企業ネットワーク最前線

日本郵船、衛星通信で「燃料費100億円カット」までの道のり

文◎小林秀雄(ITジャーナリスト) 2016.09.06

  • bookmark
  • Teitter
  • 印刷

日本郵船の最新鋭コンテナ船

膨れ上がるコンテナ船の燃料費を削減すべく、日本郵船が運航データを可視化し始めたのは2008年。さらなる効率化のため11年にプロジェクトを立ち上げ、これまでに100億円の燃料費削減に成功した。

 

大型のコンテナ船を常用出力で運航させると、1日1隻当たり約1400万円の燃料費がかかる。世界トップクラスの船舶数、852隻(2016年3月時点)を運航する日本郵船にとって、燃料費の削減は切実な経営課題だ。

少し前の海運業界では、船体の調達費と乗組員の人件費が2大コストと言われてきた。しかし、燃料費の急上昇により、その状況に変化が訪れたのだ。

00年頃は1トン当たり百数十ドルだった燃料費は、08年のピーク時には700ドルを超えた。大型のコンテナ船は、常用出力の運航で1日に200トンの燃料を消費することから、1日1隻当たりの燃料費は14万ドル、日本円では約1400万円ということになる。

衛星経由で運航状況を自動送信燃料費の削減を実現するため、日本郵船が着目したのは、船に搭載された機器やセンサーから収集できるビッグデータだ。

「コンテナ船を運航する事業部門は、運航データを活用して適切に船を管理できれば、燃料費を削減できるのではないかと考えた」。こう話すのは、日本郵船のグループ企業で、船舶運航技術の研究・開発を行うMTIにおいて、船舶技術部門長を務める安藤英幸氏だ。

 

 

MTI 船舶技術部門長 安藤英幸氏
MTI 船舶技術部門長 安藤英幸氏


このような背景から、MTIが中心となり、船の運航データを可視化する「Ship Information Management System(SIMS)」というシステムを開発した(図表)。

 


図表 SIMSの構成イメージ
図表 SIMSの構成イメージ

 

SIMSは、船上で収集できる各種データを、通信衛星経由で陸上のデータセンターに送信し、運航管理スタッフがいるオペレーション・センターからほぼリアルタイムで運航状況を把握できるようにする仕組みだ。SIMSのトライアルを開始したのは08年。IoT/ビッグデータ時代の先駆けだ。

SIMSで収集する運航データは、「機関データ」と「航海データ」の2種類に大別できる。

機関データには、エンジンの回転数や燃料計の数値などがある。

また、航海データは、船の進行方向や速度、風速・風向など気象・海象など。例えば、ジャイロコンパスのデータから、船首の向きを判別する。また、GPSデータを利用し、実際に船が進んでいる方向を把握したり、海潮流の影響を含んだ船の速度である対地速度を計測したりすることが可能だ。対地速度の他、船の運航速度を表すものとして対水速度もある。これは、海潮流の影響を排除した水に対する速さを示すもので、ドップラーログ(対水船速計)で計測できる。

これまでは、1日に1回、乗組員が各データを記録し、陸上にレポートとして送信していた。しかしSIMSがあれば、1時間おきに陸上のオペレーション・センターに自動送信してくれる。

続きのページは「business network.jp」の会員の方のみに閲覧していただけます。ぜひ無料登録してご覧ください。また、すでに会員登録されている方はログインしてください。

スペシャルトピックスPR

netmotion1802
jsk1802
watchguard1712

>> 今月の月刊テレコミュニケーション

月刊テレコミュニケーション【特集】IoT無線を自営する
WI-SUN FAN/EnOcean/EnOcean Long Range/Bluetooth mesh/SmartHop/LoRaWANの特色や活用のポイント、最新事例を徹底レポート!

◆[インタビュー]KDDI総合研究所 中島康之所長「5Gきっかけに“不連続な進化”」 ◆5G NRの策定完了、その注目点は? ◆屋外や工場に広がる高速PLC

>>詳しい目次を見る

ホワイトペーパー

スペシャルトピックス

ダイワテクニカルハドルルーム向け高品質テレビ会議
販売店の手軽なプラスワン商材に!

4KとGoogleアシスタント対応
販売価格は破格の約12万5000円!

日本マイクロソフトOffice 365の悩みはオフロードで解決! NIerが教えるNW構築法

Office 365の導入支援で豊富な実績を持つNIer 3社に秘訣を聞いた。

アイキューブドシステムズスマホでOffice 365をセキュアに
MDMには“働き過ぎ防止”機能

端末にデータを残さずブラウザやメーラー等のアプリを利用できる。

マクニカネットワークスセキュリティと生産性向上を両立
モバイル活用に必須のEMMとは?

スマートデバイスの業務利用に本当に必要なのは「EMM」だ。

ネットモーションソフトウェアあらゆる環境で「切れないVPN」

「スマホのアンテナは立っているのにつながらない」。NetMotionなら高速かつ安定した通信が可能だ。

日本制禦機器ついにISDNが終了、コスパ追求しながら光回線へ移行する方法

既存のISDN機器を使い続けながら、毎月の通信料金は今より安く!

日本マイクロソフトWindows 10/Office 365の更新
これだけ知っていれば怖くない!

ネットワーク帯域を圧迫するアップデートをうまく乗り切るには?

チェック・ポイント・ソフトウェア・テクノロジーズチェック・ポイントのSMB戦略
あらゆる環境で攻撃を未然に防ぐ

日本向けにローカライズし、パートナーもユーザーも扱いやすく。

ロジクールSkype for Business用
会議室コンソール「SmartDock」

働き方改革に有効なSfB会議が簡単かつ安全に始められる!

協和エクシオSfB導入の課題解決をサポート

協和エクシオは通建事業60年のノウハウを活かし、Skype for Business導入トータルサービスを提供する。

ソフトバンクSkype for Businessの利用促進
コスト大幅削減を実現するには?

ソフトバンクのGlobalMeet電話会議サービスで実現可能だ。

ブロードメディア・テクノロジーズグローバル企業の悩みを一掃!
“本当に使える”SD-WAN基盤

WANの課題を一掃するAryakaの
SD-WANが心強い味方になる。

NECネッツエスアイSilver PeakのSD-WANは
独自技術でSaaS通信をフル制御

「SaaSを快適かつ安定的に使いたい」という企業ニーズに応える。

日商エレクトロニクスクラウドが快適に使えるSD-WAN

日商エレクトロニクスが販売する「Cisco SD-WAN」(旧Viptela)は、常に進化し続けるSD-WANだ。

サクサ中小企業も容易にセキュリティ対策

サクサのUTM「SS5000」は、コンパクトながら充実機能。外部だけでなく内部の脅威にも対応できる。

Office 365ADCでOffice 365通信の課題解決!

Office 365通信の課題であるプロキシ/FWの負荷増大と運用の複雑化を一気に解決するのがADCだ。

ウォッチガード・テクノロジー・ジャパンネットワークとPCを同時に守る!

ウォッチガードはNW防御にエンドポイントでのセンサー技術を組み合わせ、包括的で効果的な対策を実現!

サイバーリーズンAIで攻撃の兆候をリアルタイム検知
既知だけでなく未知の脅威も防御

AIを活用した独自分析技術で、悪意ある振る舞いを検知するEDR製品。

パロアルトネットワークスGTP-C/GTP-Uのセキュリティ強化
次世代FWをモバイル網に適用

携帯電話事業者のネットワークは次世代ファイアウォールが守る。

NECマグナスコミュニケーションズPHS/ISDNからLTEへ簡単移行!

「マルチキャリアで冗長化したい」「シリアルI/Fなど既存環境に手を加えたくない」といった声に応える。

アットマークテクノ柔軟な拡張性・出荷実績30万台の
安心感の日本製IoTゲートウェイ

ASEAN中心に認証を取得で、IoTシステムの海外展開にも便利だ。

アクセスランキング

月刊テレコミュニケーション201712
iot19
compass
watson

「通信」の力でビジネスを進化させるbusinessnetwork.jp

Copyright(c) 2017 RIC TELECOM Co.,Ltd. All Rights Reserved. 記事の無断転載を禁じます