調査データ

国内キャリアのインフラ投資は約20%の大幅減、反転は2018年の見込み

文◎business network.jp編集部 2016.06.28

  • bookmark
  • Teitter
  • 印刷

IDC Japanは2016年6月27日、国内通信事業者のネットワーク設備投資市場予測を発表した。

これによると、2015年は国内通信事業者のLTE向け設備投資が大きく減少したため、市場規模は前年比18.9%減の1兆77億円だった。

通信事業者の設備投資が増加に転じるのは、2018年からの見込みだ。長距離通信事業者による400Gbps長距離伝送への投資の本格化や、LTE高速化の対応エリア拡大とキャリアアグリゲーションへのさらなる投資が予想されるという。さらに、2019年からは5G向け投資も始まることから、2015年~2020年の年間平均成長率(CAGR)はプラス0.1%。2020年の市場規模は、1兆150億円になるとIDCは予測している。

IDC Japanの藤村成弘氏は、「通信事業者は、2016年以降、2020年の5G商用化に向けたネットワークアーキテクチャ設計を本格化する。通信事業者向けネットワーク機器ベンダーは、ハードウェアやソフトウェアの提供にとどまらず、5Gを見据えて、設計から導入までをセットにしたソリューションと導入後の運用サポートを充実していくことが必要である」とコメントしている。


国内通信事業者ネットワーク設備投資市場予測
国内通信事業者ネットワーク設備投資市場予測

 

スペシャルトピックスPR

qloog1705
macnica1705
arbor1705

>> 今月の月刊テレコミュニケーション

月刊テレコミュニケーション【特集】実験で分かった! LPWAのホントの実力
     日本を覆い始めたLPWA網/LPWAの電波はどれくらい飛ぶ?
     独自LoRaなら40km先まで/コストの実際のところは?
     1基地局あたりの接続デバイス数は?/「耐移動性」はある?

●富士通 執行役員 妹尾雅之氏「光伝送も基地局もオープン化時代」
●280MHzポケベル帯で事業化狙う広域無線「FlexNet」
●UC最新動向 ●深刻化するDDoS攻撃対策

>>詳しい目次を見る

ホワイトペーパー

スペシャルトピックス

東京海上日動コミュニケーションズの「働き方改革」を徹底レポート。

モバイルの安全な業務利用を実現するEMMが“次の進化”を始めている。電話やチャット、つまりUCとの連携だ。

いつものUIでSkype for Businessの機能をフル活用できる電話機が登場。

マクニカネットワークスが取り扱うIncapsulaはDDoSだけでなく、Webサーバーへの不正アクセスも防御する。

オンプレミスとクラウドの連携により、数百Gbpsのボリューム型から複雑なDDoS攻撃まで効率よく対応できる。

IPカメラのためにスペックを作り込んだ、ヤマハのシンプルL2スイッチ!

搭載するOS/ソフトを選べる「ホワイトボックス」で自在にデザイン

ウォッチガードのセキュリティ対策がさらに大きく進化した。

セキュリティ専門会社「ラック」との協業でサイバー攻撃に素早く対応

SD-WANの選定ポイントは何か? ユーザーの体感品質を高める独自機能を提供するのがシトリックスだ。

大量の通信機器の設定作業を正確かつ迅速に行い、現場へ確実に届ける!

Ruckusなら特定方向に電波を集中送信する特許技術で安定したWi-Fiを実現

USB型WiMAX2+端末をWi-Fiルーター化する史上初の製品が登場した。

アクセスランキング

月刊テレコミュニケーション5月号
ngn2016
isobe170420
compass
packet

「通信」の力でビジネスを進化させるbusinessnetwork.jp

Copyright(c) 2015 RIC TELECOM Co.,Ltd. All Rights Reserved. 記事の無断転載を禁じます