企業ネットワーク最前線

SD-WANこそがIoTの最適解――ソフトバンクと組んだCradlepointの野望

文◎太田智晴(編集部) 2016.12.26

  • bookmark
  • Teitter
  • 印刷

SD-WANのユースケースは拠点間網だけではない。進化したSD-WANは、IoTやモバイルワークでこそ活躍する――。ソフトバンクとも提携したCradlepointはこう主張している。

 

「ソフトバンクはIoTのグローバルリーダーだ。だからソフトバンクとのパートナーシップは非常に重要だと考えている」

米Cradlepointのジョージ・マルハーンCEOは強い期待をにじませる。

2006年に創業し、北米の法人向けLTE対応ルーター市場ではNo.1のシェアを持つという同社。ブランチオフィスやキオスク端末、車載用などで使われており、米フォーチュン500に名を連ねる企業の4割が顧客だという。

日本での知名度はまだ低いが、同社が昨年12月に買収した企業については知っている人も多いだろう。SD-WANベンダーのPertinoだ。ソフトバンクは今年7月、SD-WANサービス「OneLayer on CradlepointNetCloud」の提供を開始したが、これは旧Pertinoの技術を活用したものである。

 

Cradlepoint
(左から)CEO兼会長のジョージ・マルハーン氏、日本のカントリーマネージャーの中島隆行氏、事業開発担当バイスプレジデントのケン・ホサック氏、ストラテジー&ストラテジックパートナーシップ担当シニアバイスプレジデントのトッド・クラウトクレマー氏

 

SD-WANというと、拠点間ネットワーク向けのイメージが今は強いかもしれない。しかし、冒頭の言葉に見られる通り、マルハーンCEOの視野にあるのは、こうしたユースケースだけではない。

Cradlepointが掲げるビジョンは「People, Places & Things」――。「我々のSD-WANが他社と大きく違うのは、場所(=拠点)だけではなく、モバイルワーカー、そしてIoT用途にも適していることだ」。同氏はこうアピールしたうえで続ける。「基本的にずっと北米でビジネスをやってきた当社は、2年前からグローバル市場に進出し始めた。ぜひグローバルでIoTのリーダーと目されているソフトバンクと一緒に拡販していきたい」

続きのページは「business network.jp」の会員の方のみに閲覧していただけます。ぜひ無料登録してご覧ください。また、すでに会員登録されている方はログインしてください。

スペシャルトピックスPR

panasonic201701
nttsoft201701
recomot201701

>> 今月の月刊テレコミュニケーション

月刊テレコミュニケーション【特集】クラウド化する
   企業ネットワークの新作法。

●[インタビュー]坂村健 東大教授「オープンIoTで社会全体を効率化」 ●[第2特集]今すぐ使えるIoT向けLTE「カテゴリー1」 ●[商品特集]インターネット分離・無害化ソリューション ●[技術&トレンド]SD-WANで広がる映像系IoTの可能性/電池不要のIoT無線「EnOcean」

>>詳しい目次を見る

ホワイトペーパー

スペシャルトピックス

日本ユニシスならセキュリティ各社との連携でユーザビリティも両立!

ドコモのLTE対応とSaaS利用の最適化の2つの進化によって、SD-WANの活用範囲は大きく広がる。

ソフトバンクが提供開始した「PrimeMeeting」なら、社内外問わずあらゆる端末から参加できる。

過酷な環境下での長期利用にも耐える「TOUGHPAD FZ-N1」はBCPやTCO削減に貢献する。

社内外の電話帳を基点にスピーディで安全なコミュニケーションを実現!

UC機能も備えた「moconavi」はMDMベースのEMMとは違う!

ゼンハイザーのスピーカーフォンなら、数人~20人超の会議まで幅広く。

ソフトバンクの「SfB連携電話会議サービス」で実現しよう。

IoTでは珍しいクルマ特化型の「クルマツナグプラットフォーム」に注目だ。

既設PBX・回線をOffice 365と連携できる「Sonus SBC」にお任せだ。

ゼンハイザーのUC向けスピーカーフォン、ヘッドセットなら、通話品質も仕事の効率もアップ!

アクセスランキング

月刊テレコミュニケーション
ngn2016
isobe170201
compass
packet

「通信」の力でビジネスを進化させるbusinessnetwork.jp

Copyright(c) 2015 RIC TELECOM Co.,Ltd. All Rights Reserved. 記事の無断転載を禁じます