ICT×未来

IoT向け無線LAN「Wi-Fi HaLow」の衝撃――半径1kmのカバレッジをサブGHz帯で実現

文◎藤井宏治(IT通信ジャーナリスト) 2016.04.25

  • bookmark
  • Teitter
  • 印刷

NEC ソリューションプラットフォーム
統括本部 技術主幹 山形大学客員教授
小林佳和氏

IoT向けの新しい無線LAN規格「IEEE802.11ah」(Wi-Fi HaLow)の標準化が今年の夏にも完了する。1km超の長距離通信を実現する、この新たな無線LAN技術は、何をもたらすのか――。

 

今年1月、無線LANの普及促進活動を行っている業界団体Wi-Fiアライアンスは、IoT分野での利用を想定した新しい無線「IEEE802.11ah(以下11ah)」に準拠した製品の名称として「Wi-Fi HaLow(ワイファイ ヘイロー)」を用いると発表した。

11ahは、IEEE802.11委員会で今年夏頃に標準化されるホットな無線LAN技術だ。1GHzよりやや下のサブGHz帯の免許不要周波数(日本では920MHz帯)を利用することで通信距離を大幅に拡大。さらにセンサーネットワークなどのIoT通信で求められる省電力化、同時接続数の拡大なども図られる。

 


図表1 802.11ahの利用が可能な各国の周波数帯
802.11ahの利用が可能な各国の周波数帯


Wi-Fiアライアンスは、11ah対応デバイスの相互接続性の確保などを実現するために、認証プログラムの準備を進めている。Wi-Fi HaLowの名称はその一環として定められたものだ。最初の「Wi-Fi HaLow認証デバイス」が市場に出るのは、2018年になるとみられている。

ここでは、11ahのドラフト版(D5.0)を踏まえて、その技術的な特徴と想定されるユースケースから、この新たな無線LAN技術のポテンシャルを探る。

続きのページは「business network.jp」の会員の方のみに閲覧していただけます。ぜひ無料登録してご覧ください。また、すでに会員登録されている方はログインしてください。

スペシャルトピックスPR

yamaha1709
uniadex1709
nec1707

>> 今月の月刊テレコミュニケーション

月刊テレコミュニケーション【特集】エッジコンピューティングの全貌
<Part 1>いま大注目のエッジとは? <Part 2>工場で始まったエッジ革命
<Part 3>シスコ事例にみる使い方と実装方法
<Part 4>ドコモが考えるエッジコンピューティング

● [インタビュー]大阪大学教授 三瓶政一氏「5Gは4Gまでとは根本的に違う」 ●基礎から学ぶ「CASB」 ●ビデオ会議で注目の「ハドルルーム」 ● Bluetooth meshで大規模IoT ●NTTコム、eSIM実験の狙い ●自律走行型ロボットで働き方改革

>>詳しい目次を見る

ホワイトペーパー
ロジクール

スペシャルトピックス

4~6人程度の会議に最適なロジクールのビデオ会議「MeetUp」とは?

ヤマハ独自の音声処理技術が、臨場感あふれる会議を実現する。

注目が集まるCASBのメリットを活かすには、運用負荷を軽減する仕掛けが不可欠だ!

ヤマトの総合物流ターミナル「羽田クロノゲート」で様々な付加価値!

RADIUS内蔵APとの連携で無線/有線LANの両方でデジタル証明書認証

LPWAネットワークを自ら構築するなら、世界で豊富な実績を誇るキャリアグレードのActilityだ。

業界最高レベルのキャリア/サービスプロバイダ向けルータが登場する。

無線プロトコルスタック「SkWAN」搭載のLPWA基地局なら、1台で最大6400台のエンドデバイスを接続できる!

IBM Watsonが最適な活用方法や脅威対策を提供! 先進のPC/スマホ一元管理を実現する「IBM MaaS360」とは?

「企業向けソーシャルプラットフォーム」で働き方そのものも変える!

ペタバイトクラスも「大きなバケツ」で一括管理できる!

アクセスランキング

月刊テレコミュニケーション
ms
iot15
packet

「通信」の力でビジネスを進化させるbusinessnetwork.jp

Copyright(c) 2015 RIC TELECOM Co.,Ltd. All Rights Reserved. 記事の無断転載を禁じます