企業ネットワーク最前線

日清紡の「災害に負けないICTインフラ」を支える5本柱とは?

文◎太田智晴(編集部) 2014.12.16

  • bookmark
  • Teitter
  • 印刷

震災から数カ月、日清紡はICTインフラに関して5つの大きな柱からなるBCP(事業継続計画)を策定した。「災害に負けないICTインフラ」を実現するため、日清紡はネットワークやモバイル、クラウドをどう活用したのだろうか。また、業務システムのクラウド化を本格的に進める同社は、コスト削減にも期待している。

杞憂に終わったクラウドへの不安、オンプレミスよりもクラウドのほうが安いと実感

冒頭で紹介した通り、日清紡グループでは業務システムのクラウド化に本格的に取り組んでいる。その第一歩となったのは、2番目の柱である「重要データとバックアップデータの安全な保管先の選定と確保」だった。

2011年の終わりから、WVSの大容量バックボーンに直結したKDDIの仮想データセンターサービス「Virtualデータセンター」の中で提供されているクラウド型ファイルサーバーへと、重要データなどを移行し始めた。

「このサービスは東日本と西日本にデータセンターがあり、大規模災害時にもディザスタリカバリが実現できます。また、今まで社内で運用していたファイルサーバーより拡張性も優れていることから、Virtualデータセンターへ重要データを移行することにしました」(深川氏)

そして、Virtulデータセンターのファイルサーバーサービスを使って掴んだのは、「“クラウドは使える”という感触」(西村氏)だったという。そこで2012年には、Virtualデータセンターの仮想サーバーサービスを利用し、4番目の柱である「社内にあるサーバー室よりも、もっと安全なプライベートクラウド環境へのサーバー移設」がスタート。

その後、KDDIから新たなクラウド基盤サービス、KDDIクラウドプラットフォームサービスが登場したことから、現在は同サービスを利用している。

業務システムをクラウドへ移行するにあたって、渡辺博信氏が心配したのはパフォーマンスだったそうだ。「社内のサーバー室に置くのと比べ、サーバーのレスポンスはどうか。サーバー自体の性能はクラウドのほうが良かったとはいえ、実際のところはやってみないと分からない部分がありました」。しかし、心配は杞憂に終わる。「レスポンスは以前より向上しています」と渡辺氏は話す。

 

日清紡ホールディングス ●● 渡辺博信氏
日清紡ホールディングス 事業支援センター 財経・情報室 情報システムグループ 担当課長 渡辺博信氏



また、深川氏は、設備を自前で持たずにクラウドを利用するメリットとして、運用負担の軽減も挙げる。「ハードウェアの保守期限の問題を考えなくてよかったり、ハードウェア障害への対応を任せられたり、運用面で副次的な効果が出ています」

「こうした運用コストなども考慮すると、『オンプレミスよりもクラウドのほうが安い』というのが現段階での実感です」と渡辺氏は語る。

ここまで見てきたように、日清紡グループのICTインフラは、KDDIの製品・サービスを中核に構築されている。その理由としては長年の信頼関係などもあるが、KDDIならネットワークからモバイル、クラウドまでをトータルで提供可能な点が、なかでも決め手となっているようだ。

「ネットワークと業務システムが一体化している現在のICT環境において、これらをワンストップで提供してもらえる点を非常に高く評価しています」と深川氏は言う。

災害に強いICTインフラの実現に一定の目途がついた今、深川氏らが次のチャレンジとして見据えるのは、“グローバル”だ。日清紡グループの従業員の半数以上はすでに海外。しかし現在はまだ、海外拠点もカバーしたグローバルなICTインフラは構築されていない。今後ますますグローバル化が進むなか、どのようなICTインフラを目指していくのか。SaaSの積極的な活用など、様々なプランを模索しているという。

スマートデバイス/クラウド活用事例

スペシャルトピックスPR

yamaha1710
softbank1710
recomot1710

>> 今月の月刊テレコミュニケーション

月刊テレコミュニケーション【特集】つながるクルマが「移動」を変える
     モビリティIoT革命


◆[インタビュー]シスコ鈴木専務「IoTの幻滅期をいち早く経験したシスコは他社の1年先を行く」 ◆920MHz帯“大混雑時代”の対応策に ◆LPWAで地域活性化に挑む藤枝市 ◆handyがホテルの客室電話を変える ◆ネットワークセキュリティの新常識 ◆IoTルーター/ゲートウェイの最新トレンド

>>詳しい目次を見る

ホワイトペーパー
日本IBM

スペシャルトピックス

サクサ中小企業も容易にセキュリティ対策

サクサのUTM「SS5000」は、コンパクトながら充実機能。外部だけでなく内部の脅威にも対応できる。

Office 365ADCでOffice 365通信の課題解決!

Office 365通信の課題であるプロキシ/FWの負荷増大と運用の複雑化を一気に解決するのがADCだ。

ウォッチガード・テクノロジー・ジャパンネットワークとPCを同時に守る!

ウォッチガードはNW防御にエンドポイントでのセンサー技術を組み合わせ、包括的で効果的な対策を実現!

サイバーリーズンAIで攻撃の兆候をリアルタイム検知
既知だけでなく未知の脅威も防御

AIを活用した独自分析技術で、悪意ある振る舞いを検知するEDR製品。

パロアルトネットワークスGTP-C/GTP-Uのセキュリティ強化
次世代FWをモバイル網に適用

携帯電話事業者のネットワークは次世代ファイアウォールが守る。

NECマグナスコミュニケーションズPHS/ISDNからLTEへ簡単移行!

「マルチキャリアで冗長化したい」「シリアルI/Fなど既存環境に手を加えたくない」といった声に応える。

アットマークテクノ柔軟な拡張性・出荷実績30万台の
安心感の日本製IoTゲートウェイ

ASEAN中心に認証を取得で、IoTシステムの海外展開にも便利だ。

Office 365導入を成功に導くため NWを見直すべき10のポイントOffice 365導入を成功に導くため NWを見直すべき10のポイントOffice 365導入を成功に導くため
NWを見直すべき10のポイント

実際の失敗例をもとに、ネットワークの見直しのポイントを整理する。

無線LAN APだけで電子証明書も運用可能に 運用管理を容易化する工夫も満載!無線LAN APだけで 電子証明書も!

ヤマハのAPは内蔵コントローラ で複数のAPを統合管理できる。セキュリティ機能も充実だ。

Wi-Fiの見えない脅威を可視化・防御 ワイヤレスIPSをお求めやすい価格で!「見えない脅威」にさらされている
無線LANをどう守る?

Wi-Fiの見えない脅威を可視化・防御するワイヤレスIPSを手頃な価格で!

オンプレミス型のPBX/ビジネスフォンは“時代遅れ”では決してない。

機械学習/AIを使った自律運用型ネットワークをArubaは提案する。

ウォッチガードなら「導入運用の容易性」と「強固なセキュリティ」を兼ね備えたWi-Fi環境が手に入る。

パブリッククラウドの普及で、設計・構築・運用法が大きく変わった!

待望の後継機が遂に登場!電話番号の最大登録数は2倍に向上。

ソフトバンクのMDMは、管理者の運用負荷を軽減しながらセキュアな利用を可能にする。

働き方改革はICTツールの導入・活用から取り組むのが有効だ。

大量のアラートをさばくのに忙殺される、旧態依然の運用と決別しよう。

NECのソリューションなら、多様なモバイルワークをセキュアに実現!

「WhatsUp Goldならコスト半減も可能」。イプスイッチの関口氏はこう自信を見せる。

アクセスランキング

月刊テレコミュニケーション201712
wj2018a
compass
packet

「通信」の力でビジネスを進化させるbusinessnetwork.jp

Copyright(c) 2017 RIC TELECOM Co.,Ltd. All Rights Reserved. 記事の無断転載を禁じます