企業ネットワーク最前線

「コネクテッドカー戦略」をドコモ、KDDI、ソフトバンクに聞いた

文◎坪田弘樹(編集部) 2016.12.05

  • bookmark
  • Teitter
  • 印刷

コネクテッドカーの普及に伴い、従来は“回線提供”に留まっていた通信事業者のクルマ向けビジネスは大きく変わる。期待されているのは、世界で戦う日本の自動車産業をパートナーとして下支えする役割だ。

 

通信事業者はこれまでも、自動車メーカーが運営するテレマティクスサービス向けに、車載機に組み込む通信モジュールとネットワークを提供してきた。日本におけるその歴史は古く、トヨタ自動車にはKDDI、日産自動車にはNTTドコモ、本田技研工業にはソフトバンクが通信サービスを提供してきている。

以前は、日本国内での回線提供が通信事業者のビジネスの主軸だったが、今や自動車メーカーからは、日本における通信サービスと同等品質のコネクティビティを世界中で提供できる、グローバルプラットフォームの構築を求められている。

自動車メーカーのグローバル戦略においてコネクテッドカーの重要度が高まるのに伴い、通信事業者の役割も変わってきているのだ。KDDI グローバルテレマティクス部長の中村武氏は「テレマティクスについては正直、日本よりも世界を見ている。国策として日本のクルマ産業が世界に打って出るための地ならしをするのが我々の役割だ」と話す。

同氏が率いるグローバルテレマティクス部は昨年4月、この役割を果たすため、KDDI内のクルマ関連のリソースを集結し、社長直轄の組織として立ち上げられたものだ。

 

KDDI
KDDI ビジネスIoT推進本部 グローバルテレマティクス部長の中村武氏(中)、企画営業1グループリーダーの濱田徹也氏(右)、企画営業2グループリーダーの関淳氏(左)


コネクテッドカーで展開されるアプリ/サービスが高度化、多様化するのに伴い、通信事業者にとっては、通信サービスの提供に留まらないビジネスの可能性も見えてきている。従来のように、自動車メーカーおよび車載器を提供するOEMメーカーが、回線以外の部分、つまりサービス提供基盤の運営やアプリ/サービス開発をすべて垂直統合型で行うことが難しくなってきているためだ。

コネクテッドカー向けのサービス提供には、ビッグデータ分析や、様々な事業者がデータを共用するプラットフォームの構築・運用、エンドユーザー向けアプリ/サービス開発等を行い、かつ、それをマネタイズしなければならない。クラウドビジネスのノウハウとICT技術を持つ通信事業者には、そうした領域でも自動車メーカーを支援し、ビジネス領域を広げていける可能性がある。

続きのページは「business network.jp」の会員の方のみに閲覧していただけます。ぜひ無料登録してご覧ください。また、すでに会員登録されている方はログインしてください。

スペシャルトピックスPR

nttsoft201701
recomot201701
ゼンハイザー201701

>> 今月の月刊テレコミュニケーション

月刊テレコミュニケーション【特集】クラウド化する
   企業ネットワークの新作法。

●[インタビュー]坂村健 東大教授「オープンIoTで社会全体を効率化」 ●[第2特集]今すぐ使えるIoT向けLTE「カテゴリー1」 ●[商品特集]インターネット分離・無害化ソリューション ●[技術&トレンド]SD-WANで広がる映像系IoTの可能性/電池不要のIoT無線「EnOcean」

>>詳しい目次を見る

ホワイトペーパー

スペシャルトピックス

日本ユニシスならセキュリティ各社との連携でユーザビリティも両立!

ドコモのLTE対応とSaaS利用の最適化の2つの進化によって、SD-WANの活用範囲は大きく広がる。

ソフトバンクが提供開始した「PrimeMeeting」なら、社内外問わずあらゆる端末から参加できる。

過酷な環境下での長期利用にも耐える「TOUGHPAD FZ-N1」はBCPやTCO削減に貢献する。

社内外の電話帳を基点にスピーディで安全なコミュニケーションを実現!

UC機能も備えた「moconavi」はMDMベースのEMMとは違う!

ゼンハイザーのスピーカーフォンなら、数人~20人超の会議まで幅広く。

ソフトバンクの「SfB連携電話会議サービス」で実現しよう。

IoTでは珍しいクルマ特化型の「クルマツナグプラットフォーム」に注目だ。

既設PBX・回線をOffice 365と連携できる「Sonus SBC」にお任せだ。

ゼンハイザーのUC向けスピーカーフォン、ヘッドセットなら、通話品質も仕事の効率もアップ!

アクセスランキング

月刊テレコミュニケーション
ngn2016
isobe170201
compass
packet

「通信」の力でビジネスを進化させるbusinessnetwork.jp

Copyright(c) 2015 RIC TELECOM Co.,Ltd. All Rights Reserved. 記事の無断転載を禁じます