ニュース

「ユビキタスAI時代が来る」、野村総研がITロードマップ2018年版を発表

文◎坪田弘樹(本誌) 2018.03.08

  • bookmark
  • Teitter
  • 印刷

あらゆるモノにAIが搭載される「ユビキタスAI」時代が到来する――。野村総合研究所は2018年3月8日、「ITロードマップ」の2018年版を発表した。ビジネスや社会に影響を及ぼすと考えられる情報通信技術についての予測をまとめたもの。中でも今後5年の重要技術トレンドとして挙げたのがAI、そしてエッジコンピューティングや音声インターフェースなどだ。


RPAとチャットボットでホワイトカラー業務が自動化
3つめのトレンドは、ホワイトカラー業務の自動化の進展だ。城田氏は、これを実現する技術としてRPA(Robotic Process Automation)とチャットボットを挙げた。今後の進化の方向性として、RPAについてはAIとの組み合わせが、チャットボットについては社内業務への活用など用途の拡大が進むという。

現在のRPAの用途は定型業務を反復的に行うシーンが典型例だが、今後は「OCRや自然言語処理と組み合わせて、非定型業務にもRPAが使えるようになっていく」と予測する。

また、一時的な業務でも活用の可能性があると指摘。現時点では人間がルール作成や意思決定を行い、それに従ってRPAが作業を行うかたちだが、「AIを組み合わせることでRPAが学習してルールを作る、意思決定に必要な情報を自動的に収集する」ことも可能になると話す。これにより、RPAの適用範囲はまだまだ広がっていくだろう。

チャットボットについては、顧客サポートなどのBtoC向けサービスで活用が始まっているが、今後は社内のヘルプデスクの代行など社内業務での活用が進む。


チャットボットの活用例。社内業務での活用も広がる


さらに、問い合わせに自動で回答するFAQ用途での活用法だけでなく、「取引を実行したり、処理を代行するようなチャットボットも出てくる」と城田氏は予測する。実例として米国では、家財保険の契約・請求がチャットボットで完結するサービスがすでに商用化されていることを紹介した。社内活用においても、例えば出張費の精算を代行するといった使い方が考えられるという。

音声インターフェースの社内活用も
4つめは、音声インターフェースの普及である。

グーグルやアマゾン、マイクロソフト等が、クラウドベースの音声認識サービスをSDKとして外部に無償提供しており、専門知識を持たない企業でも、自らのサービスやハードウェアにその機能を組み込むことが可能になっている。いわば誰でも、「音声で使えるサービス」が開発・提供できる状況だ。

これを活用した例として、米国のホテルでは、客室にAIアシスタント端末を設置して「ルームコンシェルジュとして使うサービスが広がっている」。



音声インターフェースのビジネス活用の例


日本でも、ダイハツ工業がクルマの定期点検・整備業務に音声インターフェースを活用している。これまで紙に手書きしていた点検結果を声で入力できるシステムを開発。両手が塞がっている状態のまま入力作業を行えるようにした。

こうしたビジネス活用の例を挙げた上で城田氏は「企業は音声ユーザーインターフェース(VUI)への準備が必要」と強調。その際の注意点として、VUI端末は画面を備えていないことが多いため、音声のみを前提としたインターフェースの設計技術が重要だと指摘した。


「音声のみ」を前提としたインターフェース設計技術が鍵になる

 

最後は、データサイエンスの民主化だ。

世界中でデータサイエンティストが不足しており、日本は絶対数が少ないことに加えて、外部から優秀な人材を採用することも難しい状況にあると城田氏は指摘する。現実的な解は、「セミプロくらいの人材を増やすこと。そういった人たちでも使えるデータサイエンスツールが必要になる」という。具体的には、プログラミング能力がなくてもUIベースで使えるツールだ。

同氏によれば最近、コーディングレスで使える新たなツールが充実し始めているという。例に挙げたのはDataRobotと、グーグルの「Cloud AutoML Vision」の2つ。ユーザー側は独自に用意したデータセットをアップロードするだけで予測モデルを自動生成する。「データサイエンティスト不足の日本ではすごく価値がある」とした。

スペシャルトピックスPR

scsk1805
jpsecure1805
limelight1805

>> 今月の月刊テレコミュニケーション

月刊テレコミュニケーション【特集】IoT FUTURE CITY
 [IoTは暮らしをどう変えるか]“おらが街”もデジタル化
 [柏の葉スマートシティ]IoT事業創造の一大拠点に
 [Fujisawa サスティナブル・スマートタウン]持続的に成長する街を
 [Fukuoka City LoRaWAN]IoTで変化を生み出す街


◆[インタビュー] NEC 河村厚男常務「キャリア事業を構造改革」 ◆「日中間通信」の課題と攻略法 ◆ソフトバンクが日本初のNB-IoT ◆モバイル市場の公正競争の今後 ◆急成長するシスコの“サービス”事業

>>詳しい目次を見る

ホワイトペーパー

スペシャルトピックス

moconavi今いる場所がオフィスになる!
moconaviで安全なモバイルワーク

場所を問わない新しい働き方の実現には、ICT環境の整備も不可欠だ。

サンテレホンサンテレホンがICT総合展示会
ビジネス伸ばす製品群が一堂に

東京ドームシティ・プリズムホールで7月18・19日開催!

インテル5Gをエンドツーエンドでカバー
新たな価値創出を目指すインテル

インテルは強みの仮想化技術で5G時代のネットワーク構築に貢献する。

コマーチキャリア向けOSS/BSSに強み
自動化やe-ヘルスで社会課題解決

自動化やe-ヘルスで多くの実績を持つコマーチが日本市場に参入した。

ブロードメディア・テクノロジーズ小森コーポレーションが
Aryakaで日中間通信を安定化!

日系企業の中国ビジネスに立ちはだかるのが通信環境の問題だ。

IIJグローバルソリューションズ日中間ネットワークの安定運用へ
VPN規制を乗り切る解決策提供

安定的な越境通信を実現するには何が必要か?

NTTコミュニケーションズIoTビジネスの種まきから結実まで
NTT Comの「次の一手」とは

自社発行型eSIMでの新サービス提供に期待!

SAS Institute Japanデータ分析の老舗、SASが提案するIoT時代のデータ活用

IoTのはじめの一歩を踏み出す前に考えるべきポイントは?

SigfoxSigfoxが開始1年で100万回線!
いよいよ花開くIoTビジネス

LPWAの代表格「Sigfox」の最新動向と活用事例を徹底レポート!

WatchGuard Wi-Fi Cloud不正APを自動遮断するWIPS搭載!
ソーシャルWi-Fiで販促支援も

セキュアな無線LAN環境を実現できる「WatchGuard Wi-Fi Cloud」

無線LAN構築・運用のポイントをSCSKが語る

無線LANの大きなトレンドとなっている「クラウドWi-Fi」で課題解決!

ジェイピー・セキュア導入実績100万サイト以上の
国産WAF「SiteGuard」

業界最速レベルで防御機能を提供するジェイピー・セキュアのWAF製品

ライムライト・ネットワークスクラウド型WAFでWebサイトを保護

ライムライトなら、自社のCDNやDDoS対策との多層防御でオリジンサーバーを攻撃から防御できる。

Office 365ユーザは使わなきゃ損
Teamsでチームワークが劇的に!

Office 365の新ツール「Teams」を使い始める企業が続出している。

CASO新技術のホワイトボックス
M2Mルーターは「切れない接続」

Foxconnグループでホワイトボックスを展開するCASO。

東京エレクトロンデバイスグローバル企業のSaaS活用を後押し
マルチクラウド化の準備はCASBで

マルチクラウドを一元的に管理したい。そんな望みを叶えられる。

拠点・モバイルをつなぐだけ!
クラウドの安全はシンプルに守る

クラウド利用の拡大とともに複雑化するセキュリティ課題を解決!

NetskopeCASBでクラウドはどこまで操れるか
既存のセキュリティとどう違う?
 

Netskopeを例にCASBの機能と使い方、メリットを整理した。

ソフトバンクソフトバンクがSMB向けの
ソリューションパートナー募集!

働き方改革を中心に新たなソリューション開発を支援する。

日本マイクロソフトSkype for Businessを
快適に使いこなすコツとは?

UCの導入効果を最大化するためには備えが必要だ。

アクセスランキング

月刊テレコミュニケーション20180226
wsd_iot_ngn
compass

「通信」の力でビジネスを進化させるbusinessnetwork.jp

Copyright(c) 2018 RIC TELECOM Co.,Ltd. All Rights Reserved. 記事の無断転載を禁じます