ビジネス・企業

シトリックス、“モバイルワークスタイル”が体験できるデモセンターを東京本社内に開設

文◎太田智晴(編集部) 2013.08.27

  • bookmark
  • Teitter
  • 印刷

シトリックス・システムズ・ジャパンは「エグゼクティブ ブリーフィング センター」を8月28日に開設する。そのテーマは「百聞は一見に如かず」。モバイルワークスタイルを肌で実感できるデモ施設だ。


シトリックス・システムズ・ジャパンは8月27日、東京本社内に8月28日に開設する「エグゼクティブ ブリーフィング センター(EBC)」を報道関係者に対して先行公開した。


エグゼクティブ ブリーフィング センター
8月28日にオープンする「エグゼクティブ ブリーフィング センター(EBC)」


EBCは、シトリックスの最新ソリューションを体感できるデモ施設だ。シトリックスはこれまで、米国(カリフォルニア、フロリダ)、インド(バンガロール)、フランス(パリ)の3カ国4カ所にEBCを開設している。4カ国目として日本を選んだ理由について、米Citrix Systemsでコーポレートコミュニケーションズ担当バイスプレジデントを務めるデイビット・ジョーンズ氏は次のように説明した。

「我々にとって日本は大きなマーケットだが、米国のEBCを訪れる日本の顧客が増加しており、『もっと近くにEBCがあればいいのに』という要望が寄せられていた」

「シトリックスはモバイルワークスタイルを可能にする」

シトリックスは自社の歴史を「リモートアクセス」の第一フェーズ、「仮想化」の第二フェーズ、そして現在にあたる第三フェーズを「モバイルワークスタイル」と整理しているが、EBCではモバイルワークスタイルのデモを直に体験することができる。「『百聞は一見に如かず』というのがEBCのテーマだと思っている」とジョーンズ氏。なかなか実感として掴みにくいモバイルワークスタイルの具体像を肌で感じてもらうことをテーマにしているようだ。

また、同氏は「シトリックスと長い付き合いのある顧客の中にも、我々の新しい姿をご存じでない方は多数いる」と話した。モバイルワークスタイルに注力する現在のシトリックスのソリューションを既存顧客に知ってもらう場としても重要というわけだ。

シトリックスは、デスクトップやアプリケーションの仮想化に始まり、MDM/MAMの「XenMobile」、エンタープライズ向けのDropboxといえる「ShareFile」、Web会議の「GoToMeeting」など、モバイルワークスタイルを実現するためのソリューションを多く揃えている。

「我々は自身のことをモバイルワークスタイルを可能にするクラウドソリューション企業と定義している。モバイルワークスタイルに必要なソリューションをすべてエンド・エンドでカバーしている点。そこにシトリックスの特徴がある」とシトリックス・システムズ・ジャパン 代表取締役社長のマイケル・キング氏は語った。

 


シトリックスのモビリティ関連ソリューション
シトリックスのモビリティ関連ソリューション


ちなみに、EBCの収益面への貢献度だが、2013年度Q1(1~3月)に160社、Q2(4~6月)には187社が訪問。グローバルで6億USドルもの収益への影響があったと推計しているそうだ。

マルチデバイス対応のデモ環境を用意

説明会では、米Citrix Systems チーフ デモ オフィサーのブラッド・ピーターソン氏によるデモも行われた。

ピーターソン氏は、「OS、アプリケーション、データの3つの世界があるが、このなかで重要なのは1つだけ。データだ」と指摘。そのうえでマルチデバイスデモ対応のワイド型マルチスクリーンを用いて、Windows PC、Mac、iPad、Androidタブレットからデバイスに依存せず、仮想化されたWindowsデスクトップや仮想化されたWindowsアプリケーションを介して、同一のデータを利用するというデモを披露した。

また、「Worx Mobile Apps」のデモも行った。Worx Mobile Appsは、XenMobileの管理下で動くセキュアな企業向けモバイルアプリケーション。ピーターソン氏はiPhoneを使って、従業員がセルフサービスでWorx Mobile Appsをインストールできること、IT管理者が必要なモバイルアプリを簡単に配信できること、プライベート用と業務用のアプリを分離できるためBYODにも対応できることなどを実演してみせた。


EBCのブリーフィングルーム トレーニングセンター
EBCのブリーフィングルーム。ビデオ会議システムが備え付けられている 今回のEBC開設に伴い、トレーニングセンター(写真)とパートナー企業が検証を行うためのコンピテンシーセンターもリニューアルされた


EBC内には、このほかビデオ会議システムが備え付けられたブリーフィングルームなども設けられ、シトリックスの「リーダーシップチーム」とのディスカッションなども可能。さらに、シトリックス社員が働くフリーアドレスオフィスの見学も行えるという。

スペシャルトピックスPR

yamaha1711
necpf1711
nec1711

>> 今月の月刊テレコミュニケーション

月刊テレコミュニケーション【特集】IoTと宇宙
<Part 1>衛星画像で超広域IoT
<Part 2>これが未来の衛星通信だ
<Part 3>センチメーター級測位がIoTを変える

◆京セラコミュニケーションシステム 黒瀬社長「Sigfoxで世の中は変わる!セルラーIoTとは別世界だ」 ◆働き方改革で用途広がるPBX/ビジネスホン ◆導入後に困らないWi-Fiを作ろう ◆“タフな無線”でドローン操縦 ◆「IoT自販機」を地域の見守り拠点に

>>詳しい目次を見る

ホワイトペーパー
次世代SPS2017_B

スペシャルトピックス

Office 365導入を成功に導くため NWを見直すべき10のポイントOffice 365導入を成功に導くため NWを見直すべき10のポイントOffice 365導入を成功に導くため
NWを見直すべき10のポイント

実際の失敗例をもとに、ネットワークの見直しのポイントを整理する。

無線LAN APだけで電子証明書も運用可能に 運用管理を容易化する工夫も満載!無線LAN APだけで 電子証明書も!

ヤマハのAPは内蔵コントローラ で複数のAPを統合管理できる。セキュリティ機能も充実だ。

Wi-Fiの見えない脅威を可視化・防御 ワイヤレスIPSをお求めやすい価格で!「見えない脅威」にさらされている
無線LANをどう守る?

Wi-Fiの見えない脅威を可視化・防御するワイヤレスIPSを手頃な価格で!

オンプレミス型のPBX/ビジネスフォンは“時代遅れ”では決してない。

機械学習/AIを使った自律運用型ネットワークをArubaは提案する。

ウォッチガードなら「導入運用の容易性」と「強固なセキュリティ」を兼ね備えたWi-Fi環境が手に入る。

パブリッククラウドの普及で、設計・構築・運用法が大きく変わった!

待望の後継機が遂に登場!電話番号の最大登録数は2倍に向上。

ソフトバンクのMDMは、管理者の運用負荷を軽減しながらセキュアな利用を可能にする。

働き方改革はICTツールの導入・活用から取り組むのが有効だ。

大量のアラートをさばくのに忙殺される、旧態依然の運用と決別しよう。

NECのソリューションなら、多様なモバイルワークをセキュアに実現!

「WhatsUp Goldならコスト半減も可能」。イプスイッチの関口氏はこう自信を見せる。

4~6人程度の会議に最適なロジクールのビデオ会議「MeetUp」とは?

ヤマハ独自の音声処理技術が、臨場感あふれる会議を実現する。

注目が集まるCASBのメリットを活かすには、運用負荷を軽減する仕掛けが不可欠だ!

アクセスランキング

月刊テレコミュニケーション
iot16
compass
packet

「通信」の力でビジネスを進化させるbusinessnetwork.jp

Copyright(c) 2015 RIC TELECOM Co.,Ltd. All Rights Reserved. 記事の無断転載を禁じます