企業ネットワーク最前線

リビング新聞の「KDDI WVS 2」導入効果――セキュリティのクラウド化で年間数百万円のコスト削減!

文◎太田智晴(編集部) 2015.08.31

  • bookmark
  • Teitter
  • 印刷

世界最大級のフリーペーパー発行企業であるリビング新聞グループは、全国の拠点をつなぐ広域ネットワークとして「KDDI Wide Area Virtual Switch 2」(WVS 2)を採用。WVS 2のサービスを利用し、従来オンプレミスで運用していたセキュリティアプライアンスをクラウド化した。その結果、年間数百万円のコスト効果を得ている。

オンプレミスのセキュリティ機器が不安定!解決策はクラウドだったWVS 2は、KDDIが2014年9月から提供開始した広域ネットワークサービスだ。その前身であるWVSは発表当時、契約帯域に関わらず、物理インターフェースの上限速度でデータセンターと通信できるトラフィックフリー機能により大きな話題を集めたが、WVS 2も注目機能を伴っての登場だった。

それは、SDN(Software-Defined Networking)技術を活用し、ファイアウォールなどのセキュリティアプライアンスの機能をクラウドサービスとして提供する「セキュリティクラウド」である。

リビング新聞グループは当時、ある課題に直面していたが、WVS 2のセキュリティクラウドはまさにぴったりの解決策だった。

WVS 2の導入前は、WVSを利用していたリビング新聞グループ。そのWVS時代、インターネットには、東京・大手町のKDDIデータセンターに借りたラックスペースに設置したネットワーク機器経由で接続していた。課題というのは、そのオンプレミスのネットワーク機器の不調である。

「使っていたプロキシサーバーが老朽化し、『インターネットに突然つながらなくなった』と社員からクレームの電話がかかってくることも度々になっていました」とサンケイリビング新聞社 情報システム部の水谷明氏は明かす。

 

サンケイリビング新聞社 情報システム部 水谷明氏


また、老朽化したプロキシサーバーは、インターネットアクセスが重たくなる一因にもなっていた。プロキシサーバーには、一度アクセスしたWebページのデータをキャッシュに蓄え、アクセスを高速化する機能がある。ところが、プロキシサーバーの処理能力が低いと、逆にボトルネックとなってしまうためだ。

このように、オンプレミスのネットワーク機器に課題を抱えていたリビング新聞グループ。新しい機器をオンプレミスで導入するのか、それともWVS 2のセキュリティクラウドによりクラウド化するのか――。

「コストシミュレーションを行うと、WVS 2のメリットは明らかでした。オンプレミスの場合、機器代金とライセンス費用、データセンターへの設置費用、保守費用を合計した総コストは、年間数百万円になることが分かったからです」(高野氏)

WVSからWVS 2に移行すれば、これまでの回線費用とほぼ同じコストで、必要なセキュリティアプライアンスの機能をサービスとして利用できた。つまり、上記のコストの削減が見込めたのである。

セキュリティクラウドでは、様々なセキュリティアプライアンスの機能が提供されているが、リビング新聞グループが採用したのはUTMのメニューだ。ファイアウォール、IDS/IPS、URLフィルタリング、Webアンチウイルス、メールアンチウイルスの各機能を統合的に利用できる。

WVS 2への移行後、数カ月が経過しているが、トラブルなどは一度も起こっていないという。また、オンプレミス時代は、何かインシデントが起こるたびにオンサイト保守料が発生していたが、クラウド化した今はそうした負担も一切かからない。

スペシャルトピックスPR

skyley1708
ibm1708
logicool1709

>> 今月の月刊テレコミュニケーション

月刊テレコミュニケーション【特集】セルラーLPWAでGO!
●LTE-MとNB-IoTの違い/●世界のセルラーLPWA商用展開マップ/●注目セルラーLPWA事例 ほか

◆[インタビュー]NTTドコモ 執行役員 大野友義氏「対話型AIであらゆる生活を革新」 ◆LTEコードレス「sXGP」- 自営PHSから自営LTEへ ◆OTTも参戦!海底ケーブル市場の今 ◆ネットワーク監視ツール ◆働き方改革で拡大する法人スマデバ

>>詳しい目次を見る

ホワイトペーパー
yamaha_YSL_V810

スペシャルトピックス

パブリッククラウドの普及で、設計・構築・運用法が大きく変わった!

待望の後継機が遂に登場!電話番号の最大登録数は2倍に向上。

ソフトバンクのMDMは、管理者の運用負荷を軽減しながらセキュアな利用を可能にする。

働き方改革はICTツールの導入・活用から取り組むのが有効だ。

大量のアラートをさばくのに忙殺される、旧態依然の運用と決別しよう。

NECのソリューションなら、多様なモバイルワークをセキュアに実現!

「WhatsUp Goldならコスト半減も可能」。イプスイッチの関口氏はこう自信を見せる。

4~6人程度の会議に最適なロジクールのビデオ会議「MeetUp」とは?

ヤマハ独自の音声処理技術が、臨場感あふれる会議を実現する。

注目が集まるCASBのメリットを活かすには、運用負荷を軽減する仕掛けが不可欠だ!

ヤマトの総合物流ターミナル「羽田クロノゲート」で様々な付加価値!

RADIUS内蔵APとの連携で無線/有線LANの両方でデジタル証明書認証

LPWAネットワークを自ら構築するなら、世界で豊富な実績を誇るキャリアグレードのActilityだ。

業界最高レベルのキャリア/サービスプロバイダ向けルータが登場する。

無線プロトコルスタック「SkWAN」搭載のLPWA基地局なら、1台で最大6400台のエンドデバイスを接続できる!

IBM Watsonが最適な活用方法や脅威対策を提供! 先進のPC/スマホ一元管理を実現する「IBM MaaS360」とは?

アクセスランキング

月刊テレコミュニケーション
ms
compass
packet

「通信」の力でビジネスを進化させるbusinessnetwork.jp

Copyright(c) 2015 RIC TELECOM Co.,Ltd. All Rights Reserved. 記事の無断転載を禁じます