導入ガイド

次世代ファイアウォールの選び方[後編]――これだけは知っておきたい5つの選定ポイント

文◎太田智晴(編集部) 2014.01.17

  • bookmark
  • Teitter
  • 印刷

いよいよ次世代ファイアウォール特集も今回が最終回。後編では、自社に最適な次世代ファイアウォール製品はどう選べばいいのか。これだけは知っておきたい5つの選定ポイントを紹介する。


前編「UTMとは何が違う? アプリ識別・制御の3つの使い方」
中編「さらなる“次世代化”が続々進展」では、次世代ファイアウォールの基本的特徴や最新動向について紹介した。今回の後編では、次世代ファイアウォールを選定するうえで重要なポイントを整理する。

1.統合セキュリティを実現できるか? 脅威を本当に検知できるか?

サイバー攻撃を防ぐには、「多層防御が不可欠」というのは今や常識だ。攻撃者は様々な手法を組み合わせて攻撃を仕掛けてくる。このため、1種類のセキュリティ対策で防御することは難しく、ファイアウォール、IPS/IDS、アンチウィルスなど、何重にもセキュリティ対策を重ねることが必要だ。

1台で複数のセキュリティ機能を実現できる次世代ファイアウォールは、こうした多層防御を効率よく行えるソリューションである。機能ごとに専用のアプライアンスを導入するのと比べて、コストを大幅に削減できる。

この「統合セキュリティ」という観点では、必要なセキュリティ機能がしっかり揃っているかが大切である。ファイアウォール、IPS/IDS、アンチウィルスなどの機能は、どの次世代ファイアウォールも搭載しているが、差が現れるのは最新の脅威への対応だ。

例えば、中編では次世代ファイアウォールの最新動向として、シグネチャベースの対策では防げないゼロデイ攻撃や標的型攻撃を防御するためのセキュリティ機能を搭載するベンダーが増えていることを紹介した。こうした最新の脅威への対応が迅速なベンダーは、今後さらに新たな脅威が出てきた際にも迅速な対応が期待できる。

ただし、目新しい機能ばかりにとらわれ過ぎるのも問題だ。セキュリティ対策の基本はやはりシグネチャベース。こうした最新のセキュリティ機能の優劣だけではなく、アンチウィルスやIPS/IDSといった基本的な機能についても、できるだけ実際のブロック率などをチェックしておきたい。セキュリティ製品のテストや研究を行う第三者機関であるNSS Labsでのテスト結果を提供している次世代ファイアウォールベンダーは多いので、これが参考になるだろう。マクニカネットワークスのように、各社の製品を独自に比較検証している販売代理店もある(関連コンテンツ)。

 

NSS Labsの評価例
セキュリティ製品のテスト機関として著名なNSS Labsの評価例(出所:ジュニパーネットワークス資料)
続きのページは「business network.jp」の会員の方のみに閲覧していただけます。ぜひ無料登録してご覧ください。また、すでに会員登録されている方はログインしてください。

スペシャルトピックスPR

checkpoint1706
takarajoho1706
yamaha1706

>> 今月の月刊テレコミュニケーション

月刊テレコミュニケーション【特集】つながる工場の
   ネットワーク入門

  <Part 1>一般オフィスとはココが違う!産業用イーサネットの世界
  <Part 2>工場IoT化の教科書 <Part 3>つながる工場の守り方

● シスコシステムズ 執行役員 A・マッティー氏「働き方改革は“会議改革”から!世界中の会議室をコラボ空間に」 ● ソニー、100km飛ぶ「独自LPWA」で世界狙う ● ビジネスチャットの「つぶやき」で働き方改革

>>詳しい目次を見る

ホワイトペーパー
ライムライトネットワークス Abanner

スペシャルトピックス

「企業向けソーシャルプラットフォーム」で働き方そのものも変える!

ペタバイトクラスも「大きなバケツ」で一括管理できる!

中堅・中小企業を支援する宝情報がUTMのサポートサービスを開始する。

教育現場への無線LAN導入を成功させるための3つのポイントとは?

スマートデバイスを標的にした未知の不正アプリにも対応できる。

設計から製造までセキュアなプロセスで、他のAndroidにはない安全性。

Webサイトの利便性とセキュリティ向上を同時に実現できる最適解とは?

東京海上日動コミュニケーションズの「働き方改革」を徹底レポート。

モバイルの安全な業務利用を実現するEMMが“次の進化”を始めている。電話やチャット、つまりUCとの連携だ。

いつものUIでSkype for Businessの機能をフル活用できる電話機が登場。

マクニカネットワークスが取り扱うIncapsulaはDDoSだけでなく、Webサーバーへの不正アクセスも防御する。

オンプレミスとクラウドの連携により、数百Gbpsのボリューム型から複雑なDDoS攻撃まで効率よく対応できる。

アクセスランキング

月刊テレコミュニケーション5月号
sbw2017_2
compass
packet

「通信」の力でビジネスを進化させるbusinessnetwork.jp

Copyright(c) 2015 RIC TELECOM Co.,Ltd. All Rights Reserved. 記事の無断転載を禁じます