ホワイトペーパーダウンロード

ゾーホージャパン株式会社(ManageEngine)

ネットワーク帯域監視の新常識、フローコレクタ「NetFlow Analyzer」が大規模に対応!受信性能を10倍に

SNMPやパケットキャプチャによるネットワーク監視に限界を感じていませんか? 本ホワイトペーパーでは、アプリケーション毎の負荷を迅速に把握でき、障害における問題通信の特定も1分でできるNetFlow・sFlow対応フローコネクタについて解説しています。

「ネットワークが重たくなっているが、いったい原因は何なのか……」。ネットワーク担当者にとっては、よくあるシチュエーションですが、「毎回、原因究明には大変苦労している」という人は多いはずです。

ネットワーク帯域の監視手法としては従来、SNMPやフリーのパケットキャプチャの活用が一般的でした。しかし、SNMPでは、アプリケーション毎やIPアドレス毎に帯域を可視化することは困難です。また、パケットキャプチャも可視化こそ可能ですが、解析に手間がかかるため、原因を突き止めて対策を実施するまでには多くの時間を要します。

そこで近年導入が進んでいるのが、NetFlow・sFlow対応フローコネクタによる帯域監視です。アプリケーション毎、送信元/宛先IPアドレス毎の帯域占有率を迅速に把握できるようになります。

本ホワイトペーパーでは、NetFlow・sFlowを活用した帯域監視の特徴とメリット、そして世界6500社の導入実績を持つゾーホージャパンのNetFlow・sFlow対応フローコネクタ「ManageEngine NetFlow Analyzer」について解説しています。

スペシャルトピックスPR

nttsoft201701
recomot201701
ゼンハイザー201701
  • カテゴリ
  • 企業ナビ

スペシャルトピックス

大量の通信機器の設定作業を正確かつ迅速に行い、現場へ確実に届ける!

Ruckusなら特定方向に電波を集中送信する特許技術で安定したWi-Fiを実現

USB型WiMAX2+端末をWi-Fiルーター化する史上初の製品が登場した。

日本ユニシスならセキュリティ各社との連携でユーザビリティも両立!

ドコモのLTE対応とSaaS利用の最適化の2つの進化によって、SD-WANの活用範囲は大きく広がる。

ソフトバンクが提供開始した「PrimeMeeting」なら、社内外問わずあらゆる端末から参加できる。

過酷な環境下での長期利用にも耐える「TOUGHPAD FZ-N1」はBCPやTCO削減に貢献する。

社内外の電話帳を基点にスピーディで安全なコミュニケーションを実現!

UC機能も備えた「moconavi」はMDMベースのEMMとは違う!

ゼンハイザーのスピーカーフォンなら、数人~20人超の会議まで幅広く。

ソフトバンクの「SfB連携電話会議サービス」で実現しよう。

IoTでは珍しいクルマ特化型の「クルマツナグプラットフォーム」に注目だ。

既設PBX・回線をOffice 365と連携できる「Sonus SBC」にお任せだ。

ゼンハイザーのUC向けスピーカーフォン、ヘッドセットなら、通話品質も仕事の効率もアップ!

「通信」の力でビジネスを進化させるbusinessnetwork.jp

Copyright(c) 2015 RIC TELECOM Co.,Ltd. All Rights Reserved. 記事の無断転載を禁じます