導入・選定ガイド

LINE以上、UC未満の“使える”ビジネスチャットの選び方(後編)

失敗しない「ビジネスチャット」の選び方

文◎太田智晴(編集部) 2016.02.09

  • bookmark
  • Teitter
  • 印刷

LINEに代表されるコンシューマー向けチャットを業務で使うのは非常にリスキー。そこで導入企業が増えているのが、企業向けの管理・セキュリティ機能などを備えたビジネスチャットだ。しかし、ビジネスチャットの数は非常に多く、どれを選べばいいのか迷いどころ。後編では、ビジネスチャット選びのポイントを整理する。

 

ビジネスチャットの導入を検討している企業には大きく2種類ある。1つは、すでにLINEなどのコンシューマー向けチャットが社内に広まっており、管理・セキュリティ上の課題を解決するため、ビジネスチャットに移行しようと考えている企業である。

もう1つは、社内コミュニケーション環境の改善・改革を行いたいと考えており、そのツールの1つの候補としてビジネスチャットを検討している企業だ。

前者の場合、チャットを業務に活用するメリットは理解しているし、実際そのメリットをすでに享受している。あとは、どのビジネスチャットを選ぶか、という問題だけだ。

一方、後者の場合、まずは自社に本当に必要なのがビジネスチャットなのかどうかを判断しなければならない。

「UCか?ビジネスチャットか?」は間違いビジネスチャットベンダー各社によると、ビジネスチャットと比較検討されることが多いツールの筆頭が、UC(ユニファイドコミュニケーション)だという。マイクロソフトの「Skype for Business(旧Lync)」などが代表的なUCソリューションだ。

ビジネスチャットに分類される製品・サービスは、テキストでのコミュニケーションを主体にしている(ビデオ通話機能などを備えているビジネスチャットもある)。一方、UCはテキストだけではなく、音声、ビデオ、デスクトップ共有などのコミュニケーション機能も統合的に備えている。「ならば、より多機能なUCを導入したほうがいいのでは」と考えるのも自然なように思える。

しかし、ビジネスチャットとUCは、似ているようでいて、だいぶ違うツールだ。

まず決定的に違うのは、UCの場合、テキストチャットは補完的なコミュニケーション手段として位置付けられているケースがほとんどな点だ。これに対して、ビジネスチャットはテキストが主役。当然、テキストチャットに関連する機能は、UCよりもビジネスチャットのほうが充実している。

また、UCは必要な人をその都度選択してコミュニケーションするツールという性格が強い。一方、ビジネスチャットは特定メンバーが継続的にコミュニケーションするのにも適している。部署やプロジェクト単位でグループチャット用のルームを作り、その中で継続的に業務連絡や情報共有を行えるからだ。

代替する既存ツールも違っている。UCは主に電話の代替手段として導入されているのに対して、ビジネスチャットは主に社内メールを代替する。

さらにいえば、ユーザビリティにも違いがある。UCの課題として操作性がよく挙がる一方、LINEがここまで普及した今、ITリテラシーの高くない人でもビジネスチャットなら使いこなせる。

このようにテキストチャット機能を同様に備えていても、UCとビジネスチャットはその目的や性格が異なったツールだ。本特集のタイトルは「LINE以上、UC未満の“使える”ビジネスチャットの選び方」だが、ビジネスチャットを機能的に「UC未満」と捉えるのは間違い。「UC未満」といえるのは、導入や普及のハードルの低さだ。「LINEのようなコミュニケーションツールが欲しい」と考えているのであれば、迷わずUCではなくビジネスチャットを選ぶべきである。

スペシャルトピックスPR

Dialpad
ted1803
aruba1803

>> 今月の月刊テレコミュニケーション

月刊テレコミュニケーション【特集】プライベートLTEと
   5G URLLCの世界

[第一部]プライベートLTE 
●“Wi-Fi超え”の企業無線/●プライベートLTEを構築しよう [第二部]5G URLLC ●5Gの目玉「URLLC」とは?/●202X年、5Gはこう使う

◆[インタビュー] NTT 篠原弘道副社長 「B2B2Xで広がる可能性」 ◆クラウド管理型無線LAN ◆WAF ◆光伝送で進むオープン化

>>詳しい目次を見る

ホワイトペーパー

スペシャルトピックス

インテル5Gをエンドツーエンドでカバー
新たな価値創出を目指すインテル

インテルは強みの仮想化技術で5G時代のネットワーク構築に貢献する。

コマーチキャリア向けOSS/BSSに強み
自動化やe-ヘルスで社会課題解決

自動化やe-ヘルスで多くの実績を持つコマーチが日本市場に参入した。

ブロードメディア・テクノロジーズAryakaで日中間通信を安定化
中国インターネットの問題を解決!

日系企業の中国ビジネスに立ちはだかるのが通信環境の問題だ。

IIJグローバルソリューションズ日中間ネットワークの安定運用へ
VPN規制を乗り切る解決策提供

安定的な越境通信を実現するには何が必要か?

NTTコミュニケーションズIoTビジネスの種まきから結実まで
NTT Comの「次の一手」とは

自社発行型eSIMでの新サービス提供に期待!

SAS Institute Japanデータ分析の老舗、SASが提案するIoT時代のデータ活用

IoTのはじめの一歩を踏み出す前に考えるべきポイントは?

SigfoxSigfoxが開始1年で100万回線!
いよいよ花開くIoTビジネス

LPWAの代表格「Sigfox」の最新動向と活用事例を徹底レポート!

WatchGuard Wi-Fi Cloud不正APを自動遮断するWIPS搭載!
ソーシャルWi-Fiで販促支援も

セキュアな無線LAN環境を実現できる「WatchGuard Wi-Fi Cloud」

無線LAN構築・運用のポイントをSCSKが語る

無線LANの大きなトレンドとなっている「クラウドWi-Fi」で課題解決!

ジェイピー・セキュア導入実績100万サイト以上の
国産WAF「SiteGuard」

業界最速レベルで防御機能を提供するジェイピー・セキュアのWAF製品

ライムライト・ネットワークスクラウド型WAFでWebサイトを保護

ライムライトなら、自社のCDNやDDoS対策との多層防御でオリジンサーバーを攻撃から防御できる。

Office 365ユーザは使わなきゃ損
Teamsでチームワークが劇的に!

Office 365の新ツール「Teams」を使い始める企業が続出している。

CASO新技術のホワイトボックス
M2Mルーターは「切れない接続」

Foxconnグループでホワイトボックスを展開するCASO。

東京エレクトロンデバイスグローバル企業のSaaS活用を後押し
マルチクラウド化の準備はCASBで

マルチクラウドを一元的に管理したい。そんな望みを叶えられる。

拠点・モバイルをつなぐだけ!
クラウドの安全はシンプルに守る

クラウド利用の拡大とともに複雑化するセキュリティ課題を解決!

NetskopeCASBでクラウドはどこまで操れるか
既存のセキュリティとどう違う?
 

Netskopeを例にCASBの機能と使い方、メリットを整理した。

ソフトバンクソフトバンクがSMB向けの
ソリューションパートナー募集!

働き方改革を中心に新たなソリューション開発を支援する。

日本マイクロソフトSkype for Businessを
快適に使いこなすコツとは?

UCの導入効果を最大化するためには備えが必要だ。

日本ビジネスシステムズ“電話”からはじめる働き方改革!

日本ビジネスシステムズのクラウドPBXは、働き方改革を目指す日本企業にピッタリのIP電話サービスだ。

Dialpadピュアクラウドで進化し続ける電話

「PBXを買いたくない」「電話回線を引きたくない」。そんな企業に最適なクラウドテレフォニーがある。

東京エレクトロンデバイスIoTデバイス特化のAIで異常検知

IoTデバイスを狙ったマルウェアが急増中だ。ZingBox IoT Guardianは、IoTに特化したAIで検知する。

Aruba次世代NACでIoTの脅威をブロック

Arubaの次世代NACはエージェントレスでIoT端末にも対応! リスクを検知し有害端末を隔離できる。

アクセスランキング

月刊テレコミュニケーション20180226
ngn
compass

「通信」の力でビジネスを進化させるbusinessnetwork.jp

Copyright(c) 2018 RIC TELECOM Co.,Ltd. All Rights Reserved. 記事の無断転載を禁じます