企業ネットワーク最前線

LINE以上、UC未満の“使える”ビジネスチャットの選び方(中編)

なぜ、LINEの業務活用はキケンなのか?

文◎太田智晴(編集部) 2016.01.14

  • bookmark
  • Teitter
  • 印刷

「従業員がLINEを業務連絡に使っている」という企業はかなりの数に上るだろう。しかし、LINEをはじめとするコンシューマー向けチャットの業務活用は、情報漏えいやコンプライアンス違反などの“温床”になりかねない。

 [前編]メールでは遅すぎる!「チャット」は企業に必須のビジネスインフラへ

 

「LINEの事件がメディアで報じられたときは凄かったです。大変な数の企業から引き合いが来ました」(レジェンド・アプリケーションズの片石氏)

LINEアカウント乗っ取りによる詐欺被害が大きく報じられ始めた2014年6月。これに震撼したのは一般のLINEユーザーだけではなかった。

「LINEを業務連絡に使っている従業員がいるが、もし社員のアカウントが乗っ取られたら、会社の機密情報が漏えいするかもしれない……」

LINEを業務に活用している企業に、そのリスクを広く知らしめる契機ともなったのだ。


なりすましで業務用グループチャットに参加LINEに代表されるコンシューマー向けチャットを業務に活用している企業は現在も数多い。むろん、会社として公式に採用しているケースはそれほど多くない。そのほとんどは、いわゆる“シャドーIT”。従業員が勝手に業務に使っているケースが大半だが、これを放置しておくことは企業にとってセキュリティやコンプライアンス上、大きなリスクとなる。

では、コンシューマー向けチャットを業務に使うと、具体的にどんなリスクがあるのか。

まずは、なりすましの危険性だ。先に紹介したアカウントの乗っ取りに加え、同僚や上司になりすまして「友だち申請」され、業務用のグループチャットに参加されるといったリスクも想定される。

コンシューマー向けチャットは誰でも無料で利用できる非常にオープンなサービスだ。つまり、悪意ある者にも開放されているため、クローズドなビジネスチャットと比べれると、なりすましに遭うリスクは格段に高いのである。


退職した従業員の管理が“落とし穴”に脅威は、外部にだけあるのではない。情報漏えいの8割は内部要因といわれるように、むしろ本当に怖いのは従業員の不正やミスなどによる情報漏えいだ。

ところが、コンシューマー向けチャットには、従業員の行動を監視・制限するための仕組みが当然ながら搭載されていない。このため例えば、コンシューマー向けチャット上でやりとりされた機密情報や顧客情報を社外の人に転送しようと思えば、簡単にできてしまう。従業員はある意味、やりたい放題なのだ。

特に問題なのは、退職した元従業員の扱いである。元従業員の手元には、退職後も業務情報が残り続ける。また、管理者不在のコンシューマー向けチャットの場合、元従業員が退職後も業務用のグループチャットのメンバーで居続けてしまうという事態も起こりがちだ。

情報漏えいが現実に発生してしまった後も大変である。企業側にはログが残っていないため、流出元の特定作業は非常に困難になるだろう。

こうした課題は、情報漏えいだけではなく、パワハラ・セクハラなどのコンプライアンス問題についても言えることだ。

コンシューマー向けチャットを業務に使っている場合、パワハラ・セクハラの抑止措置を事前に講じることは難しい。また、ログもないため、発覚後に適切な処置を迅速に行うことも簡単ではない。

コンシューマー向けチャットの“黙認”は、情報漏えいの“黙認”と同義このように、コンシューマー向けチャットの業務活用には、高い危険性がある。コンシューマー向けチャットの業務活用を“黙認”することは、情報漏えいやコンプライアンス違反を誘発しかねない重大なリスクを“黙認”し続けることを意味するのだ。

そこで導入すべきなのが、企業向けに開発されたビジネスチャットである。実際、まず社内にコンシューマー向けチャットが広がり、その対策としてビジネスチャットを導入したという企業は数多い。

ビジネスチャットならば、情報漏えいやコンプライアンス違反を防ぐための管理・セキュリティ機能はもちろん、業務に役立つ様々な機能を搭載している。

次回の後編では、ビジネスチャットの具体的な機能と選び方を解説する。

 

>>この記事の読者におすすめのホワイトペーパー
会話でアイデアを磨きあげる。コミュニケーションで新しい人財を育くむ~ビジネスチャットTEんWA~
働き方を変える“ビジネス版LINE” -管理とセキュリティに特化したビジネスチャット-
チャットをビジネスで利用するための5つのポイント ~TopicRoom~

スペシャルトピックスPR

aruba1803
daiwa1802
ms1802

>> 今月の月刊テレコミュニケーション

月刊テレコミュニケーション【特集】働き方改革×デジタルの
   新・教科書

5G+ロボットで遠隔就労/IoT家具で生産性向上/サテライトオフィス/RPAに単純作業はお任せ/音声AIが仕事を変える日

◆ノキア ジョン・ハリントン社長「5Gだけが『次世代』ではない。エンタープライズ市場への参入で拡大戦略」/◆NTTドコモの「トップガン営業」/◆LTE網を汎用ハードとOSSで作る/◆Tモバイルが600MHz帯に5G導入/◆マルチクラウド化の準備を始めよう!◆日立製作所のSD-WAN導入

>>詳しい目次を見る

ホワイトペーパー

スペシャルトピックス

Office 365ユーザは使わなきゃ損
Teamsでチームワークが劇的に!

Office 365の新ツール「Teams」を使い始める企業が続出している。

CASO新技術のホワイトボックス
M2Mルーターは「切れない接続」

Foxconnグループでホワイトボックスを展開するCASO。

東京エレクトロンデバイスグローバル企業のSaaS活用を後押し
マルチクラウド化の準備はCASBで

マルチクラウドを一元的に管理したい。そんな望みを叶えられる。

拠点・モバイルをつなぐだけ!
クラウドの安全はシンプルに守る

クラウド利用の拡大とともに複雑化するセキュリティ課題を解決!

NetskopeCASBでクラウドはどこまで操れるか
既存のセキュリティとどう違う?
 

Netskopeを例にCASBの機能と使い方、メリットを整理した。

ソフトバンクソフトバンクがSMB向けの
ソリューションパートナー募集!

働き方改革を中心に新たなソリューション開発を支援する。

日本マイクロソフトSkype for Businessを
快適に使いこなすコツとは?

UCの導入効果を最大化するためには備えが必要だ。

日本ビジネスシステムズ“電話”からはじめる働き方改革!

日本ビジネスシステムズのクラウドPBXは、働き方改革を目指す日本企業にピッタリのIP電話サービスだ。

Dialpadピュアクラウドで進化し続ける電話

「PBXを買いたくない」「電話回線を引きたくない」。そんな企業に最適なクラウドテレフォニーがある。

東京エレクトロンデバイスIoTデバイス特化のAIで異常検知

IoTデバイスを狙ったマルウェアが急増中だ。ZingBox IoT Guardianは、IoTに特化したAIで検知する。

Aruba次世代NACでIoTの脅威をブロック

Arubaの次世代NACはエージェントレスでIoT端末にも対応! リスクを検知し有害端末を隔離できる。

ダイワテクニカルハドルルーム向け高品質テレビ会議
販売店の手軽なプラスワン商材に!

4KとGoogleアシスタント対応
販売価格は破格の約12万5000円!

日本マイクロソフトOffice 365の悩みはオフロードで解決! NIerが教えるNW構築法

Office 365の導入支援で豊富な実績を持つNIer 3社に秘訣を聞いた。

アイキューブドシステムズスマホでOffice 365をセキュアに
MDMには“働き過ぎ防止”機能

端末にデータを残さずブラウザやメーラー等のアプリを利用できる。

マクニカネットワークスセキュリティと生産性向上を両立
モバイル活用に必須のEMMとは?

スマートデバイスの業務利用に本当に必要なのは「EMM」だ。

ネットモーションソフトウェアあらゆる環境で「切れないVPN」

「スマホのアンテナは立っているのにつながらない」。NetMotionなら高速かつ安定した通信が可能だ。

日本制禦機器ついにISDNが終了、コスパ追求しながら光回線へ移行する方法

既存のISDN機器を使い続けながら、毎月の通信料金は今より安く!

日本マイクロソフトWindows 10/Office 365の更新
これだけ知っていれば怖くない!

ネットワーク帯域を圧迫するアップデートをうまく乗り切るには?

アクセスランキング

月刊テレコミュニケーション20180226
ngn
compass

「通信」の力でビジネスを進化させるbusinessnetwork.jp

Copyright(c) 2017 RIC TELECOM Co.,Ltd. All Rights Reserved. 記事の無断転載を禁じます