ホワイトペーパーダウンロード

チェック・ポイント・ソフトウェア・テクノロジーズ株式会社

チェック・ポイントが分析する年間セキュリティ・レポート2015

1時間あたり106もの未知のマルウェアが組織にダウンロードされ、83%の組織がボットに感染しているデータが明らかになっています。さらに、情報漏洩インシデントが発生している組織の割合が81%にも上っています。脅威とリスクの実態が明らかに。そして、いかに防御していくのか? 着眼点がここに。

チェック・ポイントでは、セキュリティ動向を明らかにし、増加傾向にある問題、減少傾向にある問題を把握するため、世界中の各種データソースからイベント・データを収集し、年次で1冊のレポートにまとめ公開しています。本レポートは、2014年のデータを元に、2015年に発刊されたレポートです。

本調査は、業種や地域の異なる1,300以上の組織で実施された、チェック・ポイントのセキュリティ診断サービス「Security Checkup」で確認されたセキュリティ・イベント情報、また1万6,000を超える組織のセキュリティ・ゲートウェイから、Check Point ThreatCloud®経由で収集されたセキュリティ・イベント情報、およびCheck Point ThreatCloud Emulation Serviceに接続された、3000台以上のゲートウェイから収集された情報からデータを収集、分析しています。調査項目としては、「未知のマルウェア」、「既知のマルウェア」、「侵入行為」、「リスクの高いアプリケーション」、「情報漏洩のインシデント」から構成されています。

そのデータから見えてきたものとは? 昨今のセキュリティ実態を認識し、セキュリティ強化へ向けた有益な情報としてお役立てください。

2016年度版を新年度発刊準備中!! 先行予約をご希望の方は以下まで問合せください。
e-mail: info_jp@checkpoint.com

スペシャルトピックスPR

スマートバリュー201612
ソフトバンク201612
softbank201701
  • カテゴリ
  • 企業ナビ

スペシャルトピックス

日本ユニシスならセキュリティ各社との連携でユーザビリティも両立!

ドコモのLTE対応とSaaS利用の最適化の2つの進化によって、SD-WANの活用範囲は大きく広がる。

ソフトバンクが提供開始した「PrimeMeeting」なら、社内外問わずあらゆる端末から参加できる。

過酷な環境下での長期利用にも耐える「TOUGHPAD FZ-N1」はBCPやTCO削減に貢献する。

社内外の電話帳を基点にスピーディで安全なコミュニケーションを実現!

UC機能も備えた「moconavi」はMDMベースのEMMとは違う!

ゼンハイザーのスピーカーフォンなら、数人~20人超の会議まで幅広く。

ソフトバンクの「SfB連携電話会議サービス」で実現しよう。

IoTでは珍しいクルマ特化型の「クルマツナグプラットフォーム」に注目だ。

既設PBX・回線をOffice 365と連携できる「Sonus SBC」にお任せだ。

ゼンハイザーのUC向けスピーカーフォン、ヘッドセットなら、通話品質も仕事の効率もアップ!

「通信」の力でビジネスを進化させるbusinessnetwork.jp

Copyright(c) 2015 RIC TELECOM Co.,Ltd. All Rights Reserved. 記事の無断転載を禁じます