導入事例

「SDNだから1カ月でできた」全国500カ所へのWAN展開 ―― 大和ライフネクストのSDN/NFV導入事例

文◎坪田弘樹(編集部) 2016.07.21

  • bookmark
  • Teitter
  • 印刷

多数の拠点をつなぐWANを迅速に展開したいという望みを持つ企業は多いはずだ。回線工事やルーター設定等に手間がかかり、これまでは何カ月もかかるのが当たり前だったWAN展開も、SDNを使えば劇的に工期が短縮できる。500所をつなぐWANをわずか1カ月で構築した大和ライフネクストはその好例だ。


「2月に発注して、3月の末には500カ所に展開が完了した。実際の導入作業も本当に簡単に済んだ。いままでのやり方では絶対に無理だった」

2016年春に、全国500カ所におよぶマンション管理現場と自社データセンターをつなぐネットワーク(WAN)を構築した大和ライフネクスト・情報システム部システム管理課の植野正博氏はそう話す。


大和ライフネクスト 情報システム部システム管理課の植野正博氏


同社はこのWAN構築に当たって、インターネットイニシアティブ(IIJ)が提供するSDN/NFVサービス「IIJ Omnibus」を採用した。同サービスを選定した最大の目的は、SDN/NFV技術の活用により「全国のマンション管理現場に圧倒的なスピードでネットワークを展開する」(植野氏)こと。IIJが2016年7月21日に都内で開催した法人向けイベント「Lead Initiative 2016」で講演した同氏は、IIJ Omnibusサービス導入の成果、そしてSDN/NFVに寄せる期待について語った。

マンション管理現場で進むデジタル化

大和ライフネクストは2004年から、マンション管理現場のIT化を進めているという。「フロントマネージャー」と呼ぶマンション管理員の業務効率化、サービス品質の向上が目的だ。管理事務所にPCを配置し、事務作業を効率化するだけでなく、管理員を支援するバックヤードとのコミュニケーション/情報・ナレッジの共有に役立てている。



マンション管理現場の「デジタル化」の狙い


なお、同社が管理するマンション戸数は現在33万2300戸。植野氏によれば業界内での競争は激化しており、上位15社で、全国に623万戸あるマンションストック戸数の過半数を管理する状況にあり「寡占化が進行している」という。競合同士での顧客のリプレースも激しく、「フロントマネージャーのサービス品質向上を追求していかなければならない」状況だ。

マンション管理現場のIT化は同社にとってまさにその基礎となる取り組みだが、従来はマンション管理現場とデータセンターを結ぶネットワークにいくつもの課題を抱えていたという。

大和ライフコネクトは、シトリックスの「Citrix XenApp」によって、データセンターから仮想アプリケーションを配信し、それをフロントマネージャーが各現場で利用する形態をとっている。顧客であるマンションの情報をローカルのPC環境に残さないためだ。それぞれの現場からはインターネット経由でデータセンターに接続する。マンションごとに使用できる回線は異なるため、これまでは現場ごとに回線を調達していた。



IIJ Omnibusサービス導入前の従来ネットワークの構成


そうした環境で顕在化した課題の1つが回線コストだ。利用する回線サービスごとに利用料金が異なり、全国で4000もあるという管理現場の回線費用を合わせると、そのコストは膨大なものとなる。

課題の2つ目は納期だ。固定回線を用いる場合には引き込み工事等で開通までに1~2カ月かかることも珍しくなく、迅速な展開が難しい。

3つ目の課題として建物の制約もある。管理規約によって使用できる回線が決められている場合があり、これも回線調達・維持の障害となっていた。

4つ目は通信機器の保守の課題だ。家庭用のブロードバンドルーターを用いているケースが大半で、基本的には保守サービスが付いていない。全国各地のマンション管理現場に技術者が赴いてサポートすることも難しく、設定変更やファームウェアのアップデート等を行うことは困難だった。

これに加え、回線の通信量の増大も新たな課題として持ち上がっていた。データセンターに収容する回線の容量は1Gbpsで、ここに全国各地のマンション管理現場からアクセスが行われるのと同時に、大和ライフネクスト社内からのインターネット通信もここを経由する。同社ではMicrosoft Office 365のようなパブリッククラウドサービスも利用しているため、回線の帯域不足も悩みの種だった。

続きのページは「business network.jp」の会員の方のみに閲覧していただけます。ぜひ無料登録してご覧ください。また、すでに会員登録されている方はログインしてください。

スペシャルトピックスPR

hpearuba1711
watchguard1711
logicool1709

>> 今月の月刊テレコミュニケーション

月刊テレコミュニケーション【特集】IoTと宇宙
<Part 1>衛星画像で超広域IoT
<Part 2>これが未来の衛星通信だ
<Part 3>センチメーター級測位がIoTを変える

◆京セラコミュニケーションシステム 黒瀬社長「Sigfoxで世の中は変わる!セルラーIoTとは別世界だ」 ◆働き方改革で用途広がるPBX/ビジネスホン ◆導入後に困らないWi-Fiを作ろう ◆“タフな無線”でドローン操縦 ◆「IoT自販機」を地域の見守り拠点に

>>詳しい目次を見る

ホワイトペーパー
次世代SPS2017_B

スペシャルトピックス

Office 365導入を成功に導くため NWを見直すべき10のポイントOffice 365導入を成功に導くため NWを見直すべき10のポイントOffice 365導入を成功に導くため
NWを見直すべき10のポイント

実際の失敗例をもとに、ネットワークの見直しのポイントを整理する。

無線LAN APだけで電子証明書も運用可能に 運用管理を容易化する工夫も満載!無線LAN APだけで 電子証明書も!

ヤマハのAPは内蔵コントローラ で複数のAPを統合管理できる。セキュリティ機能も充実だ。

Wi-Fiの見えない脅威を可視化・防御 ワイヤレスIPSをお求めやすい価格で!「見えない脅威」にさらされている
無線LANをどう守る?

Wi-Fiの見えない脅威を可視化・防御するワイヤレスIPSを手頃な価格で!

オンプレミス型のPBX/ビジネスフォンは“時代遅れ”では決してない。

機械学習/AIを使った自律運用型ネットワークをArubaは提案する。

ウォッチガードなら「導入運用の容易性」と「強固なセキュリティ」を兼ね備えたWi-Fi環境が手に入る。

パブリッククラウドの普及で、設計・構築・運用法が大きく変わった!

待望の後継機が遂に登場!電話番号の最大登録数は2倍に向上。

ソフトバンクのMDMは、管理者の運用負荷を軽減しながらセキュアな利用を可能にする。

働き方改革はICTツールの導入・活用から取り組むのが有効だ。

大量のアラートをさばくのに忙殺される、旧態依然の運用と決別しよう。

NECのソリューションなら、多様なモバイルワークをセキュアに実現!

「WhatsUp Goldならコスト半減も可能」。イプスイッチの関口氏はこう自信を見せる。

4~6人程度の会議に最適なロジクールのビデオ会議「MeetUp」とは?

ヤマハ独自の音声処理技術が、臨場感あふれる会議を実現する。

注目が集まるCASBのメリットを活かすには、運用負荷を軽減する仕掛けが不可欠だ!

アクセスランキング

月刊テレコミュニケーション
iot16
compass
packet

「通信」の力でビジネスを進化させるbusinessnetwork.jp

Copyright(c) 2015 RIC TELECOM Co.,Ltd. All Rights Reserved. 記事の無断転載を禁じます