ホワイトペーパーダウンロード

マクニカネットワークス株式会社

仮想化・クラウド・ビッグデータがもたらしたネットワーク可視化への課題

仮想化・クラウド・モバイルなどの技術革新はネットワークを介して人々のコミュニケーションを変革する大きな力です。一方で、企業や通信事業者などのネットワーク所有者は、ネットワーク計画、管理・運用について、大きな課題に直面しています。本稿ではこれらの課題に対する解決策を考察します。

ネットワーク所有者は技術革新により多岐にわたる課題に直面している。

①仮想化とクラウドコンピューティングによってもたらされる課題:静的な物理アーキテクチャから動的な仮想アーキテクチャへの移行と、リソースアロケーションの自動化。仮想化と動的ネットワークへの移行に伴う可視化の難しさ。

②モバイルによってもたらされる課題:際限なく増加する接続デバイス数とその管理方法、セキュリティ視点での端末アクセス管理。モバイル事業者にとっては、顧客動向の正確な把握とそれに従っての設備投資が必要に。

③ビッグデータによってもたらされる課題:データの量とデータ種別の多様さ。デバイスの多様化、それらに伴うインフラ監視とセキュリティ監視の難しさ。

上記のような課題に対応するため、インフラのビジビリティという観点から、Gigamon社ではトラフィックビジビリティファブリックというコンセプトのもと、新しいアプローチでの解決策を提示している。

スペシャルトピックスPR

nttsoft201701
recomot201701
ゼンハイザー201701
  • カテゴリ
  • 企業ナビ

スペシャルトピックス

大量の通信機器の設定作業を正確かつ迅速に行い、現場へ確実に届ける!

Ruckusなら特定方向に電波を集中送信する特許技術で安定したWi-Fiを実現

USB型WiMAX2+端末をWi-Fiルーター化する史上初の製品が登場した。

日本ユニシスならセキュリティ各社との連携でユーザビリティも両立!

ドコモのLTE対応とSaaS利用の最適化の2つの進化によって、SD-WANの活用範囲は大きく広がる。

ソフトバンクが提供開始した「PrimeMeeting」なら、社内外問わずあらゆる端末から参加できる。

過酷な環境下での長期利用にも耐える「TOUGHPAD FZ-N1」はBCPやTCO削減に貢献する。

社内外の電話帳を基点にスピーディで安全なコミュニケーションを実現!

UC機能も備えた「moconavi」はMDMベースのEMMとは違う!

ゼンハイザーのスピーカーフォンなら、数人~20人超の会議まで幅広く。

ソフトバンクの「SfB連携電話会議サービス」で実現しよう。

IoTでは珍しいクルマ特化型の「クルマツナグプラットフォーム」に注目だ。

既設PBX・回線をOffice 365と連携できる「Sonus SBC」にお任せだ。

ゼンハイザーのUC向けスピーカーフォン、ヘッドセットなら、通話品質も仕事の効率もアップ!

「通信」の力でビジネスを進化させるbusinessnetwork.jp

Copyright(c) 2015 RIC TELECOM Co.,Ltd. All Rights Reserved. 記事の無断転載を禁じます