ホワイトペーパーダウンロード

日本マイクロソフト株式会社

Microsoft Lyncによるテレワークの生産性維持とチームワーク強化

東日本大震災を契機に強い関心が寄せられている「テレワーク」(在宅勤務)。社外でもオフィスと同様の生産性を維持するためには何が必要でしょうか。テレワーク成功のためのIT課題とその解決法となるMicrosoft Lyncを中核としたユニファイドコミュニケーション基盤について解説します。

現代の組織では、ビジネスのグローバル化などが一因となり、ワークスタイルが多様化しつあります。 また3月11日に発生した東日本大震災を契機に、災害に備えたリスク分散や、電力不足に起因する様々な問題への対応も必要とされています。このような背景から、働く場所をオフィスなどの特定の場所に固定しない「テレワーク」(在宅勤務)に、強い関心が寄せられています。

テレワークにおいてもITの利用は欠かせないものですが、オフィス内での利用とは異なり、セキュリティリスクの高い環境が前提となります。また対面での会話の機会が減ることで、特定のシーンにおけるコミュニケーション効率の低下への考慮も必要です。

Microsoft Lyncを中核としたマイクロソフト ユニファイド コミュニケーシ プラットフォームは、 これらリスクを確実に回避し、テレワーカーにオフィスと変わらない生産性を提供できます。

[2011年5月17日公開/PDFファイル(1.37MB)]

 

スペシャルトピックスPR

softbank201701
panasonic201701
nttsoft201701
  • カテゴリ
  • 企業ナビ

スペシャルトピックス

日本ユニシスならセキュリティ各社との連携でユーザビリティも両立!

ドコモのLTE対応とSaaS利用の最適化の2つの進化によって、SD-WANの活用範囲は大きく広がる。

ソフトバンクが提供開始した「PrimeMeeting」なら、社内外問わずあらゆる端末から参加できる。

過酷な環境下での長期利用にも耐える「TOUGHPAD FZ-N1」はBCPやTCO削減に貢献する。

社内外の電話帳を基点にスピーディで安全なコミュニケーションを実現!

UC機能も備えた「moconavi」はMDMベースのEMMとは違う!

ゼンハイザーのスピーカーフォンなら、数人~20人超の会議まで幅広く。

ソフトバンクの「SfB連携電話会議サービス」で実現しよう。

IoTでは珍しいクルマ特化型の「クルマツナグプラットフォーム」に注目だ。

既設PBX・回線をOffice 365と連携できる「Sonus SBC」にお任せだ。

ゼンハイザーのUC向けスピーカーフォン、ヘッドセットなら、通話品質も仕事の効率もアップ!

「通信」の力でビジネスを進化させるbusinessnetwork.jp

Copyright(c) 2015 RIC TELECOM Co.,Ltd. All Rights Reserved. 記事の無断転載を禁じます