企業ネットワーク最前線

【LPWAフェスタ】Sigfox、LoRaWANは離陸フェーズに 関心集めた“日本発”の新LPWA規格

文◎藤井宏治(IT通信ジャーナリスト) 2017.10.06

  • bookmark
  • Teitter
  • 印刷

SigfoxやLoRaWANのビジネスの本格化や新たな技術規格の登場で、注目を集めるLPWA。その技術、製品・ソリューションが一堂に会す専門イベント「LPWAフェスタ2017」が開催された。LPWAの新たな動きをレポートする。

BluetoothとLoRaWANとの連携も技術・ビジネスセミナーで多くのセッション数が設けられたのが、LoRaWANの具体的なビジネス展開をテーマとする講演である。

推進団体のLoRa Allianceの中心メンバーの1社であるセムテックのセッションでは、まずLoRa Allianceの会員が500社を超え、42以上のオペレータがサービスを展開するなど、LoRaWANの普及がさらに大きな広がり見せていることが報告された。続いて、従来の「クラスA」仕様に加えて、基地局側の要求で「下り」の通信を可能にする「クラスB」、消費電力は増えるが下りの通信機能をさらに強化した「クラスC」などの新たな技術仕様が紹介された。

また、LoRaWANの導入形態には、①サービス事業者、自治体の通信サービスを利用する方法、②ベンダーのLoRa構築サービスを利用して自営網を構築する方法に加えて、③小規模なシステムであればキットやオープンソースのネットワークサーバーを活用して、ユーザーが自ら構築する方法もあるとし、LoRaWAN構築のための知識を得る機会などが紹介された。デバイス開発を手がけるBraveridgeのセッションでは、LPWA規格の概要が解説され「LoRaWANのシステム構築は難しくない」点が強調された。

ネットワークサーバーを手がけるActilityのセッションでは、LoRaWAN活用の最近のトレンドの1つとして位置情報を活用するユースケースが紹介された。GPSが使えないインドア環境で車椅子などの管理を行うためにBluetoothのビーコンとLoRaWANを組み合わせて活用するというもので、誤差2.5mの精度でのトラッキングが可能だという。

通信速度の制約が大きいLoRaWANでは、FOTAは実現しにくいといわれるが、Actilityではファームウェア全体ではなく修正に必要な所だけをデバイスに送り、更新を行うことで、FOTAを可能にするソリューションの提供を計画しているという。

シスコシステムズのセッションではLoRaWAN基地局からの電波を利用してセンサーにGPSを搭載しなくても20mから200mの精度での位置把握を可能にする「Geo-Location」が取り上げられた。

「Geo-Location」に対応するシスコのLoRaWANゲートウェイ装置
「Geo-Location」に対応するシスコのLoRaWANゲートウェイ装置

 
ACCESSのセッションでは、同社が開発したBluetooth搭載のLoRaWANデバイス「Human Tracker」を利用する位置情報ソリューションが紹介された。このデバイスにはGPSも搭載されており、屋内外で高精度の位置情報を把握できる。

ACCESSが展開するBluetooth搭載のLoRaWANデバイス「Human Tracker」
ACCESSが展開するBluetooth搭載のLoRaWANデバイス「Human Tracker」

 

ACCESSではHuman Trackerの活用法として、搭載されたBluetoothの機能を利用して、ヘルスメータや環境センサーなどのデバイスを収容し、LoRaWAN経由でクラウドに接続するデータブリッジとして利用することも計画しているという。エヌエスティ・グローバリストのブースでは、Bluetoothを搭載した多数のセンサーデバイスのデータを集約してLoRaWANネットワークに接続するコンバーターユニット「SpreadRouter-BLE」が展示されていた。今後、近距離無線とLPWAを組み合わせたデバイスの展開が広がりそうだ。

LoRaWANでは多彩なプレイヤーが自社のニーズに合わせたデバイスの開発に乗り出すことになると見られている。こうした動きを見据えてRedwoodCommのブースでは、世界初となるLoRa対応デバイステスター「RWC5020A」が出展されていた。東陽テクニカのブースでは同社が8月にスタートさせたLoRaWANの認証試験サービスがアピールされた。

マクニカネットワークスのブースでは、PoC向けソリューションとともに、海外で利用されているプッシュスイッチやセンサーなどの多様なLoRaWANデバイスが展示され、来場者の関心を集めた。

LoRaWANに対応したセンサーやスイッチデバイス(マクニカネットワークスブース)
LoRaWANに対応したセンサーやスイッチデバイス(マクニカネットワークスブース) 

スペシャルトピックスPR

softbank1710
recomot1710
IBM1710

>> 今月の月刊テレコミュニケーション

月刊テレコミュニケーション【特集】セルラーLPWAでGO!
●LTE-MとNB-IoTの違い/●世界のセルラーLPWA商用展開マップ/●注目セルラーLPWA事例 ほか

◆[インタビュー]NTTドコモ 執行役員 大野友義氏「対話型AIであらゆる生活を革新」 ◆LTEコードレス「sXGP」- 自営PHSから自営LTEへ ◆OTTも参戦!海底ケーブル市場の今 ◆ネットワーク監視ツール ◆働き方改革で拡大する法人スマデバ

>>詳しい目次を見る

ホワイトペーパー
yamaha_YSL_V810

スペシャルトピックス

パブリッククラウドの普及で、設計・構築・運用法が大きく変わった!

待望の後継機が遂に登場!電話番号の最大登録数は2倍に向上。

ソフトバンクのMDMは、管理者の運用負荷を軽減しながらセキュアな利用を可能にする。

働き方改革はICTツールの導入・活用から取り組むのが有効だ。

大量のアラートをさばくのに忙殺される、旧態依然の運用と決別しよう。

NECのソリューションなら、多様なモバイルワークをセキュアに実現!

「WhatsUp Goldならコスト半減も可能」。イプスイッチの関口氏はこう自信を見せる。

4~6人程度の会議に最適なロジクールのビデオ会議「MeetUp」とは?

ヤマハ独自の音声処理技術が、臨場感あふれる会議を実現する。

注目が集まるCASBのメリットを活かすには、運用負荷を軽減する仕掛けが不可欠だ!

ヤマトの総合物流ターミナル「羽田クロノゲート」で様々な付加価値!

RADIUS内蔵APとの連携で無線/有線LANの両方でデジタル証明書認証

LPWAネットワークを自ら構築するなら、世界で豊富な実績を誇るキャリアグレードのActilityだ。

業界最高レベルのキャリア/サービスプロバイダ向けルータが登場する。

無線プロトコルスタック「SkWAN」搭載のLPWA基地局なら、1台で最大6400台のエンドデバイスを接続できる!

IBM Watsonが最適な活用方法や脅威対策を提供! 先進のPC/スマホ一元管理を実現する「IBM MaaS360」とは?

アクセスランキング

月刊テレコミュニケーション
ms
iot15
packet

「通信」の力でビジネスを進化させるbusinessnetwork.jp

Copyright(c) 2015 RIC TELECOM Co.,Ltd. All Rights Reserved. 記事の無断転載を禁じます