ICT×未来

モバイルフォーラム2015 レポート

MVNOの次のキーワードは「IoT」と「地方創生」――三菱総研・西角氏が講演

文◎百瀬崇(ライター) 2015.03.27

  • bookmark
  • Teitter
  • 印刷

三菱総合研究所 情報通信政策研究本部
主席研究員 ICT利活用戦略グループリーダー
西角直樹氏

「格安SIM」や「格安スマホ」で人気が高まるMVNO(仮想移動体通信事業者)。総務省は2016年内に1500万までMVNO加入者を増やす目標を掲げている。今後ますますMVNOは発展していきそうだが、三菱総合研究所の西角直樹氏は、MVNOの次の活躍領域として「IoT」と「地方創生」の2つを挙げる。


三菱総合研究所 主席研究員の西角直樹氏は、2015年3月15日に開催されたイベント「モバイルフォーラム2015」で、「多様化するモバイルサービス~IoT、地方創生とMVNO」と題する講演を行った。

同氏がまず触れたのは、MVNOに対する関心の高まりについて。「1年前と比べ、グーグルで『MVNO』というキーワードで検索された数は約1.5倍に増えた。また、『格安スマホ』の検索数もMVNOに迫るほど増加している」と説明した。


グーグルにおける「MVNO」と「格安スマホ」の検索数の推移
グーグルにおける「MVNO」と「格安スマホ」の検索数の推移


MVNOは、端末と通信サービス、アプリを選ぶ自由をユーザーに提供するが、このMVNOの自由は“わかりにくさ”と表裏の関係にある。そこに登場したのが、格安スマホである。格安スマホは、端末と通信サービス、アプリをセットにすることで、“わかりにくさ”を解消。この点がユーザーに受けているという。


「選べる自由」と「簡単さ」のいいとこどりで成功した格安スマホ
「選べる自由」と「簡単さ」のいいとこどりで成功した格安スマホ


MVNO普及の背景には、それを後押しする法制度の整備もある。例えば昨秋、総務省は「モバイル創生プラン」を公表し、このなかでMVNOの契約数を2013年末の670万から2016年内に1500万まで伸ばすという目標を掲げている。

MVNOはMNO(移動体通信事業者)から回線を借りてサービスを提供するが、MVNOにとっての仕入れ値にあたるパケット接続料金の低廉化が進んだことも重要なポイントだ。現在ほとんどのMVNOはNTTドコモのネットワークを利用しているが、そのドコモのパケット接続料金は2012年から2013年の1年間で半額以下に値下がりした。


格安スマホを下支えするパケット接続料の低廉化
格安スマホを下支えするパケット接続料の低廉化


こうした接続料の低下が、格安スマホビジネスの現在の隆盛を下支えしているわけだが、西角氏はこうも指摘した。「今後もMVNO市場は拡大していくが、事業者間の競争は激化している。MVNOはある段階から、集約・統合に向かうだろう」

その一方で、格安スマホとは別の新しいMVNOビジネスが育つ可能性もある。「具体的にはIoTと地方創生がキーワードになる」という。

続きのページは「business network.jp」の会員の方のみに閲覧していただけます。ぜひ無料登録してご覧ください。また、すでに会員登録されている方はログインしてください。

スペシャルトピックスPR

macnica1705
arbor1705
checkpoint1706

>> 今月の月刊テレコミュニケーション

月刊テレコミュニケーション【特集】つながる工場の
   ネットワーク入門

  <Part 1>一般オフィスとはココが違う!産業用イーサネットの世界
  <Part 2>工場IoT化の教科書 <Part 3>つながる工場の守り方

● シスコシステムズ 執行役員 A・マッティー氏「働き方改革は“会議改革”から!世界中の会議室をコラボ空間に」 ● ソニー、100km飛ぶ「独自LPWA」で世界狙う ● ビジネスチャットの「つぶやき」で働き方改革

>>詳しい目次を見る

ホワイトペーパー
ライムライトネットワークス Dbanner

スペシャルトピックス

IBM Watsonが最適な活用方法や脅威対策を提供! 先進のPC/スマホ一元管理を実現する「IBM MaaS360」とは?

「企業向けソーシャルプラットフォーム」で働き方そのものも変える!

ペタバイトクラスも「大きなバケツ」で一括管理できる!

中堅・中小企業を支援する宝情報がUTMのサポートサービスを開始する。

教育現場への無線LAN導入を成功させるための3つのポイントとは?

スマートデバイスを標的にした未知の不正アプリにも対応できる。

設計から製造までセキュアなプロセスで、他のAndroidにはない安全性。

Webサイトの利便性とセキュリティ向上を同時に実現できる最適解とは?

東京海上日動コミュニケーションズの「働き方改革」を徹底レポート。

モバイルの安全な業務利用を実現するEMMが“次の進化”を始めている。電話やチャット、つまりUCとの連携だ。

いつものUIでSkype for Businessの機能をフル活用できる電話機が登場。

マクニカネットワークスが取り扱うIncapsulaはDDoSだけでなく、Webサーバーへの不正アクセスも防御する。

オンプレミスとクラウドの連携により、数百Gbpsのボリューム型から複雑なDDoS攻撃まで効率よく対応できる。

アクセスランキング

月刊テレコミュニケーション5月号
compass
packet

「通信」の力でビジネスを進化させるbusinessnetwork.jp

Copyright(c) 2015 RIC TELECOM Co.,Ltd. All Rights Reserved. 記事の無断転載を禁じます