企業ネットワーク最前線

トヨタの子会社デルフィスに学ぶ「iPad全社員配布」の費用対効果

文◎太田智晴(編集部) 2014.08.18

  • bookmark
  • Teitter
  • 印刷

トヨタ100%出資マーケティング・サービス・カンパニーのデルフィスは、全社員約470名にiPadを配布し、ワークスタイル変革を進めている。なぜデルフィスは全社員にiPadを配ったのか。そして、全社導入から約1年半、一体どのような投資効果が出ているのだろうか。

会議のペーパーレス化と「どこでも印刷」で印刷コストは20%ダウン

デルフィスではiPadの全社導入後、印刷関連コストを約20%節減できているが、これには「どこでも印刷」と名付けられた仕組みも貢献している。

社内資料のペーパーレス化は進んだデルフィスだが、クライアント向けの提案資料は依然、紙である。そのため同社では今も大量の印刷を複合機で行っているが、こんな課題を以前から抱えていた。「誰も取りに来ない印刷物が複合機に山積みになっている」という課題である。

「当社は情報セキュリティの国際規格であるISMS/ISO 27001を取得していますが、社内監査の際にこれが毎年、重大な問題となっていました」と植田氏は話す。

複合機に印刷物が溜まっていくのは、次の理由からだ。前の人が大量の印刷・コピーを行っていたため、取り消し作業を行わずに、別の複合機から印刷を実行。また、印刷物を取りに行く直前に会議に呼ばれて、「印刷したこと自体を忘れてしまった」というケースも多い。

そこで導入したのが、FeliCaを活用したどこでも印刷の仕組みだった。社員証をFeliCaに変更し、社員証を複合機にかざさないと、そもそも印刷されないようにしたのである。これにより、資料の置き放しによる情報セキュリティ上の懸念を解消すると同時に、ムダな印刷も減らした。

 

どこでも印刷
FeliCaカードの社員証をかざすことで、社員のIDを認識。その社員の印刷物を出力する仕組みになっている



注目したいのは、単に印刷を制限するのではなく、社員の利便性も高めていることである。急いでいるのに誰かが大量の印刷・コピーを行っていた際には、社員証を別の複合機にかざすだけで、その複合機から出力できるようにした。

また、複合機でスキャンした画像を取得するのに、以前は結構な手間が必要だったが、社員証をかざせばメールで自分宛て送られてくる「SCAN TO メール」という仕組みも導入し、社員に好評だという。

 

社員の“情報武装”をもう1段階レベルアップへ

前述の通り、デルフィスはiPadの全社導入に際して、その投資効果を試算している。導入から1年半経過し、その結果だが「想定以上の効果が出ている」と植田氏は語る。

そしてデルフィスは今、さらに上を目指そうとしている。現在、社員に支給しているフィーチャーフォンはiPhoneに、そしてiPadはウルトラブック+モバイル通信モジュールへと、それぞれもう1段階レベルアップさせる計画だ。すでに一部社員を対象に、トライアルもスタートしている。ちなみに、iPhoneおよびモバイル通信モジュールはiPadと同様、KDDIを採用する予定だという。

全社員がモバイルツールで“情報武装”することで、企業の生産性は大きく向上する――。iPadの全社導入により、その“確証”を得た同社のワークスタイル変革の取り組みは、今後も続いていく。

スマートデバイス/クラウド活用事例

スペシャルトピックスPR

skyley1708
ibm1708
logicool1709

>> 今月の月刊テレコミュニケーション

月刊テレコミュニケーション【特集】セルラーLPWAでGO!
●LTE-MとNB-IoTの違い/●世界のセルラーLPWA商用展開マップ/●注目セルラーLPWA事例 ほか

◆[インタビュー]NTTドコモ 執行役員 大野友義氏「対話型AIであらゆる生活を革新」 ◆LTEコードレス「sXGP」- 自営PHSから自営LTEへ ◆OTTも参戦!海底ケーブル市場の今 ◆ネットワーク監視ツール ◆働き方改革で拡大する法人スマデバ

>>詳しい目次を見る

ホワイトペーパー
yamaha_YSL_V810

スペシャルトピックス

パブリッククラウドの普及で、設計・構築・運用法が大きく変わった!

待望の後継機が遂に登場!電話番号の最大登録数は2倍に向上。

ソフトバンクのMDMは、管理者の運用負荷を軽減しながらセキュアな利用を可能にする。

働き方改革はICTツールの導入・活用から取り組むのが有効だ。

大量のアラートをさばくのに忙殺される、旧態依然の運用と決別しよう。

NECのソリューションなら、多様なモバイルワークをセキュアに実現!

「WhatsUp Goldならコスト半減も可能」。イプスイッチの関口氏はこう自信を見せる。

4~6人程度の会議に最適なロジクールのビデオ会議「MeetUp」とは?

ヤマハ独自の音声処理技術が、臨場感あふれる会議を実現する。

注目が集まるCASBのメリットを活かすには、運用負荷を軽減する仕掛けが不可欠だ!

ヤマトの総合物流ターミナル「羽田クロノゲート」で様々な付加価値!

RADIUS内蔵APとの連携で無線/有線LANの両方でデジタル証明書認証

LPWAネットワークを自ら構築するなら、世界で豊富な実績を誇るキャリアグレードのActilityだ。

業界最高レベルのキャリア/サービスプロバイダ向けルータが登場する。

無線プロトコルスタック「SkWAN」搭載のLPWA基地局なら、1台で最大6400台のエンドデバイスを接続できる!

IBM Watsonが最適な活用方法や脅威対策を提供! 先進のPC/スマホ一元管理を実現する「IBM MaaS360」とは?

アクセスランキング

月刊テレコミュニケーション
ms
compass
packet

「通信」の力でビジネスを進化させるbusinessnetwork.jp

Copyright(c) 2015 RIC TELECOM Co.,Ltd. All Rights Reserved. 記事の無断転載を禁じます