ビジネス・企業

ファナックとNTTが製造業IoT開発で協業、「FIELD system」の早期商用化目指す

文◎坪田弘樹(編集部) 2016.07.29

  • bookmark
  • Teitter
  • 印刷

製造業のIoT化を実現するオープンプラットフォーム「FIELD system」を開発するファナックがNTTとの協業を発表した。NTTが開発するエッジコンピューティング技術を活用するほか、NTTコミュニケーションズが構築・運用、NTTデータがアプリケーション開発を担うことで、早期の商用化とグローバル展開を目指す。


製造業向けIoTプラットフォーム「FIELD system」(FANUC Intelligent Edge Link and Drive system)を開発するファナックは2016年7月28日、NTTと会見を行い、FIELD systemの開発で協業することを発表した。NTTグループからは、NTT持株、NTTコミュニケーションズ、NTTデータの3社が参画する。


ファナック代表取締役会長の稲葉善治氏(左)と、NTT代表取締役副社長の篠原弘道氏


FIELD systemは、製造業の生産システムにIoTを適用し、可視化や分析、遠隔制御を自動化するためのプラットフォーム。ファナック代表取締役会長の稲葉善治氏は「AIを実装することで、予防保全や機械同士の協調、最適化などが可能」なプラットフォームとして開発を進めている。また、オープン性も特徴で、公開されるAPIを使ってパートナーが製造業向けのIoTアプリケーションを開発して提供することも可能になる。



ファナックが開発を進めるFIELD systemのイメージ

NTTがエッジコンピューティング技術を提供
ファナックはこのFIELD systemの実現に向けて、AI技術を持つPreferred Networksや、ネットワークベンダーのシスコシステムズ、システムインテグレータのロックウェルと協業してきたが、今回、ここにNTTグループ3社が加わる。稲葉氏は「FIELD systemをできるだけ早く多くの製造現場で使えるようにするため」と協業の意義を述べた。「製造業のIoT化に向けて目指す方向性が一致したのが協業の決め手。早期の商用化を目指す」という。



NTTの技術提供、導入支援、アプリケーション開発により早期商用化を目指す


NTTグループ3社の役割は、次の通りだ。

NTT持株は、NTT研究所が開発を進めてきたエッジコンピューティングの技術を提供する。代表取締役副社長の篠原弘道氏は、「5年以上前からエッジコンピューティングを手掛けており、2011年にはフレッツ・ジョイント、その後もひかりTVブラウザですでに商用化している」とこれまでの実績を紹介した。また最近では、トヨタおよびPreferred Networksとともに行ったぶつからないクルマの実証実験でも、NTTのエッジコンピューティング技術が使われている。

FIELD systemにおいては、ユーザーである製造業の敷地内や工場内にエッジ処理を行うサーバーを配置することを想定しているが、そのエッジサーバーへのアプリケーション配信機能と、収集したデータを他クラウドやシステムと交換するIoTデータ交流機能で、NTTのエッジコンピューティング技術を活用する。



FIELD systemへのエッジコンピューティング技術の適用


なお、適用するケースによってエッジコンピューティングに求められる要件も異なるが、そうした多様な要件に応じられるよう、「オープンソースも含めていろいろなプラットフォーム上で稼働するようになっていることが我々のエッジコンピューティングの特徴」と説明した。また、クラウドとエッジでアプリケーション処理を分散することで、クラウドに転送するトラフィックが抑制できたり、外に不要なデータを送信しなくてすむためセキュリティの強化にもなるなど、さまざまな効果が期待できるという。

 

 

続きのページは「business network.jp」の会員の方のみに閲覧していただけます。ぜひ無料登録してご覧ください。また、すでに会員登録されている方はログインしてください。

スペシャルトピックスPR

macnica1705
arbor1705
yamaha1704

>> 今月の月刊テレコミュニケーション

月刊テレコミュニケーション【特集】FUTURE NETWORK
    未知なるネットワークとの遭遇

    2020年5Gの旅/地球丸ごとIoT化計画/NWに知性が宿る
    IPの“限界”を超える日/人類未踏のテラヘルツ波 ほか

● NTTコミュニケーションズ 取締役 ネットワークサービス部長  大井貴氏
● モバイルセキュリティ最新動向  ● NB-IoT商用化の準備整う!
● ドコモ・KDDIのドローン戦略 ● 仮想化でビーコン運用の課題を解決

>>詳しい目次を見る

ホワイトペーパー
ヤマハWLX402

スペシャルトピックス

中堅・中小企業を支援する宝情報がUTMのサポートサービスを開始する。

教育現場への無線LAN導入を成功させるための3つのポイントとは?

スマートデバイスを標的にした未知の不正アプリにも対応できる。

設計から製造までセキュアなプロセスで、他のAndroidにはない安全性。

Webサイトの利便性とセキュリティ向上を同時に実現できる最適解とは?

ランサムウェア対策機能などを備えたSMB向けクラウドサービスが始まる。

東京海上日動コミュニケーションズの「働き方改革」を徹底レポート。

モバイルの安全な業務利用を実現するEMMが“次の進化”を始めている。電話やチャット、つまりUCとの連携だ。

いつものUIでSkype for Businessの機能をフル活用できる電話機が登場。

マクニカネットワークスが取り扱うIncapsulaはDDoSだけでなく、Webサーバーへの不正アクセスも防御する。

オンプレミスとクラウドの連携により、数百Gbpsのボリューム型から複雑なDDoS攻撃まで効率よく対応できる。

IPカメラのためにスペックを作り込んだ、ヤマハのシンプルL2スイッチ!

搭載するOS/ソフトを選べる「ホワイトボックス」で自在にデザイン

ウォッチガードのセキュリティ対策がさらに大きく進化した。

セキュリティ専門会社「ラック」との協業でサイバー攻撃に素早く対応

SD-WANの選定ポイントは何か? ユーザーの体感品質を高める独自機能を提供するのがシトリックスだ。

アクセスランキング

月刊テレコミュニケーション5月号
isobe170420
compass
packet

「通信」の力でビジネスを進化させるbusinessnetwork.jp

Copyright(c) 2015 RIC TELECOM Co.,Ltd. All Rights Reserved. 記事の無断転載を禁じます