企業ネットワーク最前線

トヨタの子会社デルフィスに学ぶ「iPad全社員配布」の費用対効果

文◎太田智晴(編集部) 2014.08.18

  • bookmark
  • Teitter
  • 印刷

トヨタ100%出資マーケティング・サービス・カンパニーのデルフィスは、全社員約470名にiPadを配布し、ワークスタイル変革を進めている。なぜデルフィスは全社員にiPadを配ったのか。そして、全社導入から約1年半、一体どのような投資効果が出ているのだろうか。

全社員にiPadを配布したからこそ実現できた社内会議改革

このように、社外業務が多い社員へのiPadの導入に成功したデルフィス。ただ、やはり特筆すべきは、その後iPadの配布を全社員に拡大し、さらに大きな成果を得たことだろう。

「社外でのメール確認からiPadの活用を始めましたが、社員の働き方を変えて生産性を上げるために、iPadでできることはもっとたくさんあります」。そう考えた植田氏が、まず目を付けたのは“会議”だったが、なぜ全社導入まで必要だったのか。

iPadの全社導入前、デルフィスの社内会議資料は、当然ながら紙ベースだった。会議当日までに資料を作成してA3用紙で印刷。そして、同社で慣例となっていたのが「Z折」である。これは、A3の資料を3つ折にしてA4サイズにする作業のこと。また、「社内資料はカラーではなくモノクロ」というのもデルフィスの社内ルールだ。

役員会議などの準備を担当している総務局 経営企画室の江口美恵子氏によると、Z折にかかる時間は「1回の会議につき、およそ2~3時間」。しかもこれは「順調にいった場合」の所要時間だという。なぜなら資料の準備が終わった後に、資料の差替えが発生することも頻繁にあるからだ。

 

デルフィス 総務局 経営企画室 江口美恵子氏
デルフィス 総務局 経営企画室 江口美恵子氏



江口氏が準備を担当する役員会議などは月2、3回。差替え時間も含めると、およそ月10時間を会議資料の準備に費やしていた。さらに、「資料の差替えが発生した場合に備えて、会議のある日は朝早く出社していました」という。

もちろんデルフィスでは、役員会議以外にも数多くの会議が開かれている。そして、これらの会議でも同様に、Z折や差替えなどの作業が行われていた。

つまり、全社員にiPadを配布し、会議をペーパーレス化すれば、資料の印刷、Z折、差替えなどに要していた時間を抜本的に削減できる――。実際、iPadの導入後、江口氏が会議資料の「紙」準備に費やしていた2~3時間から、「PDF」準備で数分に激減したという。

 

会議資料用のビューアには「GoodReader for iPad」を採用



全社導入の検討にあたっては、その費用対効果も試算した。会議のペーパーレス化により効率化できる業務時間を算出。これに社員の時間単価を掛けて、導入効果を数値化したのである。これに加えて、会議のペーパーレス化により削減できる印刷関連コストも計算して合算。iPad全社導入の投資効果は、その費用を上回るという結果を得た。

この数字的根拠をもって、植田氏はiPadの全社導入を社長に提案。デルフィスは、全社員約470名にKDDIのiPadを配布した。

なお、社内には「総務などの管理部門はいらないのでは?」という意見もやはりあったそうだ。しかし、植田氏は当初から、全社員に導入するからこそ、会議のやり方を変革できると確信していた。

「例えば、当社では全社説明会をよく開くのですが、3枚綴りの紙資料を全従業員に用意する場合で1500枚。毎回、予備も含めて2000枚以上を印刷していました。それが、全社員がiPadを持ったことで、『iPadを持ってきてください』だけで済むようになったのです」

管理部門を含む全社員がiPadを持っていないと、こうはいかない。また、社内会議用の資料はモノクロ印刷だったが、iPadに変わったことでカラーになり、より見やすくもなった。

さらに、会議の中身の充実度や効率にも大きな変化が起こっているという。

会議中、追加で資料や情報が欲しくなることはよくある。こんなとき以前であれば、追加資料を印刷するために会議を中断してデスクに戻ったり、次回の会議までの“宿題”にしていたりしていた。

これがiPadの全社導入により、その場で社内資料やインターネット上の情報などにアクセスできるようになった。

スペシャルトピックスPR

nec1710
ipswitch1710
yamato1708

>> 今月の月刊テレコミュニケーション

月刊テレコミュニケーション【特集】セルラーLPWAでGO!
●LTE-MとNB-IoTの違い/●世界のセルラーLPWA商用展開マップ/●注目セルラーLPWA事例 ほか

◆[インタビュー]NTTドコモ 執行役員 大野友義氏「対話型AIであらゆる生活を革新」 ◆LTEコードレス「sXGP」- 自営PHSから自営LTEへ ◆OTTも参戦!海底ケーブル市場の今 ◆ネットワーク監視ツール ◆働き方改革で拡大する法人スマデバ

>>詳しい目次を見る

ホワイトペーパー
yamaha_YSL_V810

スペシャルトピックス

パブリッククラウドの普及で、設計・構築・運用法が大きく変わった!

待望の後継機が遂に登場!電話番号の最大登録数は2倍に向上。

ソフトバンクのMDMは、管理者の運用負荷を軽減しながらセキュアな利用を可能にする。

働き方改革はICTツールの導入・活用から取り組むのが有効だ。

大量のアラートをさばくのに忙殺される、旧態依然の運用と決別しよう。

NECのソリューションなら、多様なモバイルワークをセキュアに実現!

「WhatsUp Goldならコスト半減も可能」。イプスイッチの関口氏はこう自信を見せる。

4~6人程度の会議に最適なロジクールのビデオ会議「MeetUp」とは?

ヤマハ独自の音声処理技術が、臨場感あふれる会議を実現する。

注目が集まるCASBのメリットを活かすには、運用負荷を軽減する仕掛けが不可欠だ!

ヤマトの総合物流ターミナル「羽田クロノゲート」で様々な付加価値!

RADIUS内蔵APとの連携で無線/有線LANの両方でデジタル証明書認証

LPWAネットワークを自ら構築するなら、世界で豊富な実績を誇るキャリアグレードのActilityだ。

業界最高レベルのキャリア/サービスプロバイダ向けルータが登場する。

無線プロトコルスタック「SkWAN」搭載のLPWA基地局なら、1台で最大6400台のエンドデバイスを接続できる!

IBM Watsonが最適な活用方法や脅威対策を提供! 先進のPC/スマホ一元管理を実現する「IBM MaaS360」とは?

アクセスランキング

月刊テレコミュニケーション
emc
iot15
packet

「通信」の力でビジネスを進化させるbusinessnetwork.jp

Copyright(c) 2015 RIC TELECOM Co.,Ltd. All Rights Reserved. 記事の無断転載を禁じます