新製品&新サービス

VMwareが仮想ワークスペース実現する「Horizon 6」、AirWatch統合は進展中

文◎太田智晴(編集部) 2014.04.10

  • bookmark
  • Teitter
  • 印刷

いつでもどこでも、どんなデバイスでも同じように働けること――。ワークスタイル変革を実現するうえでは、こうした働き方を可能にする仮想ワークスペースが必要だ。

仮想ワークスペースを構築するためのソリューションは、様々なベンダーから提供されているが、ヴイエムウェアもその1社である。Software-Defined Data Center、ハイブリッドクラウドと並ぶ、3つの注力分野の1つとして、エンドユーザコンピューティングを掲げている。

代表取締役社長の三木泰雄氏は、エンドユーザコンピューティングのミッションを「個人のニーズに合わせた働き方を可能にする安全な仮想ワークスペースの提供」と説明。そのうえでヴイエムウェアの特徴について、「包括的なエンドユーザコンピューティング環境を提供できること」としたが、その具体的な製品となるのが「VMware Horizon」だ。ヴイエムウェアはその最新版「VMware Horizon 6」を2014年4月10日に発表した。

 

RDSのサーバーベースアプリケーションもサポート

Horizon 6は、仮想デスクトップをはじめ、仮想アプリケーション、SaaSなどを単一の統合プラットフォーム上で提供・管理できるソリューションだ。IDCの調査によれば、2013年上半期の仮想デスクトップ市場において、ヴイエムウェアはシェア40.4%でトップを獲得している。


2013年上半期の仮想デスクトップ市場のベンダー別シェア
2013年上半期の仮想デスクトップ市場のベンダー別シェア


Horizon 6の目玉の1つは、Windows ServerのRDS(リモートデスクトップサービス)によるサーバーベースアプリケーションを新たにサポートしたこと。また、Office 365、競合であるシトリックスのXenAppと、「サポートするアプリケーションが非常に増えている」とマーケティング本部 シニアプロダクトマーケティングマネージャの本田豊氏は紹介した。


ユーザーは様々な種類のアプリケーションに統合的にアクセス可能
ユーザーは様々な種類のアプリケーションに統合的にアクセス可能


ユーザーは、統合的なアプリケーションカタログ画面から、これらアプリケーションにシングルサインオン可能。もちろん、PC、Mac、スマートデバイスとマルチデバイスに対応している。


iPadでのデモ画面
iPadでのデモ画面

 

「AirWatchの機能を入れていく作業はすでに始まっている」

会見では、ヴイエムウェアが2月下旬に買収を完了したMDMベンダー、AirWatch社についても言及された。

米VMware プロダクトマーケティングディレクター エンドユーザコンピューティングのヴィクター・トゥ氏は、「AirWatch社の買収という動きを見てもらえば、我々がモバイルを含めた包括的なエンドユーザコンピューティングの提供に、いかに力を入れているかが理解してもらえると思う」とコメント。

今回のHorizon 6ではAirWatchの機能は統合されていないが、「AirWatchの機能をHorizonに入れていく作業はすでに始まっている」という。

 

スペシャルトピックスPR

yamaha1706
sony1706
nec1707

>> 今月の月刊テレコミュニケーション

月刊テレコミュニケーション【特集】つながる工場の
   ネットワーク入門

  <Part 1>一般オフィスとはココが違う!産業用イーサネットの世界
  <Part 2>工場IoT化の教科書 <Part 3>つながる工場の守り方

● シスコシステムズ 執行役員 A・マッティー氏「働き方改革は“会議改革”から!世界中の会議室をコラボ空間に」 ● ソニー、100km飛ぶ「独自LPWA」で世界狙う ● ビジネスチャットの「つぶやき」で働き方改革

>>詳しい目次を見る

ホワイトペーパー
IIJグローバルソリューションズ

スペシャルトピックス

IBM Watsonが最適な活用方法や脅威対策を提供! 先進のPC/スマホ一元管理を実現する「IBM MaaS360」とは?

「企業向けソーシャルプラットフォーム」で働き方そのものも変える!

ペタバイトクラスも「大きなバケツ」で一括管理できる!

中堅・中小企業を支援する宝情報がUTMのサポートサービスを開始する。

教育現場への無線LAN導入を成功させるための3つのポイントとは?

スマートデバイスを標的にした未知の不正アプリにも対応できる。

設計から製造までセキュアなプロセスで、他のAndroidにはない安全性。

Webサイトの利便性とセキュリティ向上を同時に実現できる最適解とは?

東京海上日動コミュニケーションズの「働き方改革」を徹底レポート。

モバイルの安全な業務利用を実現するEMMが“次の進化”を始めている。電話やチャット、つまりUCとの連携だ。

いつものUIでSkype for Businessの機能をフル活用できる電話機が登場。

マクニカネットワークスが取り扱うIncapsulaはDDoSだけでなく、Webサーバーへの不正アクセスも防御する。

オンプレミスとクラウドの連携により、数百Gbpsのボリューム型から複雑なDDoS攻撃まで効率よく対応できる。

アクセスランキング

月刊テレコミュニケーション5月号
compass
packet

「通信」の力でビジネスを進化させるbusinessnetwork.jp

Copyright(c) 2015 RIC TELECOM Co.,Ltd. All Rights Reserved. 記事の無断転載を禁じます