ホワイトペーパーダウンロード

トレンドマイクロ株式会社

もしマイナンバー情報が漏えいしたら?…セキュリティ対策の見直しポイントを徹底解説

「情報漏えい」は企業にとって深刻な脅威の1つですが、マイナンバー制度に向けて、まさに今、セキュリティの強化が急務となっています。万一マイナンバー情報が漏えいすると、企業はどんな損害を被るのか。また、こうしたリスクを防ぐためには、どんなセキュリティ対策が必要なのか。本ホワイトペーパーは、マイナンバー情報の漏えい対策の要点を解説しています。

2016年1月、マイナンバー制度の運用がスタートします。マイナンバーを含む個人情報は「特定個人情報」と規定され、マイナンバー法による厳しい罰則も用意されています。企業にとっては、絶対に漏えいを防がなければならない重要データが、また1つ新たに加わることになるわけです。

では、マイナンバーを漏えいすると、企業はどのような打撃を受けるのでしょうか。本ホワイトペーパーでは、海外の被害事例も交えながら、マイナンバー情報の漏えいが発生した際に想定されるリスクについて解説しています。

さらに、マイナンバー情報の漏えいを防ぐためには、どのような対策が必要なのか。その要点を「内部からの漏えいを防ぐ」「外部公開サーバと内部の重要なサーバを守る」「標的型攻撃の早期検知」の3つに整理したうえで、具体的な対策方法を紹介しています。

スペシャルトピックスPR

logicool1709
yamaha1709
uniadex1709
  • カテゴリ
  • 企業ナビ

スペシャルトピックス

4~6人程度の会議に最適なロジクールのビデオ会議「MeetUp」とは?

ヤマハ独自の音声処理技術が、臨場感あふれる会議を実現する。

注目が集まるCASBのメリットを活かすには、運用負荷を軽減する仕掛けが不可欠だ!

ヤマトの総合物流ターミナル「羽田クロノゲート」で様々な付加価値!

RADIUS内蔵APとの連携で無線/有線LANの両方でデジタル証明書認証

LPWAネットワークを自ら構築するなら、世界で豊富な実績を誇るキャリアグレードのActilityだ。

業界最高レベルのキャリア/サービスプロバイダ向けルータが登場する。

無線プロトコルスタック「SkWAN」搭載のLPWA基地局なら、1台で最大6400台のエンドデバイスを接続できる!

IBM Watsonが最適な活用方法や脅威対策を提供! 先進のPC/スマホ一元管理を実現する「IBM MaaS360」とは?

「企業向けソーシャルプラットフォーム」で働き方そのものも変える!

ペタバイトクラスも「大きなバケツ」で一括管理できる!

「通信」の力でビジネスを進化させるbusinessnetwork.jp

Copyright(c) 2015 RIC TELECOM Co.,Ltd. All Rights Reserved. 記事の無断転載を禁じます