企業ネットワーク最前線

“お客好みのUC”を短期に開発・提供――NECネッツエスアイが業務特化型で市場開拓

文◎坪田弘樹(編集部) 2014.03.12

  • bookmark
  • Teitter
  • 印刷

NECネッツエスアイがユニファイドコミュニケーション(UC)の新ビジネスを始めた。通話やチャット、ビデオ等を組み合わせて独自アプリを開発できるプラットフォーム製品「LookieTalkie」を採用。顧客の要望に応じたUCを提供する。


「韓国は、固定も無線もブロードバンドがかなり進んでいる国です。そのインフラ上で何が使われるのか、以前から注目して商材を探し、掘り起こしたものの1つがLookieTalkie(ルッキートーキー)です」。NECネッツエスアイ・ネットワークサービス事業本部キャリア販売推進本部長の中川貴之氏はそう話す。

LookieTalkieとは韓国イニシャル・ティー社(本社:ソウル市)が開発したもので、ユニファイドコミュニケーション(UC)アプリを開発するためのミドルウェア製品だ。音声/ビデオ通話やチャット、プレゼンス、通話録音、動画配信等の機能を組み合わせたアプリを作成できる。ユーザー管理やSIP接続用ゲートウェイ機能等も備えており、マルチOS 対応のライブラリ上で、スマートデバイスやPC用のUCアプリが容易に開発、カスタマイズできる(図表)。


図表 LookieTalkieによるアプリ開発のイメージ
LookieTalkieによるアプリ開発のイメージ


NECネッツエスアイは、これを業務特化型のUCアプリを提供するためのプラットフォームとして採用した。中川氏は「業種・業界特有のニーズや、お客様独自の要望に応じてコミュニケーションツールを迅速に開発できます」と話す。すでに自治体や建築業、ECサイトなどで、導入に向けたトライアルが進められている。

“法人向けLINE”で災害対策

某自治体の災害対策本部への導入に向けて開発を進めているのが「Finger Eye」だ。“管理機能付きのLINE”と呼べるもので、スマートフォンで、テキスト/音声/ビデオを使ったグループチャットが行える。災害発生現場に赴いたスタッフがその状況をカメラで写し、動画像を災害対策本部等に配信しながら音声やテキストで説明、指示を受けるといった用途を想定している。


「Finger Eye」の画面例 「Finger Eye」の画面例 「Finger Eye」の画面例
「Finger Eye」の画面例。音声/テキスト/ビデオを使ったグループチャットが行える。災害発生現場や作業現場の写真、動画等をリアルタイムに送り、報告・指示を行うツールとして利用できる


建設・工事現場などでの応用も可能だ。作業中に行われた指示や、現場写真の送信、報告等の履歴が残るため、業務報告としても使えると評価されている。また、山中で作業する工事業者からの要望で、発信者のGPS位置情報を自動取得してグーグルマップに表示する機能も付加した。

このように“お客様好みのUC”をすぐに作れることが強みになる。「1つ1つの機能に珍しいものはなく、同じような機能が使えるUC 製品も他にたくさんあります。しかし、細かな要望を満たすアプリをお客様ごとにすぐに作れるものは、他には見当たりません」と話すのは、ソリューションビジネス企画グループ・システム課長の河西竜二氏だ。

LookieTalkieには、スマホだけでなく、CCTVカメラ等と連携する機能も備わっており、定点カメラの映像をスマートフォン画面で確認する機能も追加できる。利用例として、韓国では、鉄道会社が無人駅の監視に、警備会社がビル監視に用いている。国内の自治体でも、河川水位の監視に利用することを検討しており、アイデア次第で用途はどこまでも広がりそうだ。

一方、利用シーンを限定したアプリもある。IPトランシーバ「AirPTT」だ。トランシーバをスマートフォンで再現したもので、画面上のボタンを押した発言者の声を他のメンバーにVoIPで配信する。アナログトランシーバのような距離制限がなく、盗聴の危険もないのが利点だ。


IPトランシーバアプリ「AirPTT」
IPトランシーバアプリ「AirPTT」。スマートフォンでトランシーバが使えるほか、グループチャット機能も備える。アナログトランシーバとの接続も可能


臨時のイベント等で安くトランシーバを使いたいというニーズに応えられる。また、アナログトランシーバとの接続も可能(ゲートウェイ装置が必要)で、既存のスマートフォンにAirPPTを入れれば、トランシーバ端末を買うよりも低コストに増設できる。

続きのページは「business network.jp」の会員の方のみに閲覧していただけます。ぜひ無料登録してご覧ください。また、すでに会員登録されている方はログインしてください。

スペシャルトピックスPR

nec1710
ipswitch1710
yamaha1711

>> 今月の月刊テレコミュニケーション

月刊テレコミュニケーション【特集】IoTと宇宙
<Part 1>衛星画像で超広域IoT
<Part 2>これが未来の衛星通信だ
<Part 3>センチメーター級測位がIoTを変える

◆京セラコミュニケーションシステム 黒瀬社長「Sigfoxで世の中は変わる!セルラーIoTとは別世界だ」 ◆働き方改革で用途広がるPBX/ビジネスホン ◆導入後に困らないWi-Fiを作ろう ◆“タフな無線”でドローン操縦 ◆「IoT自販機」を地域の見守り拠点に

>>詳しい目次を見る

ホワイトペーパー
次世代SPS2017_B

スペシャルトピックス

Office 365導入を成功に導くため NWを見直すべき10のポイントOffice 365導入を成功に導くため NWを見直すべき10のポイントOffice 365導入を成功に導くため
NWを見直すべき10のポイント

実際の失敗例をもとに、ネットワークの見直しのポイントを整理する。

無線LAN APだけで電子証明書も運用可能に 運用管理を容易化する工夫も満載!無線LAN APだけで 電子証明書も!

ヤマハのAPは内蔵コントローラ で複数のAPを統合管理できる。セキュリティ機能も充実だ。

Wi-Fiの見えない脅威を可視化・防御 ワイヤレスIPSをお求めやすい価格で!「見えない脅威」にさらされている
無線LANをどう守る?

Wi-Fiの見えない脅威を可視化・防御するワイヤレスIPSを手頃な価格で!

オンプレミス型のPBX/ビジネスフォンは“時代遅れ”では決してない。

機械学習/AIを使った自律運用型ネットワークをArubaは提案する。

ウォッチガードなら「導入運用の容易性」と「強固なセキュリティ」を兼ね備えたWi-Fi環境が手に入る。

パブリッククラウドの普及で、設計・構築・運用法が大きく変わった!

待望の後継機が遂に登場!電話番号の最大登録数は2倍に向上。

ソフトバンクのMDMは、管理者の運用負荷を軽減しながらセキュアな利用を可能にする。

働き方改革はICTツールの導入・活用から取り組むのが有効だ。

大量のアラートをさばくのに忙殺される、旧態依然の運用と決別しよう。

NECのソリューションなら、多様なモバイルワークをセキュアに実現!

「WhatsUp Goldならコスト半減も可能」。イプスイッチの関口氏はこう自信を見せる。

4~6人程度の会議に最適なロジクールのビデオ会議「MeetUp」とは?

ヤマハ独自の音声処理技術が、臨場感あふれる会議を実現する。

注目が集まるCASBのメリットを活かすには、運用負荷を軽減する仕掛けが不可欠だ!

アクセスランキング

月刊テレコミュニケーション
iot16
compass
packet

「通信」の力でビジネスを進化させるbusinessnetwork.jp

Copyright(c) 2015 RIC TELECOM Co.,Ltd. All Rights Reserved. 記事の無断転載を禁じます