ビジネス・企業

KDDI小野寺社長が全CATV事業者との戦略的パートナーシップを提案――JCTAトップセミナー

文◎藤田 健(編集部) 2010.11.16

  • bookmark
  • Teitter
  • 印刷

日本ケーブルテレビ連盟(JCTA)は2010年11月16日と17日の2日間、東京・五反田のゆうぽうとで「平成22年度JCTAトップセミナー」を開催している。「放送通信融合時代のケーブルテレビ-完全デジタル化以降の戦略を探る-」というテーマを掲げ、初日はゲストスピーカーによる講演を実施した。

初日の目玉はKDDIの小野寺正社長兼会長で、「放送通信融合時代のケーブルテレビへの期待」というテーマで講演を行った。小野寺社長はまず、ケーブルテレビ(CATV)のホームパス世帯数が4400万世帯あり、NTTのFTTHとほぼ同じ世帯カバー率(90%)であることに触れ、「このカバー率が今後有効になる」と語った。

KDDIの小野寺正社長兼会長は、電電公社時代にCATVの実験に携わったことなどを明かし、「CATVには個人的にも少々思い入れがある」と語った


小野寺社長は、CATVの強みとして(1)優良顧客基盤、(2)ネットワーク資産、(3)地域力の3つを挙げた。(1)については、すでにCATV事業者が700万の有料多チャネル世帯を持っていることに言及。一例としてJ:COMの7726円に対してNTT東日本のフレッツ光が5740円の世帯ARPUであることを示し、「皆様方は高いARPUの優良顧客をすでに持っておられることが強み」と語った。(2)は前述のホームパス世帯のことで、全国約4900万世帯のうち90%の4402万世帯が申し込めばすぐにサービスを利用できる状態にあり、これだけのインフラをすでにCATV事業者が持っていることを強調した。(3)は、1955年に群馬県伊香保で初のCATVが設立されてから50年以上の地元との歴史があること、現在は全国で537あるCATV事業者に約2万人のスタッフがいて、地域での人的ネットワークを構築していることなどを挙げた。そして、「これらの強みを今後どう活かしていくかがポイント」と語った。

続いて小野寺社長はKDDIから見たCATVの課題として、(1)規模と連携の必要性、(2)CS/サービス不統一の改善、(3)サービス提供エリアの問題を挙げた。(1)はについては、全国537局のうち、多チャンネル5万加入未満の局が90%あり、「それぞれが単独でNTTと競争している状況」と語った。(2)では、「同じ番組が見られない」「メールアドレスを変更する必要がある」「160Mbpsサービスを利用していたのに40Mbpsしか利用できない」等、転居者が従来のCATVサービスを継続利用できない点と、転居手続きがユーザー任せになっている点を指摘した。(3)はプライマリー電話、100Mbps以上の高速インターネット、VODといったサービスの提供率のことだ。どれも40~60%の事業者に留まっており、転居者が同じサービスを継続利用し難い実態を数字で示した。

こうしたことを踏まえ、「NTTに対抗するため、CATV業界の結束と戦略的パートナー連携が必要ではないか」と語った。結束に関しては、日本ケーブルテレビ連盟に委ねたが、戦略的パートナーシップについては、「KDDIをその相手として選んでいただければ、まだまだ皆さんと一緒にやれることがあるのではないか」とアピールした。

さらに小野寺社長は、「オールCATVとKDDIが連携すれば、NTTに対抗してアクセス回線市場で設備競争を展開することが可能になる。それでNTTと健全な設備競争をすることではじめて、光の道の健全な推進に繋がるのではないか」と語った。

スペシャルトピックスPR

yamaha1710
softbank1710
recomot1710

>> 今月の月刊テレコミュニケーション

月刊テレコミュニケーション【特集】つながるクルマが「移動」を変える
     モビリティIoT革命


◆[インタビュー]シスコ鈴木専務「IoTの幻滅期をいち早く経験したシスコは他社の1年先を行く」 ◆920MHz帯“大混雑時代”の対応策に ◆LPWAで地域活性化に挑む藤枝市 ◆handyがホテルの客室電話を変える ◆ネットワークセキュリティの新常識 ◆IoTルーター/ゲートウェイの最新トレンド

>>詳しい目次を見る

ホワイトペーパー
サイバー・リーズン

スペシャルトピックス

Office 365ADCでOffice 365通信の課題解決!

Office 365通信の課題であるプロキシ/FWの負荷増大と運用の複雑化を一気に解決するのがADCだ。

ウォッチガード・テクノロジー・ジャパンネットワークとPCを同時に守る!

ウォッチガードはNW防御にエンドポイントでのセンサー技術を組み合わせ、包括的で効果的な対策を実現!

サイバーリーズンAIで攻撃の兆候をリアルタイム検知
既知だけでなく未知の脅威も防御

AIを活用した独自分析技術で、悪意ある振る舞いを検知するEDR製品。

パロアルトネットワークスGTP-C/GTP-Uのセキュリティ強化
次世代FWをモバイル網に適用

携帯電話事業者のネットワークは次世代ファイアウォールが守る。

NECマグナスコミュニケーションズPHS/ISDNからLTEへ簡単移行!

「マルチキャリアで冗長化したい」「シリアルI/Fなど既存環境に手を加えたくない」といった声に応える。

アットマークテクノ柔軟な拡張性・出荷実績30万台の
安心感の日本製IoTゲートウェイ

ASEAN中心に認証を取得で、IoTシステムの海外展開にも便利だ。

Office 365導入を成功に導くため NWを見直すべき10のポイントOffice 365導入を成功に導くため NWを見直すべき10のポイントOffice 365導入を成功に導くため
NWを見直すべき10のポイント

実際の失敗例をもとに、ネットワークの見直しのポイントを整理する。

無線LAN APだけで電子証明書も運用可能に 運用管理を容易化する工夫も満載!無線LAN APだけで 電子証明書も!

ヤマハのAPは内蔵コントローラ で複数のAPを統合管理できる。セキュリティ機能も充実だ。

Wi-Fiの見えない脅威を可視化・防御 ワイヤレスIPSをお求めやすい価格で!「見えない脅威」にさらされている
無線LANをどう守る?

Wi-Fiの見えない脅威を可視化・防御するワイヤレスIPSを手頃な価格で!

オンプレミス型のPBX/ビジネスフォンは“時代遅れ”では決してない。

機械学習/AIを使った自律運用型ネットワークをArubaは提案する。

ウォッチガードなら「導入運用の容易性」と「強固なセキュリティ」を兼ね備えたWi-Fi環境が手に入る。

パブリッククラウドの普及で、設計・構築・運用法が大きく変わった!

待望の後継機が遂に登場!電話番号の最大登録数は2倍に向上。

ソフトバンクのMDMは、管理者の運用負荷を軽減しながらセキュアな利用を可能にする。

働き方改革はICTツールの導入・活用から取り組むのが有効だ。

大量のアラートをさばくのに忙殺される、旧態依然の運用と決別しよう。

NECのソリューションなら、多様なモバイルワークをセキュアに実現!

「WhatsUp Goldならコスト半減も可能」。イプスイッチの関口氏はこう自信を見せる。

4~6人程度の会議に最適なロジクールのビデオ会議「MeetUp」とは?

ヤマハ独自の音声処理技術が、臨場感あふれる会議を実現する。

注目が集まるCASBのメリットを活かすには、運用負荷を軽減する仕掛けが不可欠だ!

アクセスランキング

月刊テレコミュニケーション
iot16
compass
packet

「通信」の力でビジネスを進化させるbusinessnetwork.jp

Copyright(c) 2015 RIC TELECOM Co.,Ltd. All Rights Reserved. 記事の無断転載を禁じます