企業ネットワーク最前線

NTTコムがクラウド戦略「さらなるグローバル化とSDN推進で、2000億円以上の収益目指す」

文◎百瀬崇(ライター) 2014.04.16

  • bookmark
  • Teitter
  • 印刷

NTTコミュニケーションズは2014年4月15日、同社のクラウド事業ビジョン「Global Cloud Vision」のこれまでと今後の展開を説明する記者会見を開いた。ICT市場の変化を踏まえた顧客へのバリューとして、通信事業者ならではのネットワークとクラウド連携の強化、仮想化の加速、自動化の推進の3つを挙げ、クラウド事業の収益拡大を宣言した。


記者会見にはNTTコミュニケーションズ 代表取締役社長の有馬彰氏が登壇し、まずGlobal Cloud Visionの役割について「シームレスICTソリューションで顧客の経営改革に貢献することだ」とあらためて説明。従来、拠点ごとにオンプレミスで分散して構築されていたICT環境を、NTTコムのクラウドやコロケーションサービスに移行してもらうことで、グローバルに統合できるとした。

さらに有馬氏は、「お客さまにはクラウドにつながるネットワーク、ネットワークにつながるLAN、そしてクラウド上の汎用的なアプリケーションも合わせて使ってもらっている。NTTコムは業務アプリケーションを持っていないため、そこはパートナー企業と連携している。また、セキュリティサービスや運用管理サービスも合わせて利用してほしいと考えている」と同社がトータルでICT環境を提供できることをアピールした。


Global Cloud Vision
ICT環境をNTTコムのクラウドやコロケーションに移行することで、グローバルに統合されたICT環境を実現できるという


ユーザー企業数も順調に伸びているという。例えば、Bizホスティング Enterprise Cloud/Cloudnのユーザー数は、2012年度の2400社から、2013年度は4900社へと倍増した。

具体的なユーザー事例も紹介された。HOYAは1700のサーバーの約7割をクラウド化し、ICTコストを約2~3割削減した。また、ヤマハ発動機は700あったサーバーの99%をクラウド化し、ICTコストを約3割削減することに成功した。

ANAグループは1万7000台の端末をユニファイドコミュニケーションデバイスに置き替えた。NTTコムのネットワークサービス「Arcstar Universal One」を経由し、クラウド型ユニファイドコミュニケーションソリューション「Arcstar UCasS」を活用することで、コスト削減と業務効率向上を同時に実現した。

 

ハイテンポなM&Aでグローバル展開をさらに加速

ユーザー企業数の増加に伴い、データセンターの床面積も拡大している。2012年度の15.8万平方メートルから2013年度は19.8万平方メートルに増加している。今後もデータセンターへの投資は続けていくが、メインは海外だ。「2013年度は日本と海外がほぼ10万平方メートルで同じくらいだが、海外のデータセンターを増やす取り組みを進めている。現在、建設途上にあるデータセンターはすべて海外にある」(有馬氏)


NTTコムのデータセンター面積と拠点数の推移
NTTコムのデータセンター面積と拠点数の推移


2014年度はデータセンターの面積を24.6万平方メートルまで増やす予定だが、そのうち日本は約10万平方メートル。一方、海外は約14万平方メートルで、海外の方が日本よりも約1.5倍広くなるという。

グローバル展開を加速させるため、NTTコムはM&Aも積極的に行っている。「かなり早いテンポでM&Aを実施しながら、グローバル展開の促進とサービスの充実を図っている」(有馬氏)。今年に入ってから、ネットワークサービス事業者のVirtela Technology Services社、会議サービス事業者のArkadin、データセンター事業者のRagingWire社の買収手続きが完了した。

これらの実績が評価され、米国の調査会社IDCの「APAC地域のデータセンター・クラウドサービス評価レポート」と、同ガートナーの「Magic Quadrant for Global Network Service Providers」において、NTTコムは初めてリーダーに位置付けられたという。

続きのページは「business network.jp」の会員の方のみに閲覧していただけます。ぜひ無料登録してご覧ください。また、すでに会員登録されている方はログインしてください。

スペシャルトピックスPR

watchguard1805
scsk1805
jpsecure1805

>> 今月の月刊テレコミュニケーション

月刊テレコミュニケーション【特集】プライベートLTEと
   5G URLLCの世界

[第一部]プライベートLTE 
●“Wi-Fi超え”の企業無線/●プライベートLTEを構築しよう [第二部]5G URLLC ●5Gの目玉「URLLC」とは?/●202X年、5Gはこう使う

◆[インタビュー] NTT 篠原弘道副社長 「B2B2Xで広がる可能性」 ◆クラウド管理型無線LAN ◆WAF ◆光伝送で進むオープン化

>>詳しい目次を見る

ホワイトペーパー

スペシャルトピックス

NTTコミュニケーションズIoTビジネスの種まきから結実まで
NTT Comの「次の一手」とは

自社発行型eSIMでの新サービス提供に期待!

SAS Institute Japanデータ分析の老舗、SASが提案するIoT時代のデータ活用

IoTのはじめの一歩を踏み出す前に考えるべきポイントは?

SigfoxSigfoxが開始1年で100万回線!
いよいよ花開くIoTビジネス

LPWAの代表格「Sigfox」の最新動向と活用事例を徹底レポート!

WatchGuard Wi-Fi Cloud不正APを自動遮断するWIPS搭載!
ソーシャルWi-Fiで販促支援も

セキュアな無線LAN環境を実現できる「WatchGuard Wi-Fi Cloud」

無線LAN構築・運用のポイントをSCSKが語る

無線LANの大きなトレンドとなっている「クラウドWi-Fi」で課題解決!

ジェイピー・セキュア導入実績100万サイト以上の
国産WAF「SiteGuard」

業界最速レベルで防御機能を提供するジェイピー・セキュアのWAF製品

ライムライト・ネットワークスクラウド型WAFでWebサイトを保護

ライムライトなら、自社のCDNやDDoS対策との多層防御でオリジンサーバーを攻撃から防御できる。

Office 365ユーザは使わなきゃ損
Teamsでチームワークが劇的に!

Office 365の新ツール「Teams」を使い始める企業が続出している。

CASO新技術のホワイトボックス
M2Mルーターは「切れない接続」

Foxconnグループでホワイトボックスを展開するCASO。

東京エレクトロンデバイスグローバル企業のSaaS活用を後押し
マルチクラウド化の準備はCASBで

マルチクラウドを一元的に管理したい。そんな望みを叶えられる。

拠点・モバイルをつなぐだけ!
クラウドの安全はシンプルに守る

クラウド利用の拡大とともに複雑化するセキュリティ課題を解決!

NetskopeCASBでクラウドはどこまで操れるか
既存のセキュリティとどう違う?
 

Netskopeを例にCASBの機能と使い方、メリットを整理した。

ソフトバンクソフトバンクがSMB向けの
ソリューションパートナー募集!

働き方改革を中心に新たなソリューション開発を支援する。

日本マイクロソフトSkype for Businessを
快適に使いこなすコツとは?

UCの導入効果を最大化するためには備えが必要だ。

日本ビジネスシステムズ“電話”からはじめる働き方改革!

日本ビジネスシステムズのクラウドPBXは、働き方改革を目指す日本企業にピッタリのIP電話サービスだ。

Dialpadピュアクラウドで進化し続ける電話

「PBXを買いたくない」「電話回線を引きたくない」。そんな企業に最適なクラウドテレフォニーがある。

東京エレクトロンデバイスIoTデバイス特化のAIで異常検知

IoTデバイスを狙ったマルウェアが急増中だ。ZingBox IoT Guardianは、IoTに特化したAIで検知する。

Aruba次世代NACでIoTの脅威をブロック

Arubaの次世代NACはエージェントレスでIoT端末にも対応! リスクを検知し有害端末を隔離できる。

アクセスランキング

月刊テレコミュニケーション20180226
iot
compass

「通信」の力でビジネスを進化させるbusinessnetwork.jp

Copyright(c) 2018 RIC TELECOM Co.,Ltd. All Rights Reserved. 記事の無断転載を禁じます