ニュース

NECがドコモとMassive MIMOの実験、LTEの8倍の利用効率を実現

文◎business network.jp編集部 2017.02.20

  • bookmark
  • Teitter
  • 印刷

NECは2017年2月20日、NTTドコモと共同でMassive MIMOの検証実験を実施したと発表した。Massive MIMOは、5Gの要素技術の1つである。

検証実験は、NECが開発した低SHF帯超多素子AAS(Active Antenna System)を使用し、神奈川県横須賀市および東京都渋谷区で行われた。AASは、スマートフォンやタブレットなどの端末ごとに適切な指向性を持った信号(ビーム)を形成し、大容量化や通信品質の向上を実現するもの。フルデジタルビームフォーミング制御を採用するNECのAASは、対象端末に対するビームに加えて、マルチパスを利用して干渉する信号を打ち消すビームも形成できる。また、自信号のマルチパスを効率よく直接波と合成することで、通信品質を向上させるビームを形成することも可能だという。

 

検証実験で使用した低SHF帯超多素子AAS外観
検証実験で使用した低SHF帯超多素子AAS外観

 

今回の実験は、電波の反射や回り込みなどが起こるビルや電柱・車や人が混在する屋外や、柱や壁など障害物が多い屋内環境において実施。複数の端末が近接している場合でも、高い通信品質を維持したまま同時に複数の端末との通信を可能とし、大容量化や通信品質の向上を実現できることを確認したという。

また、屋内では、LTEと比較して約8倍の周波数利用効率を安定して実現できたとのことだ。

スペシャルトピックスPR

emc
yamato1708
yamaha1708

>> 今月の月刊テレコミュニケーション

月刊テレコミュニケーション【特集】エッジコンピューティングの全貌
<Part 1>いま大注目のエッジとは? <Part 2>工場で始まったエッジ革命
<Part 3>シスコ事例にみる使い方と実装方法
<Part 4>ドコモが考えるエッジコンピューティング

● [インタビュー]大阪大学教授 三瓶政一氏「5Gは4Gまでとは根本的に違う」 ●基礎から学ぶ「CASB」 ●ビデオ会議で注目の「ハドルルーム」 ● Bluetooth meshで大規模IoT ●NTTコム、eSIM実験の狙い ●自律走行型ロボットで働き方改革

>>詳しい目次を見る

ホワイトペーパー
IIJグローバルソリューションズ

スペシャルトピックス

4~6人程度の会議に最適なロジクールのビデオ会議「MeetUp」とは?

ヤマハ独自の音声処理技術が、臨場感あふれる会議を実現する。

注目が集まるCASBのメリットを活かすには、運用負荷を軽減する仕掛けが不可欠だ!

ヤマトの総合物流ターミナル「羽田クロノゲート」で様々な付加価値!

RADIUS内蔵APとの連携で無線/有線LANの両方でデジタル証明書認証

LPWAネットワークを自ら構築するなら、世界で豊富な実績を誇るキャリアグレードのActilityだ。

業界最高レベルのキャリア/サービスプロバイダ向けルータが登場する。

無線プロトコルスタック「SkWAN」搭載のLPWA基地局なら、1台で最大6400台のエンドデバイスを接続できる!

IBM Watsonが最適な活用方法や脅威対策を提供! 先進のPC/スマホ一元管理を実現する「IBM MaaS360」とは?

「企業向けソーシャルプラットフォーム」で働き方そのものも変える!

ペタバイトクラスも「大きなバケツ」で一括管理できる!

アクセスランキング

月刊テレコミュニケーション
ms
iot15
packet

「通信」の力でビジネスを進化させるbusinessnetwork.jp

Copyright(c) 2015 RIC TELECOM Co.,Ltd. All Rights Reserved. 記事の無断転載を禁じます