導入ガイド

PBX/ビジネスホン市場の最新動向2016「SfBとPBXの共存ニーズ高まる」

文◎村上麻里子(編集部) 2016.08.15

  • bookmark
  • Teitter
  • 印刷

PBX/ビジネスホン市場はリプレースが中心で、今後も大きな需要は見込めない。メーカー各社は、「Skype for Business」との連携や業種特化型ソリューションで新規需要の開拓を図っている。

 

一般社団法人情報通信ネットワーク産業協会(CIAJ)の「通信機器中期需要予測[2015-2020年度]」によると、14年度の国内PBX市場は対前年度比4.3%減の287億円、ビジネスホン市場は同5.1%増の416億円だった。

PBXのリプレース周期は平均約10年、ビジネスホンは約6年といわれる。実際には故障するまで使い続けることができるため、より長期化する傾向にある。そうした中で、ここ数年は景気回復により企業の投資意欲が上昇していることに加えて、14年度はメーカー各社が新機種を投入したことで、ビジネスホンのリプレース需要を喚起した。

15年度は、PBX市場がリプレース需要の回復により前年度比3.4%増の297億円となる一方、ビジネスホン市場は需要の一巡により同5.6%減の393億円と400億円を割り込む見通しだ。中長期的には、東京オリンピック・パラリンピックの開催や外国人観光客の増加によるホテル・旅館の新設、PBX/ビジネスホンの新製品発売といったプラス要因はあるものの、漸減傾向になると予測する(図表1)。

 


図表1 国内PBX/ビジネスホン市場予測
(クリックで拡大)
図表1 国内PBX/ビジネスホン市場予測


このようにリプレース需要が中心であるPBX/ビジネスホンの市場規模には大きな変動がないが、しかしユーザーのニーズまで変化していないわけではない。ここからは、PBX/ビジネスホンの最新トレンドを見ていくことにする。

続きのページは「business network.jp」の会員の方のみに閲覧していただけます。ぜひ無料登録してご覧ください。また、すでに会員登録されている方はログインしてください。

スペシャルトピックスPR

citrix1704
microsoft1705
recomot1705

>> 今月の月刊テレコミュニケーション

月刊テレコミュニケーション【特集】実験で分かった! LPWAのホントの実力
     日本を覆い始めたLPWA網/LPWAの電波はどれくらい飛ぶ?
     独自LoRaなら40km先まで/コストの実際のところは?
     1基地局あたりの接続デバイス数は?/「耐移動性」はある?

●富士通 執行役員 妹尾雅之氏「光伝送も基地局もオープン化時代」
●280MHzポケベル帯で事業化狙う広域無線「FlexNet」
●UC最新動向 ●深刻化するDDoS攻撃対策

>>詳しい目次を見る

ホワイトペーパー

スペシャルトピックス

東京海上日動コミュニケーションズの「働き方改革」を徹底レポート。

モバイルの安全な業務利用を実現するEMMが“次の進化”を始めている。電話やチャット、つまりUCとの連携だ。

いつものUIでSkype for Businessの機能をフル活用できる電話機が登場。

マクニカネットワークスが取り扱うIncapsulaはDDoSだけでなく、Webサーバーへの不正アクセスも防御する。

オンプレミスとクラウドの連携により、数百Gbpsのボリューム型から複雑なDDoS攻撃まで効率よく対応できる。

IPカメラのためにスペックを作り込んだ、ヤマハのシンプルL2スイッチ!

搭載するOS/ソフトを選べる「ホワイトボックス」で自在にデザイン

ウォッチガードのセキュリティ対策がさらに大きく進化した。

セキュリティ専門会社「ラック」との協業でサイバー攻撃に素早く対応

SD-WANの選定ポイントは何か? ユーザーの体感品質を高める独自機能を提供するのがシトリックスだ。

大量の通信機器の設定作業を正確かつ迅速に行い、現場へ確実に届ける!

Ruckusなら特定方向に電波を集中送信する特許技術で安定したWi-Fiを実現

USB型WiMAX2+端末をWi-Fiルーター化する史上初の製品が登場した。

アクセスランキング

月刊テレコミュニケーション5月号
ngn2016
isobe170420
compass
packet

「通信」の力でビジネスを進化させるbusinessnetwork.jp

Copyright(c) 2015 RIC TELECOM Co.,Ltd. All Rights Reserved. 記事の無断転載を禁じます