

注目が集まるCASBのメリットを活かすには、運用負荷を軽減する仕掛けが不可欠だ!

アクセスランキング

月刊テレコミュニケーション
iot16
compass
packet

「通信」の力でビジネスを進化させるbusinessnetwork.jp

Copyright(c) 2015 RIC TELECOM Co.,Ltd. All Rights Reserved. 記事の無断転載を禁じます