ICT×未来

ドコモが“300Mbps化”で国内最速を11月に再び更新!――3つの周波数を束ねる新技術導入

文◎太田智晴(編集部) 2015.09.15

  • bookmark
  • Teitter
  • 印刷

NTTドコモ 取締役常務執行役員
大松澤清博氏

先週、最大262.5Mbpsへの高速化を発表したばかりのNTTドコモ。さらに今年11月には、300Mbpsへと引き上げ、国内最高速度を再更新すると明らかにした。3つの異なる周波数を束ねる新技術「3CC」により300Mbpsの下り最大通信速度を実現する。

 

NTTドコモは2015年9月15日、ネットワーク説明会を開催。LTE-Advancedサービス「PREMIUM 4G」の現状と今後の展開について、取締役常務執行役員の大松澤清博氏が説明を行った。

PREMIUM 4Gは、LTE-Advancedの主要技術の1つであるキャリアアグリゲーションを活用したサービスだ。複数の周波数を束ねて通信速度の高速化を図る。

NTTドコモは今年3月27日から、トラフィックが混雑している都市部でPREMIUM 4Gをスタート。サービス開始時点の下り最大通信速度は225Mbps、提供エリアは全国22都道府県38都市の都市部だったが、この日の説明会では今後さらにPREMIUM 4Gは進化していくとアピールした。

4つのキャリアアグリゲーションを「ベストセレクト」でさらに快適にまずは、下り最大通信速度の高速化である。すでに先週9月10日、国内最速の262.5Mbpsへの高速化がアナウンスされているが、今年11月には300Mbps化も図ることが明らかにされた。

262.5Mbpsへの高速化は、2GHz帯(15MHz幅)と1.7GHz帯(20MHz幅)という新たなキャリアアグリゲーションの組み合わせパターンで実現するもの。提供開始日は、iPhone 6s/6s Plusの発売日である9月25日で、当初はこの2機種が対応端末となる。

 

新iPhoneの発売と同時に、国内最速262.5Mbpsのサービスを東名阪の都市部で開始する


大松澤氏によると、新しいキャリアアグリゲーションのパターンが追加された効果は、最大通信速度の向上にとどまらない。全体の実効速度の向上にも大きな効果を発揮するという。

「キャリアアグリゲーションのパターンが増えることで、さらに最適に周波数を組み合わることができ、安定的な高速通信を効率的に実現できる」

 

キャリアアグリゲーション
キャリアアグリゲーションのパターンが1つ増えて4つに

 

そもそもPREMIUM 4Gの一番の目的は、最大通信速度の向上ではない。

「PREMIUM 4Gの狙いを一言でいえば、最高の快適さをいつでもお客様に提供すること。混雑している場所のボトムの実効速度を引き上げる。そこに一番大きな効果がある」

 

PREMIUM 4Gの効果
東京・渋谷駅でのPREMIUM 4Gの導入効果。最繁時の実効速度が大幅に改善されていることが分かる


PREMIUM 4Gでは、単純に周波数の組み合わせを切り替えているわけではない。端末1つひとつのスペックと電波状況という2つの要素から、最も効率的なキャリアアグリゲーションを「ベストセレクト」(大松澤氏)。こうして周波数利用効率の最大化を図っているというが、キャリアアグリゲーションのパターンが4つに増えることで、さらなる効率化が可能になるそうだ。

キャリアアグリゲーションをベストセレクト
キャリアアグリゲーションをベストセレクト

 

多くの人で混雑する駅前エリアの最繁時の実効速度が、PREMIUM 4GではLTEと比べて平均4倍向上しているというが、さらなる実効速度の向上が期待できることになる。

続きのページは「business network.jp」の会員の方のみに閲覧していただけます。ぜひ無料登録してご覧ください。また、すでに会員登録されている方はログインしてください。

スペシャルトピックスPR

softbank1710
recomot1710
IBM1710

>> 今月の月刊テレコミュニケーション

月刊テレコミュニケーション【特集】IoTと宇宙
<Part 1>衛星画像で超広域IoT
<Part 2>これが未来の衛星通信だ
<Part 3>センチメーター級測位がIoTを変える

◆京セラコミュニケーションシステム 黒瀬社長「Sigfoxで世の中は変わる!セルラーIoTとは別世界だ」 ◆働き方改革で用途広がるPBX/ビジネスホン ◆導入後に困らないWi-Fiを作ろう ◆“タフな無線”でドローン操縦 ◆「IoT自販機」を地域の見守り拠点に

>>詳しい目次を見る

ホワイトペーパー
ET展

スペシャルトピックス

パブリッククラウドの普及で、設計・構築・運用法が大きく変わった!

待望の後継機が遂に登場!電話番号の最大登録数は2倍に向上。

ソフトバンクのMDMは、管理者の運用負荷を軽減しながらセキュアな利用を可能にする。

働き方改革はICTツールの導入・活用から取り組むのが有効だ。

大量のアラートをさばくのに忙殺される、旧態依然の運用と決別しよう。

NECのソリューションなら、多様なモバイルワークをセキュアに実現!

「WhatsUp Goldならコスト半減も可能」。イプスイッチの関口氏はこう自信を見せる。

4~6人程度の会議に最適なロジクールのビデオ会議「MeetUp」とは?

ヤマハ独自の音声処理技術が、臨場感あふれる会議を実現する。

注目が集まるCASBのメリットを活かすには、運用負荷を軽減する仕掛けが不可欠だ!

ヤマトの総合物流ターミナル「羽田クロノゲート」で様々な付加価値!

RADIUS内蔵APとの連携で無線/有線LANの両方でデジタル証明書認証

LPWAネットワークを自ら構築するなら、世界で豊富な実績を誇るキャリアグレードのActilityだ。

業界最高レベルのキャリア/サービスプロバイダ向けルータが登場する。

無線プロトコルスタック「SkWAN」搭載のLPWA基地局なら、1台で最大6400台のエンドデバイスを接続できる!

IBM Watsonが最適な活用方法や脅威対策を提供! 先進のPC/スマホ一元管理を実現する「IBM MaaS360」とは?

アクセスランキング

月刊テレコミュニケーション
emc
iot15
packet

「通信」の力でビジネスを進化させるbusinessnetwork.jp

Copyright(c) 2015 RIC TELECOM Co.,Ltd. All Rights Reserved. 記事の無断転載を禁じます