企業ネットワーク最前線

【LPWAフェスタ】Sigfox、LoRaWANは離陸フェーズに 関心集めた“日本発”の新LPWA規格

文◎藤井宏治(IT通信ジャーナリスト) 2017.10.06

  • bookmark
  • Teitter
  • 印刷

SigfoxやLoRaWANのビジネスの本格化や新たな技術規格の登場で、注目を集めるLPWA。その技術、製品・ソリューションが一堂に会す専門イベント「LPWAフェスタ2017」が開催された。LPWAの新たな動きをレポートする。

BluetoothとLoRaWANとの連携も技術・ビジネスセミナーで多くのセッション数が設けられたのが、LoRaWANの具体的なビジネス展開をテーマとする講演である。

推進団体のLoRa Allianceの中心メンバーの1社であるセムテックのセッションでは、まずLoRa Allianceの会員が500社を超え、42以上のオペレータがサービスを展開するなど、LoRaWANの普及がさらに大きな広がり見せていることが報告された。続いて、従来の「クラスA」仕様に加えて、基地局側の要求で「下り」の通信を可能にする「クラスB」、消費電力は増えるが下りの通信機能をさらに強化した「クラスC」などの新たな技術仕様が紹介された。

また、LoRaWANの導入形態には、①サービス事業者、自治体の通信サービスを利用する方法、②ベンダーのLoRa構築サービスを利用して自営網を構築する方法に加えて、③小規模なシステムであればキットやオープンソースのネットワークサーバーを活用して、ユーザーが自ら構築する方法もあるとし、LoRaWAN構築のための知識を得る機会などが紹介された。デバイス開発を手がけるBraveridgeのセッションでは、LPWA規格の概要が解説され「LoRaWANのシステム構築は難しくない」点が強調された。

ネットワークサーバーを手がけるActilityのセッションでは、LoRaWAN活用の最近のトレンドの1つとして位置情報を活用するユースケースが紹介された。GPSが使えないインドア環境で車椅子などの管理を行うためにBluetoothのビーコンとLoRaWANを組み合わせて活用するというもので、誤差2.5mの精度でのトラッキングが可能だという。

通信速度の制約が大きいLoRaWANでは、FOTAは実現しにくいといわれるが、Actilityではファームウェア全体ではなく修正に必要な所だけをデバイスに送り、更新を行うことで、FOTAを可能にするソリューションの提供を計画しているという。

シスコシステムズのセッションではLoRaWAN基地局からの電波を利用してセンサーにGPSを搭載しなくても20mから200mの精度での位置把握を可能にする「Geo-Location」が取り上げられた。

「Geo-Location」に対応するシスコのLoRaWANゲートウェイ装置
「Geo-Location」に対応するシスコのLoRaWANゲートウェイ装置

 
ACCESSのセッションでは、同社が開発したBluetooth搭載のLoRaWANデバイス「Human Tracker」を利用する位置情報ソリューションが紹介された。このデバイスにはGPSも搭載されており、屋内外で高精度の位置情報を把握できる。

ACCESSが展開するBluetooth搭載のLoRaWANデバイス「Human Tracker」
ACCESSが展開するBluetooth搭載のLoRaWANデバイス「Human Tracker」

 

ACCESSではHuman Trackerの活用法として、搭載されたBluetoothの機能を利用して、ヘルスメータや環境センサーなどのデバイスを収容し、LoRaWAN経由でクラウドに接続するデータブリッジとして利用することも計画しているという。エヌエスティ・グローバリストのブースでは、Bluetoothを搭載した多数のセンサーデバイスのデータを集約してLoRaWANネットワークに接続するコンバーターユニット「SpreadRouter-BLE」が展示されていた。今後、近距離無線とLPWAを組み合わせたデバイスの展開が広がりそうだ。

LoRaWANでは多彩なプレイヤーが自社のニーズに合わせたデバイスの開発に乗り出すことになると見られている。こうした動きを見据えてRedwoodCommのブースでは、世界初となるLoRa対応デバイステスター「RWC5020A」が出展されていた。東陽テクニカのブースでは同社が8月にスタートさせたLoRaWANの認証試験サービスがアピールされた。

マクニカネットワークスのブースでは、PoC向けソリューションとともに、海外で利用されているプッシュスイッチやセンサーなどの多様なLoRaWANデバイスが展示され、来場者の関心を集めた。

LoRaWANに対応したセンサーやスイッチデバイス(マクニカネットワークスブース)
LoRaWANに対応したセンサーやスイッチデバイス(マクニカネットワークスブース) 

スペシャルトピックスPR

hpearuba1711
watchguard1711
watchguard1712

>> 今月の月刊テレコミュニケーション

月刊テレコミュニケーション【特集】つながるクルマが「移動」を変える
     モビリティIoT革命


◆[インタビュー]シスコ鈴木専務「IoTの幻滅期をいち早く経験したシスコは他社の1年先を行く」 ◆920MHz帯“大混雑時代”の対応策に ◆LPWAで地域活性化に挑む藤枝市 ◆handyがホテルの客室電話を変える ◆ネットワークセキュリティの新常識 ◆IoTルーター/ゲートウェイの最新トレンド

>>詳しい目次を見る

ホワイトペーパー
日本IBM

スペシャルトピックス

サクサ中小企業も容易にセキュリティ対策

サクサのUTM「SS5000」は、コンパクトながら充実機能。外部だけでなく内部の脅威にも対応できる。

Office 365ADCでOffice 365通信の課題解決!

Office 365通信の課題であるプロキシ/FWの負荷増大と運用の複雑化を一気に解決するのがADCだ。

ウォッチガード・テクノロジー・ジャパンネットワークとPCを同時に守る!

ウォッチガードはNW防御にエンドポイントでのセンサー技術を組み合わせ、包括的で効果的な対策を実現!

サイバーリーズンAIで攻撃の兆候をリアルタイム検知
既知だけでなく未知の脅威も防御

AIを活用した独自分析技術で、悪意ある振る舞いを検知するEDR製品。

パロアルトネットワークスGTP-C/GTP-Uのセキュリティ強化
次世代FWをモバイル網に適用

携帯電話事業者のネットワークは次世代ファイアウォールが守る。

NECマグナスコミュニケーションズPHS/ISDNからLTEへ簡単移行!

「マルチキャリアで冗長化したい」「シリアルI/Fなど既存環境に手を加えたくない」といった声に応える。

アットマークテクノ柔軟な拡張性・出荷実績30万台の
安心感の日本製IoTゲートウェイ

ASEAN中心に認証を取得で、IoTシステムの海外展開にも便利だ。

Office 365導入を成功に導くため NWを見直すべき10のポイントOffice 365導入を成功に導くため NWを見直すべき10のポイントOffice 365導入を成功に導くため
NWを見直すべき10のポイント

実際の失敗例をもとに、ネットワークの見直しのポイントを整理する。

無線LAN APだけで電子証明書も運用可能に 運用管理を容易化する工夫も満載!無線LAN APだけで 電子証明書も!

ヤマハのAPは内蔵コントローラ で複数のAPを統合管理できる。セキュリティ機能も充実だ。

Wi-Fiの見えない脅威を可視化・防御 ワイヤレスIPSをお求めやすい価格で!「見えない脅威」にさらされている
無線LANをどう守る?

Wi-Fiの見えない脅威を可視化・防御するワイヤレスIPSを手頃な価格で!

オンプレミス型のPBX/ビジネスフォンは“時代遅れ”では決してない。

機械学習/AIを使った自律運用型ネットワークをArubaは提案する。

ウォッチガードなら「導入運用の容易性」と「強固なセキュリティ」を兼ね備えたWi-Fi環境が手に入る。

パブリッククラウドの普及で、設計・構築・運用法が大きく変わった!

待望の後継機が遂に登場!電話番号の最大登録数は2倍に向上。

ソフトバンクのMDMは、管理者の運用負荷を軽減しながらセキュアな利用を可能にする。

働き方改革はICTツールの導入・活用から取り組むのが有効だ。

大量のアラートをさばくのに忙殺される、旧態依然の運用と決別しよう。

NECのソリューションなら、多様なモバイルワークをセキュアに実現!

「WhatsUp Goldならコスト半減も可能」。イプスイッチの関口氏はこう自信を見せる。

アクセスランキング

月刊テレコミュニケーション201712
wj2018a
compass
packet

「通信」の力でビジネスを進化させるbusinessnetwork.jp

Copyright(c) 2017 RIC TELECOM Co.,Ltd. All Rights Reserved. 記事の無断転載を禁じます