企業ネットワーク最前線

シスコの「企業向けNFV」の実力――WAN機能の追加・展開が10分で完了

文◎坪田弘樹(編集部) 2016.11.04

  • bookmark
  • Teitter
  • 印刷

シスコシステムズが、仮想ネットワーク機能を自由に組み合わせて拠点ルーターに素早く展開できる「エンタープライズNFV」を2016年内にリリースする。既存資産をベースに導入できるのも売りだ。

 

シスコシステムズが企業向けNFVソリューション「エンタープライズNFV」の年内発売を準備している。ルーティングやファイアウォール(FW)等のネットワーク機能を仮想化して1台のハードウェア内で稼働させるもので(図表1)、機能の追加・変更、拠点への展開を迅速に行えるようにする。

 


図表1 エンタープライズNFVの導入効果[画像をクリックで拡大]
図表1 エンタープライズNFVの導入効果

 

同社はこれまでもルーターの「Cisco ISR」やFWの「Cisco ASA」等の仮想アプライアンス版と、それらを管理・制御するコントローラ製品として「Prime Infrastructure(PI)」や「APIC-EM」を提供してきた。エンタープライズNFVは、それらの製品をより使いやすくし、企業ネットワークのNFV/SDN化を促進するものだ。

既存製品+αで企業向けNFV「エンタープライズNFVを構成するコンポーネントの大半は既存製品。これまでも仮想アプライアンスを使っているお客様はいたが、運用が面倒だった。エンタープライズNFVによって、それが非常に簡単になる」

そう話すのは、システムズエンジニアリング担当執行役員でSDN応用技術室長を務める財津健次氏だ。エンタープライズNFVの構成要素を示したのが図表2だ。青色が既存製品で、これに「Enterprise Service Automation(ESA)」「Network Functions Virtualization Infrastructure Software(NFVIS)」の2つを加えて構成される。

 


図表2 エンタープライズNFVの構成要素
図表2 エンタープライズNFVの構成要素

 

ESAは、いわゆるオーケストレータだ。ESAのGUIで使いたい機能を設定し(右下画像)適用先の拠点を選ぶと、①それを実現するようAPIC-EMとPIに指令を出す。次に、②APIC-EMがプラグアンドプレイ機能によってハードウェアとハイパーバイザのNFVISに設定を行い、仮想化されたネットワーク機能(VNF)をインストールする環境を整え、③PIがVNFのプロビジョニングを行う仕組みだ。

これまでシスコの仮想アプライアンスを使う場合には②③を手動で行い、かつ、FWはFWの、WAN高速化はWAN高速化の画面でそれぞれ個別に行う必要があった。それを、ESAで設定するだけで全自動化できるのがエンタープライズNFVの売りだ。システムズエンジニアマネージャーの松崎虎雄氏によれば「VNFを4つ使う場合で約10分、2つなら5分でプロビジョニングが完了する」。大規模なWANほど運用負荷の削減効果は大きい。

 

ESAの画面例
ESAの画面例。使いたい機能のアイコンをドラッグアンドドロップで配置し、任意のネットワークと配線するかたちで設定プロファイルを作り、それを拠点ごとに適用する。ネットワークの種類ごとにオススメの機能を自動設定してくれる機能も備える

 

なお、ハードウェアはISR4000と、サーバーの「Cisco UCS-C」の2種類が使え、汎用x86サーバーも選択可能だ。ISR4000では稼働させられるVNF数が1~2個と少ないが、サーバーモジュール「Cisco UCS-E」を追加すれば、容量を拡張して複数のVNFを運用することもできる。もちろんUCS-Cはより大容量だが、財津氏は「拠点ルーターをサーバーに移行させようという考えはない。既存のISR4000に機能を加える感覚で使ってほしい」と話す。

また、VNFはシスコ製だけでなく、サードパーティ製品の搭載も可能だ。

続きのページは「business network.jp」の会員の方のみに閲覧していただけます。ぜひ無料登録してご覧ください。また、すでに会員登録されている方はログインしてください。

スペシャルトピックスPR

watchguard1711
logicool1709
yamaha1709

>> 今月の月刊テレコミュニケーション

月刊テレコミュニケーション【特集】IoTと宇宙
<Part 1>衛星画像で超広域IoT
<Part 2>これが未来の衛星通信だ
<Part 3>センチメーター級測位がIoTを変える

◆京セラコミュニケーションシステム 黒瀬社長「Sigfoxで世の中は変わる!セルラーIoTとは別世界だ」 ◆働き方改革で用途広がるPBX/ビジネスホン ◆導入後に困らないWi-Fiを作ろう ◆“タフな無線”でドローン操縦 ◆「IoT自販機」を地域の見守り拠点に

>>詳しい目次を見る

ホワイトペーパー

スペシャルトピックス

Office 365導入を成功に導くため NWを見直すべき10のポイントOffice 365導入を成功に導くため NWを見直すべき10のポイントOffice 365導入を成功に導くため
NWを見直すべき10のポイント

実際の失敗例をもとに、ネットワークの見直しのポイントを整理する。

無線LAN APだけで電子証明書も運用可能に 運用管理を容易化する工夫も満載!無線LAN APだけで 電子証明書も!

ヤマハのAPは内蔵コントローラ で複数のAPを統合管理できる。セキュリティ機能も充実だ。

Wi-Fiの見えない脅威を可視化・防御 ワイヤレスIPSをお求めやすい価格で!「見えない脅威」にさらされている
無線LANをどう守る?

Wi-Fiの見えない脅威を可視化・防御するワイヤレスIPSを手頃な価格で!

オンプレミス型のPBX/ビジネスフォンは“時代遅れ”では決してない。

機械学習/AIを使った自律運用型ネットワークをArubaは提案する。

ウォッチガードなら「導入運用の容易性」と「強固なセキュリティ」を兼ね備えたWi-Fi環境が手に入る。

パブリッククラウドの普及で、設計・構築・運用法が大きく変わった!

待望の後継機が遂に登場!電話番号の最大登録数は2倍に向上。

ソフトバンクのMDMは、管理者の運用負荷を軽減しながらセキュアな利用を可能にする。

働き方改革はICTツールの導入・活用から取り組むのが有効だ。

大量のアラートをさばくのに忙殺される、旧態依然の運用と決別しよう。

NECのソリューションなら、多様なモバイルワークをセキュアに実現!

「WhatsUp Goldならコスト半減も可能」。イプスイッチの関口氏はこう自信を見せる。

4~6人程度の会議に最適なロジクールのビデオ会議「MeetUp」とは?

ヤマハ独自の音声処理技術が、臨場感あふれる会議を実現する。

注目が集まるCASBのメリットを活かすには、運用負荷を軽減する仕掛けが不可欠だ!

アクセスランキング

月刊テレコミュニケーション
iot16
compass
packet

「通信」の力でビジネスを進化させるbusinessnetwork.jp

Copyright(c) 2015 RIC TELECOM Co.,Ltd. All Rights Reserved. 記事の無断転載を禁じます