ホワイトペーパーダウンロード

SCSK株式会社

クラウド・仮想環境のメリットを最大化するロードバランサ/ADCの選び方

ITインフラのクラウド化・仮想化が進む中、ロードバランサ/ADCにおいても仮想製品の採用が拡がっています。本資料では、仮想ロードバランサ/ADCがもたらすメリットと、仮想ADC市場においてマーケットリーダーであるBrocade SteelApp Traffic Managerの特長を紹介します。

企業ICTのクラウド化が進む中、従来は専用ハードウェアを導入して利用してきたネットワーク機能も、クラウドサービスを利用したり、プライベートクラウドの仮想基盤上で、仮想製品を導入し運用するケースが増えてきました。サーバー負荷分散や高速化、セキュリティといった、クラウド環境に欠かせない機能を集約するロードバランサ/アプリケーション・デリバリー・コントローラー(ADC)もその1つです。

クラウドサービスや仮想製品を利用することで、リードタイムの短縮や柔軟なトラフィック拡張などのメリットを獲得できます。

本ホワイトペーパーでは、仮想ロードバランサ/ADCの特長を整理し、メリットをわかりやすく解説します。さらに2003年の提供開始以来、クラウドおよび仮想環境向けに設計された業界初の仮想ロードバランサ/ADCとして、仮想ADC市場でもマーケットリーダーの評価を得ている「Brocade SteelApp Traffic Manager(旧:Riverbed Stingray Traffic Manager)」について解説します。

スペシャルトピックスPR

sony1706
yamaha1704
caso1704
  • カテゴリ
  • 企業ナビ

スペシャルトピックス

「企業向けソーシャルプラットフォーム」で働き方そのものも変える!

ペタバイトクラスも「大きなバケツ」で一括管理できる!

中堅・中小企業を支援する宝情報がUTMのサポートサービスを開始する。

教育現場への無線LAN導入を成功させるための3つのポイントとは?

スマートデバイスを標的にした未知の不正アプリにも対応できる。

設計から製造までセキュアなプロセスで、他のAndroidにはない安全性。

Webサイトの利便性とセキュリティ向上を同時に実現できる最適解とは?

東京海上日動コミュニケーションズの「働き方改革」を徹底レポート。

モバイルの安全な業務利用を実現するEMMが“次の進化”を始めている。電話やチャット、つまりUCとの連携だ。

いつものUIでSkype for Businessの機能をフル活用できる電話機が登場。

マクニカネットワークスが取り扱うIncapsulaはDDoSだけでなく、Webサーバーへの不正アクセスも防御する。

オンプレミスとクラウドの連携により、数百Gbpsのボリューム型から複雑なDDoS攻撃まで効率よく対応できる。

「通信」の力でビジネスを進化させるbusinessnetwork.jp

Copyright(c) 2015 RIC TELECOM Co.,Ltd. All Rights Reserved. 記事の無断転載を禁じます