新製品&新サービス

シスコの新製品は“タイムマシン”? ―― 過去から現在までデータセンター内のすべてを見える化

文◎坪田弘樹(編集部) 2016.07.08

  • bookmark
  • Teitter
  • 印刷

シスコシステムズがデータセンターネットワークの全パケット、フロー、帯域利用状況等を可視化する新製品を発表した。Nexus 9000スイッチをセンサーとして用いてデータを収集、分析することで、過去に遡って障害原因を調査したり、アプリケーションの性能劣化を起こすボトルネックを特定することが容易に行えるようになるという。


「タイムマシンだと考えていただければわかりやすい」――。

米Cisco Systemsでプロダクトマーケティング Insieme事業部門 バイスプレジデントを務めるラジーヴ バドワージ氏は、2016年7月末から日本国内で発売する新製品「Cisco Tetratiin Analytics(シスコ テトレーション アナリティクス)」の特徴をそう紹介する。


米Cisco Systems プロダクトマーケティング Insieme事業部門
バイスプレジデントのラジーヴ バドワージ氏(左)と、
シスコシステムズ 執行役員 データセンター/
バーチャライゼーション事業担当の藤本司郎氏


Cisco Tetratiin Analyticsは、サーバー/ネットワークインフラからアプリケーションまでに渡って、データセンター内部の動きを可視化することを目的とした製品だ。データセンター内でやり取りされるすべてのパケット、トラフィックのフロー、アプリケーションの稼働状況等を示すデータを収集し、機械学習技術によって分析する。それにより、過去に遡って障害の原因を特定したり、異常な振る舞いを検知したり、あるいは将来の変動などを予測することが可能になるという。



Cisco Tetratiin Analyticsの概要


どのアプリケーションとアプリケーションがいつ、どんな経路でどのようなやり取りを行っているのか――。データセンターで行われるそうした活動のすべてを記録することで、例えば、半年前にアプリケーションのパフォーマンスが極端に劣化した際の原因を調べて対策を打ちたいという場合にも、当時の状況を詳細に調査して原因を特定し対策を行うことが、従来に比べて容易に行えるようになるという。だから“タイムマシン”なのだ。

サーバー/ネットワークがセンサーになる
バドワージ氏によれば、Cisco Tetratiin Analyticsは3つの要素で構成されるという。トラフィックのデータを収集する「ネットワークセンサー」、サーバー内の情報を収集する「ソフトウェアセンサー」、そして、そこから集められるデータを蓄積・分析するビッグデータプラットフォームだ。

ネットワークセンサーの役割を果たすのは、シスコシステムズのデータセンター向けスイッチ「Nexus 9000」。同製品のユーザーは既存の設備を活用することが可能という。ソフトウェアセンサーは、サーバーにインストールされるエージェントとして提供される。ビッグデータプラットフォームは、ラック搭載型のアプライアンスとして販売する。



Nexus 9000スイッチとエージェントソフトをセンサーとして用いてデータを収集する


ここで問題となるのは、サーバー/ネットワーク内の“すべての活動”のデータを収集するため、その容量が膨大になることだ。他のデータ解析製品やフォレンジック製品などでも同様の問題があるが、バドワージ氏によれば、「ヘッダー情報だけを収集し、重複排除することでデータ量を減らす革新的な技術を用いている」という。

スペシャルトピックスPR

nttsoft201701
recomot201701
ゼンハイザー201701

>> 今月の月刊テレコミュニケーション

月刊テレコミュニケーション【特集】クラウド化する
   企業ネットワークの新作法。

●[インタビュー]坂村健 東大教授「オープンIoTで社会全体を効率化」 ●[第2特集]今すぐ使えるIoT向けLTE「カテゴリー1」 ●[商品特集]インターネット分離・無害化ソリューション ●[技術&トレンド]SD-WANで広がる映像系IoTの可能性/電池不要のIoT無線「EnOcean」

>>詳しい目次を見る

ホワイトペーパー

スペシャルトピックス

日本ユニシスならセキュリティ各社との連携でユーザビリティも両立!

ドコモのLTE対応とSaaS利用の最適化の2つの進化によって、SD-WANの活用範囲は大きく広がる。

ソフトバンクが提供開始した「PrimeMeeting」なら、社内外問わずあらゆる端末から参加できる。

過酷な環境下での長期利用にも耐える「TOUGHPAD FZ-N1」はBCPやTCO削減に貢献する。

社内外の電話帳を基点にスピーディで安全なコミュニケーションを実現!

UC機能も備えた「moconavi」はMDMベースのEMMとは違う!

ゼンハイザーのスピーカーフォンなら、数人~20人超の会議まで幅広く。

ソフトバンクの「SfB連携電話会議サービス」で実現しよう。

IoTでは珍しいクルマ特化型の「クルマツナグプラットフォーム」に注目だ。

既設PBX・回線をOffice 365と連携できる「Sonus SBC」にお任せだ。

ゼンハイザーのUC向けスピーカーフォン、ヘッドセットなら、通話品質も仕事の効率もアップ!

アクセスランキング

月刊テレコミュニケーション
ngn2016
isobe170201
compass
packet

「通信」の力でビジネスを進化させるbusinessnetwork.jp

Copyright(c) 2015 RIC TELECOM Co.,Ltd. All Rights Reserved. 記事の無断転載を禁じます