調査データ

クラウド型コラボが特に成長、IDCが国内コラボ/コンテンツアプリ市場予測

文◎business network.jp編集部 2016.09.08

  • bookmark
  • Teitter
  • 印刷

IDC Japanは2016年9月8日、国内コラボレーティブ/コンテンツアプリケーション市場予測を発表した。なお、コラボレーティブアプリケーションにはeメールや会議アプリケーションなど、コンテンツアプリケーションとはコンテンツ管理ソフトウェアやエンタープライズポータルなどが含まれる。

この調査によると、2015年の国内コラボレーティブ/コンテンツアプリケーション市場規模は、前年比成長率5.4%の3860億9400万円だった。特にファイル同期/共有ソフトウェア市場のクラウド成長が著しかったことが成長要因になったという。2016年も企業のデジタルトランスフォーメーション(DX)の進行によって市場拡大継続が期待され、前年比成長率3.4%になる見込みだ。

さらに2020年には、国内コラボレーティブ/コンテンツアプリケーション市場規模は4458億2700万円になるとIDCでは予測している。2015~2020年の年間平均成長率は(CAGR)は2.9%。東京オリンピック/パラリンピックに向けたDXの進行、企業の働き方改革によるSaaS型コラボレーション/Web会議サービスなどの成長、コグニティブシステム(認知システム)の業種ソリューションへの浸透などが牽引役になる。

「コラボレーティブ/コンテンツアプリケーション市場は、ユーザー企業へのDXの浸透によって重要性を高めている。ITサプライヤーは、コラボレーティブ/コンテンツアプリケーションの連携強化、クラウドを活用したマイクロサービス機能提供、およびコグニティブシステムを連携させた付加価値の拡大を目指すべきである」とIDC Japanの眞鍋敬氏は分析している。


国内コラボレーティブ/コンテンツアプリケーション市場 売上額予測
国内コラボレーティブ/コンテンツアプリケーション市場 売上額予測

 

スペシャルトピックスPR

brocade1703
nw1703
yamaha1704

>> 今月の月刊テレコミュニケーション

月刊テレコミュニケーション【特集】実験で分かった! LPWAのホントの実力
     日本を覆い始めたLPWA網/LPWAの電波はどれくらい飛ぶ?
     独自LoRaなら40km先まで/コストの実際のところは?
     1基地局あたりの接続デバイス数は?/「耐移動性」はある?

●富士通 執行役員 妹尾雅之氏「光伝送も基地局もオープン化時代」
●280MHzポケベル帯で事業化狙う広域無線「FlexNet」
●UC最新動向 ●深刻化するDDoS攻撃対策

>>詳しい目次を見る

ホワイトペーパー

スペシャルトピックス

東京海上日動コミュニケーションズの「働き方改革」を徹底レポート。

モバイルの安全な業務利用を実現するEMMが“次の進化”を始めている。電話やチャット、つまりUCとの連携だ。

いつものUIでSkype for Businessの機能をフル活用できる電話機が登場。

マクニカネットワークスが取り扱うIncapsulaはDDoSだけでなく、Webサーバーへの不正アクセスも防御する。

オンプレミスとクラウドの連携により、数百Gbpsのボリューム型から複雑なDDoS攻撃まで効率よく対応できる。

IPカメラのためにスペックを作り込んだ、ヤマハのシンプルL2スイッチ!

搭載するOS/ソフトを選べる「ホワイトボックス」で自在にデザイン

ウォッチガードのセキュリティ対策がさらに大きく進化した。

セキュリティ専門会社「ラック」との協業でサイバー攻撃に素早く対応

SD-WANの選定ポイントは何か? ユーザーの体感品質を高める独自機能を提供するのがシトリックスだ。

大量の通信機器の設定作業を正確かつ迅速に行い、現場へ確実に届ける!

Ruckusなら特定方向に電波を集中送信する特許技術で安定したWi-Fiを実現

USB型WiMAX2+端末をWi-Fiルーター化する史上初の製品が登場した。

アクセスランキング

月刊テレコミュニケーション5月号
ngn2016
isobe170420
compass
packet

「通信」の力でビジネスを進化させるbusinessnetwork.jp

Copyright(c) 2015 RIC TELECOM Co.,Ltd. All Rights Reserved. 記事の無断転載を禁じます