導入・選定ガイド

LINE以上、UC未満の“使える”ビジネスチャットの選び方(後編)

失敗しない「ビジネスチャット」の選び方

文◎太田智晴(編集部) 2016.02.09

  • bookmark
  • Teitter
  • 印刷

LINEに代表されるコンシューマー向けチャットを業務で使うのは非常にリスキー。そこで導入企業が増えているのが、企業向けの管理・セキュリティ機能などを備えたビジネスチャットだ。しかし、ビジネスチャットの数は非常に多く、どれを選べばいいのか迷いどころ。後編では、ビジネスチャット選びのポイントを整理する。

 

ビジネスチャットの導入を検討している企業には大きく2種類ある。1つは、すでにLINEなどのコンシューマー向けチャットが社内に広まっており、管理・セキュリティ上の課題を解決するため、ビジネスチャットに移行しようと考えている企業である。

もう1つは、社内コミュニケーション環境の改善・改革を行いたいと考えており、そのツールの1つの候補としてビジネスチャットを検討している企業だ。

前者の場合、チャットを業務に活用するメリットは理解しているし、実際そのメリットをすでに享受している。あとは、どのビジネスチャットを選ぶか、という問題だけだ。

一方、後者の場合、まずは自社に本当に必要なのがビジネスチャットなのかどうかを判断しなければならない。

「UCか?ビジネスチャットか?」は間違いビジネスチャットベンダー各社によると、ビジネスチャットと比較検討されることが多いツールの筆頭が、UC(ユニファイドコミュニケーション)だという。マイクロソフトの「Skype for Business(旧Lync)」などが代表的なUCソリューションだ。

ビジネスチャットに分類される製品・サービスは、テキストでのコミュニケーションを主体にしている(ビデオ通話機能などを備えているビジネスチャットもある)。一方、UCはテキストだけではなく、音声、ビデオ、デスクトップ共有などのコミュニケーション機能も統合的に備えている。「ならば、より多機能なUCを導入したほうがいいのでは」と考えるのも自然なように思える。

しかし、ビジネスチャットとUCは、似ているようでいて、だいぶ違うツールだ。

まず決定的に違うのは、UCの場合、テキストチャットは補完的なコミュニケーション手段として位置付けられているケースがほとんどな点だ。これに対して、ビジネスチャットはテキストが主役。当然、テキストチャットに関連する機能は、UCよりもビジネスチャットのほうが充実している。

また、UCは必要な人をその都度選択してコミュニケーションするツールという性格が強い。一方、ビジネスチャットは特定メンバーが継続的にコミュニケーションするのにも適している。部署やプロジェクト単位でグループチャット用のルームを作り、その中で継続的に業務連絡や情報共有を行えるからだ。

代替する既存ツールも違っている。UCは主に電話の代替手段として導入されているのに対して、ビジネスチャットは主に社内メールを代替する。

さらにいえば、ユーザビリティにも違いがある。UCの課題として操作性がよく挙がる一方、LINEがここまで普及した今、ITリテラシーの高くない人でもビジネスチャットなら使いこなせる。

このようにテキストチャット機能を同様に備えていても、UCとビジネスチャットはその目的や性格が異なったツールだ。本特集のタイトルは「LINE以上、UC未満の“使える”ビジネスチャットの選び方」だが、ビジネスチャットを機能的に「UC未満」と捉えるのは間違い。「UC未満」といえるのは、導入や普及のハードルの低さだ。「LINEのようなコミュニケーションツールが欲しい」と考えているのであれば、迷わずUCではなくビジネスチャットを選ぶべきである。

スペシャルトピックスPR

yamaha1711
necpf1711
nec1711

>> 今月の月刊テレコミュニケーション

月刊テレコミュニケーション【特集】IoTと宇宙
<Part 1>衛星画像で超広域IoT
<Part 2>これが未来の衛星通信だ
<Part 3>センチメーター級測位がIoTを変える

◆京セラコミュニケーションシステム 黒瀬社長「Sigfoxで世の中は変わる!セルラーIoTとは別世界だ」 ◆働き方改革で用途広がるPBX/ビジネスホン ◆導入後に困らないWi-Fiを作ろう ◆“タフな無線”でドローン操縦 ◆「IoT自販機」を地域の見守り拠点に

>>詳しい目次を見る

ホワイトペーパー
次世代SPS2017_B

スペシャルトピックス

Office 365導入を成功に導くため NWを見直すべき10のポイントOffice 365導入を成功に導くため NWを見直すべき10のポイントOffice 365導入を成功に導くため
NWを見直すべき10のポイント

実際の失敗例をもとに、ネットワークの見直しのポイントを整理する。

無線LAN APだけで電子証明書も運用可能に 運用管理を容易化する工夫も満載!無線LAN APだけで 電子証明書も!

ヤマハのAPは内蔵コントローラ で複数のAPを統合管理できる。セキュリティ機能も充実だ。

Wi-Fiの見えない脅威を可視化・防御 ワイヤレスIPSをお求めやすい価格で!「見えない脅威」にさらされている
無線LANをどう守る?

Wi-Fiの見えない脅威を可視化・防御するワイヤレスIPSを手頃な価格で!

オンプレミス型のPBX/ビジネスフォンは“時代遅れ”では決してない。

機械学習/AIを使った自律運用型ネットワークをArubaは提案する。

ウォッチガードなら「導入運用の容易性」と「強固なセキュリティ」を兼ね備えたWi-Fi環境が手に入る。

パブリッククラウドの普及で、設計・構築・運用法が大きく変わった!

待望の後継機が遂に登場!電話番号の最大登録数は2倍に向上。

ソフトバンクのMDMは、管理者の運用負荷を軽減しながらセキュアな利用を可能にする。

働き方改革はICTツールの導入・活用から取り組むのが有効だ。

大量のアラートをさばくのに忙殺される、旧態依然の運用と決別しよう。

NECのソリューションなら、多様なモバイルワークをセキュアに実現!

「WhatsUp Goldならコスト半減も可能」。イプスイッチの関口氏はこう自信を見せる。

4~6人程度の会議に最適なロジクールのビデオ会議「MeetUp」とは?

ヤマハ独自の音声処理技術が、臨場感あふれる会議を実現する。

注目が集まるCASBのメリットを活かすには、運用負荷を軽減する仕掛けが不可欠だ!

アクセスランキング

月刊テレコミュニケーション
iot16
compass
packet

「通信」の力でビジネスを進化させるbusinessnetwork.jp

Copyright(c) 2015 RIC TELECOM Co.,Ltd. All Rights Reserved. 記事の無断転載を禁じます