企業ネットワーク最前線

LINE以上、UC未満の“使える”ビジネスチャットの選び方(中編)

なぜ、LINEの業務活用はキケンなのか?

文◎太田智晴(編集部) 2016.01.14

  • bookmark
  • Teitter
  • 印刷

「従業員がLINEを業務連絡に使っている」という企業はかなりの数に上るだろう。しかし、LINEをはじめとするコンシューマー向けチャットの業務活用は、情報漏えいやコンプライアンス違反などの“温床”になりかねない。

 [前編]メールでは遅すぎる!「チャット」は企業に必須のビジネスインフラへ

 

「LINEの事件がメディアで報じられたときは凄かったです。大変な数の企業から引き合いが来ました」(レジェンド・アプリケーションズの片石氏)

LINEアカウント乗っ取りによる詐欺被害が大きく報じられ始めた2014年6月。これに震撼したのは一般のLINEユーザーだけではなかった。

「LINEを業務連絡に使っている従業員がいるが、もし社員のアカウントが乗っ取られたら、会社の機密情報が漏えいするかもしれない……」

LINEを業務に活用している企業に、そのリスクを広く知らしめる契機ともなったのだ。


なりすましで業務用グループチャットに参加LINEに代表されるコンシューマー向けチャットを業務に活用している企業は現在も数多い。むろん、会社として公式に採用しているケースはそれほど多くない。そのほとんどは、いわゆる“シャドーIT”。従業員が勝手に業務に使っているケースが大半だが、これを放置しておくことは企業にとってセキュリティやコンプライアンス上、大きなリスクとなる。

では、コンシューマー向けチャットを業務に使うと、具体的にどんなリスクがあるのか。

まずは、なりすましの危険性だ。先に紹介したアカウントの乗っ取りに加え、同僚や上司になりすまして「友だち申請」され、業務用のグループチャットに参加されるといったリスクも想定される。

コンシューマー向けチャットは誰でも無料で利用できる非常にオープンなサービスだ。つまり、悪意ある者にも開放されているため、クローズドなビジネスチャットと比べれると、なりすましに遭うリスクは格段に高いのである。


退職した従業員の管理が“落とし穴”に脅威は、外部にだけあるのではない。情報漏えいの8割は内部要因といわれるように、むしろ本当に怖いのは従業員の不正やミスなどによる情報漏えいだ。

ところが、コンシューマー向けチャットには、従業員の行動を監視・制限するための仕組みが当然ながら搭載されていない。このため例えば、コンシューマー向けチャット上でやりとりされた機密情報や顧客情報を社外の人に転送しようと思えば、簡単にできてしまう。従業員はある意味、やりたい放題なのだ。

特に問題なのは、退職した元従業員の扱いである。元従業員の手元には、退職後も業務情報が残り続ける。また、管理者不在のコンシューマー向けチャットの場合、元従業員が退職後も業務用のグループチャットのメンバーで居続けてしまうという事態も起こりがちだ。

情報漏えいが現実に発生してしまった後も大変である。企業側にはログが残っていないため、流出元の特定作業は非常に困難になるだろう。

こうした課題は、情報漏えいだけではなく、パワハラ・セクハラなどのコンプライアンス問題についても言えることだ。

コンシューマー向けチャットを業務に使っている場合、パワハラ・セクハラの抑止措置を事前に講じることは難しい。また、ログもないため、発覚後に適切な処置を迅速に行うことも簡単ではない。

コンシューマー向けチャットの“黙認”は、情報漏えいの“黙認”と同義このように、コンシューマー向けチャットの業務活用には、高い危険性がある。コンシューマー向けチャットの業務活用を“黙認”することは、情報漏えいやコンプライアンス違反を誘発しかねない重大なリスクを“黙認”し続けることを意味するのだ。

そこで導入すべきなのが、企業向けに開発されたビジネスチャットである。実際、まず社内にコンシューマー向けチャットが広がり、その対策としてビジネスチャットを導入したという企業は数多い。

ビジネスチャットならば、情報漏えいやコンプライアンス違反を防ぐための管理・セキュリティ機能はもちろん、業務に役立つ様々な機能を搭載している。

次回の後編では、ビジネスチャットの具体的な機能と選び方を解説する。

 

>>この記事の読者におすすめのホワイトペーパー
会話でアイデアを磨きあげる。コミュニケーションで新しい人財を育くむ~ビジネスチャットTEんWA~
働き方を変える“ビジネス版LINE” -管理とセキュリティに特化したビジネスチャット-
チャットをビジネスで利用するための5つのポイント ~TopicRoom~

スペシャルトピックスPR

d-link1805
intel1806
comarch1806

>> 今月の月刊テレコミュニケーション

月刊テレコミュニケーション【特集】NETWORK SHIFT
         DX時代の新しいネットワーク戦略とは?
●ネットワーク仮想化最前線/●AI時代のネットワーク運用/●AWSに学ぶネットワーク構築/●SD-WANの現在地/●キャリア・OTTで進むネットワークのオープン化/●ISDN&PHSの移行戦略

◆[インタビュー] OKI 坪井正志常務「社会インフラ×IoTに確信」 ◆大量接続と低遅延を両立の「次期5G NR」 ◆NTT、B2B2Xの世界展開へ

>>詳しい目次を見る

ホワイトペーパー

スペシャルトピックス

moconavi今いる場所がオフィスになる!
moconaviで安全なモバイルワーク

場所を問わない新しい働き方の実現には、ICT環境の整備も不可欠だ。

サンテレホンサンテレホンがICT総合展示会
ビジネス伸ばす製品群が一堂に

東京ドームシティ・プリズムホールで7月18・19日開催!

インテル5Gをエンドツーエンドでカバー
新たな価値創出を目指すインテル

インテルは強みの仮想化技術で5G時代のネットワーク構築に貢献する。

コマーチキャリア向けOSS/BSSに強み
自動化やe-ヘルスで社会課題解決

自動化やe-ヘルスで多くの実績を持つコマーチが日本市場に参入した。

ブロードメディア・テクノロジーズ小森コーポレーションが
Aryakaで日中間通信を安定化!

日系企業の中国ビジネスに立ちはだかるのが通信環境の問題だ。

IIJグローバルソリューションズ日中間ネットワークの安定運用へ
VPN規制を乗り切る解決策提供

安定的な越境通信を実現するには何が必要か?

NTTコミュニケーションズIoTビジネスの種まきから結実まで
NTT Comの「次の一手」とは

自社発行型eSIMでの新サービス提供に期待!

SAS Institute Japanデータ分析の老舗、SASが提案するIoT時代のデータ活用

IoTのはじめの一歩を踏み出す前に考えるべきポイントは?

SigfoxSigfoxが開始1年で100万回線!
いよいよ花開くIoTビジネス

LPWAの代表格「Sigfox」の最新動向と活用事例を徹底レポート!

WatchGuard Wi-Fi Cloud不正APを自動遮断するWIPS搭載!
ソーシャルWi-Fiで販促支援も

セキュアな無線LAN環境を実現できる「WatchGuard Wi-Fi Cloud」

無線LAN構築・運用のポイントをSCSKが語る

無線LANの大きなトレンドとなっている「クラウドWi-Fi」で課題解決!

ジェイピー・セキュア導入実績100万サイト以上の
国産WAF「SiteGuard」

業界最速レベルで防御機能を提供するジェイピー・セキュアのWAF製品

ライムライト・ネットワークスクラウド型WAFでWebサイトを保護

ライムライトなら、自社のCDNやDDoS対策との多層防御でオリジンサーバーを攻撃から防御できる。

Office 365ユーザは使わなきゃ損
Teamsでチームワークが劇的に!

Office 365の新ツール「Teams」を使い始める企業が続出している。

アクセスランキング

tc1807_b
iot
compass

「通信」の力でビジネスを進化させるbusinessnetwork.jp

Copyright(c) 2018 RIC TELECOM Co.,Ltd. All Rights Reserved. 記事の無断転載を禁じます