ICT×未来

免許不要の5GHz帯をLTEに使う「LAA」のインパクト

文◎藤井宏治(IT通信ジャーナリスト) 2016.02.25

  • bookmark
  • Teitter
  • 印刷

免許不要の5GHz帯を携帯電話でも利用できるようにする 「LAA」――。周波数ひっ迫解消の切り札として期待されるこの新技術は、携帯電話事業者の事業モデルを大きく変える可能性も秘めている。

 

無線LANなどで使われている5GHz帯を携帯電話のシステムで利用できるようにする新技術「LAA(Licensed-Assisted Access using LTE)」への関心が、日本でも高まってきた。

NTTドコモは、2014年8月に北京でファーウェイとLAAの協同実験を行い5GHz帯でのLTE通信に成功したと発表した。2020年に商用化が計画されている5G(第5世代移動通信システム)の運用周波数を確保する手段としても注目されている。LAAはいつごろ実用化され、移動通信市場にどのような影響を与えるのか――。

LAAとLTE-Uで世界をカバー5GHz帯や2.4GHz帯などの周波数帯は、無線LANなどの機器が無線局免許を取得せずに利用できることから「アンライセンスバンド」と呼ばれている。LAAは、日本ではすでに携帯電話システムの主力となっているLTE/LTE-Advanced(以下LTEと表記)のスペックを、日本や欧州でアンライセンスバンドを使う機器に搭載が義務付けられている干渉回避技術の「LBT(Listen Before Talk)」などに対応させ、アンライセンスバンドで運用できるようにしようとするもの。携帯電話システムの標準化組織「3GPP」で2016年春に固まる次の技術仕様書「Release13」の一部として規格化される。

 

図表 LAAのイメージ
図表 LAAのイメージ

 

3GPPでは、(1)LAA単独でアンライセンスバンドを利用するのではなく、必ず2GHz帯などの携帯電話用周波数帯とのキャリアアグリゲーション(CA)を組んで運用し、通信制御などは携帯電話周波数帯側で行う、(2)無線LANになるだけ干渉を与えないようにLAAを小セル基地局で運用するなどの基本コンセプトを固めている。

実は、LTEでアンライセンスバンドを利用するための技術規格には、LAAの外にもう1つ、米クアルコムが主導するLTE-U(LTE-Unlicensed)があり、アルカテル・ルーセント、エリクソン、クアルコム、LG、サムスン、ベライゾンが参加する推進組織「LTE-Uフォーラム」が規格策定や商用化に向けた活動を行っている。

では、LAAとLTE-Uは、どのような関係にあるのか――。クアルコムの日本法人で標準化担当部長を務める城田雅一氏は、「欧州や日本ではアンライセンスバンドで帯域を共用するための技術規格が法律で厳格で規定されているが、北米などでは細かな規定はなく、既存のシステムと共存できることが実証できれば導入ができる。そこでLTE-Uフォーラムで北米などでの導入を想定した規格を作り、3GPPでの標準化を待たずに導入できるようにしようとしている」とLTE-Uの位置付けを説明する。

 

クアルコムジャパン 標準化担当部長 城田雅一氏
クアルコムジャパン 標準化担当部長 城田雅一氏


日本の5GHz帯用機器の技術基準は世界で最も厳しいとされ、4ミリ秒間送信したら一旦電波を止め、キャリアセンスを行ってから通信を再開するといった高度な制御が義務付けられている。LAAでは、これらの仕様に対応するためLTEの仕様の大幅な変更が必要になると見られる。これに対し、LTE-UではLTEに比較的に容易に実装できる別の技術(CSMA/CSAT)で無線LANなどとの共存を実現し、早期の商用化を目指しているのだ。

続きのページは「business network.jp」の会員の方のみに閲覧していただけます。ぜひ無料登録してご覧ください。また、すでに会員登録されている方はログインしてください。

スペシャルトピックスPR

yamaha1710
softbank1710
recomot1710

>> 今月の月刊テレコミュニケーション

月刊テレコミュニケーション【特集】IoTと宇宙
<Part 1>衛星画像で超広域IoT
<Part 2>これが未来の衛星通信だ
<Part 3>センチメーター級測位がIoTを変える

◆京セラコミュニケーションシステム 黒瀬社長「Sigfoxで世の中は変わる!セルラーIoTとは別世界だ」 ◆働き方改革で用途広がるPBX/ビジネスホン ◆導入後に困らないWi-Fiを作ろう ◆“タフな無線”でドローン操縦 ◆「IoT自販機」を地域の見守り拠点に

>>詳しい目次を見る

ホワイトペーパー
次世代SPS2017_B

スペシャルトピックス

Office 365導入を成功に導くため NWを見直すべき10のポイントOffice 365導入を成功に導くため NWを見直すべき10のポイントOffice 365導入を成功に導くため
NWを見直すべき10のポイント

実際の失敗例をもとに、ネットワークの見直しのポイントを整理する。

無線LAN APだけで電子証明書も運用可能に 運用管理を容易化する工夫も満載!無線LAN APだけで 電子証明書も!

ヤマハのAPは内蔵コントローラ で複数のAPを統合管理できる。セキュリティ機能も充実だ。

Wi-Fiの見えない脅威を可視化・防御 ワイヤレスIPSをお求めやすい価格で!「見えない脅威」にさらされている
無線LANをどう守る?

Wi-Fiの見えない脅威を可視化・防御するワイヤレスIPSを手頃な価格で!

オンプレミス型のPBX/ビジネスフォンは“時代遅れ”では決してない。

機械学習/AIを使った自律運用型ネットワークをArubaは提案する。

ウォッチガードなら「導入運用の容易性」と「強固なセキュリティ」を兼ね備えたWi-Fi環境が手に入る。

パブリッククラウドの普及で、設計・構築・運用法が大きく変わった!

待望の後継機が遂に登場!電話番号の最大登録数は2倍に向上。

ソフトバンクのMDMは、管理者の運用負荷を軽減しながらセキュアな利用を可能にする。

働き方改革はICTツールの導入・活用から取り組むのが有効だ。

大量のアラートをさばくのに忙殺される、旧態依然の運用と決別しよう。

NECのソリューションなら、多様なモバイルワークをセキュアに実現!

「WhatsUp Goldならコスト半減も可能」。イプスイッチの関口氏はこう自信を見せる。

4~6人程度の会議に最適なロジクールのビデオ会議「MeetUp」とは?

ヤマハ独自の音声処理技術が、臨場感あふれる会議を実現する。

注目が集まるCASBのメリットを活かすには、運用負荷を軽減する仕掛けが不可欠だ!

アクセスランキング

月刊テレコミュニケーション
iot16
compass
packet

「通信」の力でビジネスを進化させるbusinessnetwork.jp

Copyright(c) 2015 RIC TELECOM Co.,Ltd. All Rights Reserved. 記事の無断転載を禁じます