導入事例

HPE Aruba、北海道のスーパー「北雄ラッキー」に無線LAN導入

文◎business network.jp編集部 2016.07.01

  • bookmark
  • Teitter
  • 印刷

HPE Arubaは2016年7月1日、北海道の独立系スーパー、北雄ラッキーの無線LAN環境を構築したと発表した。

北雄ラッキーは、北海道全域に36店舗のスーパーを展開・運営しており、本社・本部機能を置く星置駅前店をはじめとする10店舗で今回、HPE Arubaのコントローラ内蔵インスタント・アクセス・ポイント(IAP)を中心とした無線LANソリューションを採用した。現在は、約70台のAruba IAPを配備している。さらに来年度以降、無線化の必要なほぼ全ての店舗に展開予定だ。

同社では従来、事務所内でしかネットワークを利用できなかったが、無線LANを導入したことで店舗エリア全域でネットワークが利用可能になった。これにより、以前は逐一事務所に戻ってアップロードしていたハンディ・ターミナルからの発注業務が、店舗内の任意の場所から行えるようになるなど、業務効率が大きく向上したという。また、コントローラ内蔵のAruba IAPの特徴を生かし、遠隔地からの現場状況の可視化や全IAPの設定の一括変更など、管理性も大きく向上したとのこと。

北雄ラッキー 管理本部 経理部 情報システム課 マネジャーの福嶋重樹氏は、「アクセスが集中しても安定して高速通信できることが大切だった。Aruba IAPは一台に、30デバイスが同時接続しても問題のないパフォーマンスを発揮する。これに加えて大きな決め手となったのは、マルチベンダ、マルチセキュリティに対応している数少ないソリューションであることだった。既存投資を保護し、初期投資を最小限に抑えることで、お客様に負担を転嫁することなく最新のシステムやサービスにも対応し、削減された管理運用コストを活用して、様々な施策、導入や拡張を計画的に推進できるようになった」と選定理由を語っている。

スペシャルトピックスPR

watchguard1704
necpf1704
citrix1704

>> 今月の月刊テレコミュニケーション

月刊テレコミュニケーション【特集】AI・IoT・ARで《超》働き方改革
     <Part1> AI・チャットボットが社員の“相棒”
     <Part2> IoTで脱・ブラック職場
     <Part3> AR/VR/MRによる働き方改革のインパクト

●[インタビュー]ジュニパーネットワークス 社長 古屋知弘氏
●[ビジネス最前線]4つのLPWAでIoTの新市場を拓くKDDI
●[技術&トレンド]電話局を変革するCORDとは何か?

>>詳しい目次を見る

ホワイトペーパー
ウォッチガード

スペシャルトピックス

IPカメラのためにスペックを作り込んだ、ヤマハのシンプルL2スイッチ!

搭載するOS/ソフトを選べる「ホワイトボックス」で自在にデザイン

ウォッチガードのセキュリティ対策がさらに大きく進化した。

セキュリティ専門会社「ラック」との協業でサイバー攻撃に素早く対応

SD-WANの選定ポイントは何か? ユーザーの体感品質を高める独自機能を提供するのがシトリックスだ。

大量の通信機器の設定作業を正確かつ迅速に行い、現場へ確実に届ける!

Ruckusなら特定方向に電波を集中送信する特許技術で安定したWi-Fiを実現

USB型WiMAX2+端末をWi-Fiルーター化する史上初の製品が登場した。

日本ユニシスならセキュリティ各社との連携でユーザビリティも両立!

ドコモのLTE対応とSaaS利用の最適化の2つの進化によって、SD-WANの活用範囲は大きく広がる。

アクセスランキング

月刊テレコミュニケーション
ngn2016
isobeiot10
compass
packet

「通信」の力でビジネスを進化させるbusinessnetwork.jp

Copyright(c) 2015 RIC TELECOM Co.,Ltd. All Rights Reserved. 記事の無断転載を禁じます