ICT×未来

デジタル変革と通信業界[第2回]

通信事業者のための「デジタル化」戦略――「先鋭化」が生命線!

文◎松岡良和(NTTデータ経営研究所) 2016.12.21

  • bookmark
  • Teitter
  • 印刷

デジタルトランスフォーメーションの時代に、通信事業者が「土管屋」に甘んじないポジションを得るためには何をしなければならないのか。必要な戦略は「先鋭化し、拡大する」ことだ。

 

通信業界の歴史を振り返ると、この四半世紀に限っても、携帯電話の普及、固定回線の光化、音声のIP化、料金の定額化といった大きな革新や新サービス/ビジネスモデルの創出が行われてきた。

「デジタル化」はこれらのイベントと同等以上の変革といえ、通信事業者には今後、「デジタル化」による“破壊”に耐えうる仕組みを再構築することが求められることとなる。

第1回で述べた通り、通信事業者には、自己変革論としての「デジタル化」だけではなく、各産業のプレーヤーの「デジタル化」を支援するパートナーとしての側面からも「デジタル化」に取り組む必要性がある。

また、先にも論じたように通信事業者に求められる「デジタル化」の姿は、永続的な企業変革の帰結として到達できる「物換星移型デジタル」である。

目先にある先端テクノロジーを活用して、既存の延長線上で表現できるようなコスト削減や対外サービスの拡充を行うだけでは、真のイノベーションと呼ぶことはできない。

では、どうすれば、物換星移型デジタルのレベルを達成できるのか。そのうえで、まず考えなければならないのは、キャリアビジネスの将来だ。

今後の「デジタル化」の方向性を議論する前に、通信事業者の競争環境について、現在及び中長期視点で捉え直すとともに、確立すべき事業モデルの在り様について確固たる見解を持つ必要がある。

続きのページは「business network.jp」の会員の方のみに閲覧していただけます。ぜひ無料登録してご覧ください。また、すでに会員登録されている方はログインしてください。

著者プロフィール

松岡良和(まつおか・よしかず)

NTTデータ経営研究所 ビジネスソリューションコンサルティンググループ パートナー。専門領域は情報通信、ハイテク、メディア、エンターテイメント分野における事業戦略策定、新規事業開発、アライアンス/M&Aの実行支援等。国内大手システムインテグレーター、外資会計系コンサルティングファーム、外資戦略系コンサルティングファームを経て、NTTデータ経営研究所に参画

スペシャルトピックスPR

ゼンハイザー201701
unisys201702
nissho201702

>> 今月の月刊テレコミュニケーション

月刊テレコミュニケーション【特集】クラウド化する
   企業ネットワークの新作法。

●[インタビュー]坂村健 東大教授「オープンIoTで社会全体を効率化」 ●[第2特集]今すぐ使えるIoT向けLTE「カテゴリー1」 ●[商品特集]インターネット分離・無害化ソリューション ●[技術&トレンド]SD-WANで広がる映像系IoTの可能性/電池不要のIoT無線「EnOcean」

>>詳しい目次を見る

ホワイトペーパー

スペシャルトピックス

日本ユニシスならセキュリティ各社との連携でユーザビリティも両立!

ドコモのLTE対応とSaaS利用の最適化の2つの進化によって、SD-WANの活用範囲は大きく広がる。

ソフトバンクが提供開始した「PrimeMeeting」なら、社内外問わずあらゆる端末から参加できる。

過酷な環境下での長期利用にも耐える「TOUGHPAD FZ-N1」はBCPやTCO削減に貢献する。

社内外の電話帳を基点にスピーディで安全なコミュニケーションを実現!

UC機能も備えた「moconavi」はMDMベースのEMMとは違う!

ゼンハイザーのスピーカーフォンなら、数人~20人超の会議まで幅広く。

ソフトバンクの「SfB連携電話会議サービス」で実現しよう。

IoTでは珍しいクルマ特化型の「クルマツナグプラットフォーム」に注目だ。

既設PBX・回線をOffice 365と連携できる「Sonus SBC」にお任せだ。

ゼンハイザーのUC向けスピーカーフォン、ヘッドセットなら、通話品質も仕事の効率もアップ!

アクセスランキング

月刊テレコミュニケーション
ngn2016
isobe170201
compass
packet

「通信」の力でビジネスを進化させるbusinessnetwork.jp

Copyright(c) 2015 RIC TELECOM Co.,Ltd. All Rights Reserved. 記事の無断転載を禁じます