企業ネットワーク最前線

SD-WANこそがIoTの最適解――ソフトバンクと組んだCradlepointの野望

文◎太田智晴(編集部) 2016.12.26

  • bookmark
  • Teitter
  • 印刷

SD-WANのユースケースは拠点間網だけではない。進化したSD-WANは、IoTやモバイルワークでこそ活躍する――。ソフトバンクとも提携したCradlepointはこう主張している。

 

「ソフトバンクはIoTのグローバルリーダーだ。だからソフトバンクとのパートナーシップは非常に重要だと考えている」

米Cradlepointのジョージ・マルハーンCEOは強い期待をにじませる。

2006年に創業し、北米の法人向けLTE対応ルーター市場ではNo.1のシェアを持つという同社。ブランチオフィスやキオスク端末、車載用などで使われており、米フォーチュン500に名を連ねる企業の4割が顧客だという。

日本での知名度はまだ低いが、同社が昨年12月に買収した企業については知っている人も多いだろう。SD-WANベンダーのPertinoだ。ソフトバンクは今年7月、SD-WANサービス「OneLayer on CradlepointNetCloud」の提供を開始したが、これは旧Pertinoの技術を活用したものである。

 

Cradlepoint
(左から)CEO兼会長のジョージ・マルハーン氏、日本のカントリーマネージャーの中島隆行氏、事業開発担当バイスプレジデントのケン・ホサック氏、ストラテジー&ストラテジックパートナーシップ担当シニアバイスプレジデントのトッド・クラウトクレマー氏

 

SD-WANというと、拠点間ネットワーク向けのイメージが今は強いかもしれない。しかし、冒頭の言葉に見られる通り、マルハーンCEOの視野にあるのは、こうしたユースケースだけではない。

Cradlepointが掲げるビジョンは「People, Places & Things」――。「我々のSD-WANが他社と大きく違うのは、場所(=拠点)だけではなく、モバイルワーカー、そしてIoT用途にも適していることだ」。同氏はこうアピールしたうえで続ける。「基本的にずっと北米でビジネスをやってきた当社は、2年前からグローバル市場に進出し始めた。ぜひグローバルでIoTのリーダーと目されているソフトバンクと一緒に拡販していきたい」

続きのページは「business network.jp」の会員の方のみに閲覧していただけます。ぜひ無料登録してご覧ください。また、すでに会員登録されている方はログインしてください。

スペシャルトピックスPR

brocade1703
nw1703
yamaha1704

>> 今月の月刊テレコミュニケーション

月刊テレコミュニケーション【特集】AI・IoT・ARで《超》働き方改革
     <Part1> AI・チャットボットが社員の“相棒”
     <Part2> IoTで脱・ブラック職場
     <Part3> AR/VR/MRによる働き方改革のインパクト

●[インタビュー]ジュニパーネットワークス 社長 古屋知弘氏
●[ビジネス最前線]4つのLPWAでIoTの新市場を拓くKDDI
●[技術&トレンド]電話局を変革するCORDとは何か?

>>詳しい目次を見る

ホワイトペーパー
ヤマハWLX402

スペシャルトピックス

IPカメラのためにスペックを作り込んだ、ヤマハのシンプルL2スイッチ!

搭載するOS/ソフトを選べる「ホワイトボックス」で自在にデザイン

ウォッチガードのセキュリティ対策がさらに大きく進化した。

セキュリティ専門会社「ラック」との協業でサイバー攻撃に素早く対応

SD-WANの選定ポイントは何か? ユーザーの体感品質を高める独自機能を提供するのがシトリックスだ。

大量の通信機器の設定作業を正確かつ迅速に行い、現場へ確実に届ける!

Ruckusなら特定方向に電波を集中送信する特許技術で安定したWi-Fiを実現

USB型WiMAX2+端末をWi-Fiルーター化する史上初の製品が登場した。

日本ユニシスならセキュリティ各社との連携でユーザビリティも両立!

ドコモのLTE対応とSaaS利用の最適化の2つの進化によって、SD-WANの活用範囲は大きく広がる。

アクセスランキング

月刊テレコミュニケーション
ngn2016
isobeiot10
compass
packet

「通信」の力でビジネスを進化させるbusinessnetwork.jp

Copyright(c) 2015 RIC TELECOM Co.,Ltd. All Rights Reserved. 記事の無断転載を禁じます