ニュース

【CEATEC JAPAN 2010】KDDIブースの目玉は「IS03」とLTE検証用ハンドセット、3D自由視点などコンテンツ技術にも意欲

文◎藤井宏治(IT通信ジャーナリスト) 2010.10.07

  • bookmark
  • Teitter
  • 印刷

幕張メッセで開かれている「CEATEC JAPAN 2010」、KDDIブースではやはり4日発表されたAndroid2.1搭載の新スマートフォン「IS03」(シャープ製)が注目を集め、3カ所に設けられた体験コーナーは多くの来場者を集めた。

加えてモバイル分野ではもう1つ、同社が2012年のサービス開始を目指すLTEの検証用ハンドセットが関心を集めた。これは同社が計画中の1.5GHz帯でのトライアルに実際に使われるもので、一般公開は今回が初となる。

 

IS03のトライアルコーナーには多くの人が集まった
IS03のトライアルコーナーには多くの人が集まった



近い将来の実用化を想定した興味深い技術が参考出展されていることも、今年のKDDIブースの大きな特徴となっている。

その1つがau携帯電話との間をBluetoothで接続することで、Wi-Fiモバイルルーターとしての役割を果たす「Bluetooth/無線LAN変換ルーター」だ。今年に入って多様なWi-Fi機器をモバイル回線経由でインターネットに接続できるWi-Fiモバイルルーターが脚光を浴びており、KDDIも商品化を検討中だが、もう1つのアプローチとしてこの製品の開発を進めている。KDDIではこの機器を、別にPC向けデータ通信プランの契約をしなくても、既存の携帯電話の定額料金プランに若干の料金を上乗せをするだけで使えるようにする考えだ。Bluetoothと無線LANの間の干渉を抑える作り込みがされているので、3G回線が空いていればWi-Fi機器から1Mbps程度の速度でのインターネット接続が可能だという。

 

既存端末の回線で複数のWi-Fi機器を利用できる「Bluetooth/無線LAN変換ルーター」
既存端末の回線で複数のWi-Fi機器を利用できる「Bluetooth/無線LAN変換ルーター」



固定通信のビジネスとの絡みで注目されるのが「電力線・同軸線を利用した『超高速』有線LANモデム」のコーナー。これは屋内の電気配線を利用してデータ通信を行うPLC技術を、テレビの同軸配線にも使えるようにしたもので、KDDIは電力線と同軸ケーブルを組み合わせて現行のPLCより高速なLAN環境を構築できるソリューションとして展開する考えだという。

もう1つユニークな技術に「背面入力インターフェース」がある。スマートフォンなどタッチパネルディスプレイで操作を行う機器が増えているが、指で表示が隠れるなど操作上の問題点もある。そこでタッチパネルをディスプレイ上ではなく、空いている端末の裏面に配置して操作できないかというのがこの技術だ。背面入力インターフェースを導入すると、操作が親指ではなく人差し指で行われるようになるため、作業効率の向上も見込めるという。ブースではタブレットPCを模した試作機で実際に使い勝手を試すことができる。

 

背面入力インターフェース
背面入力インターフェース



テレビなどを活用した新しいコンテンツサービスの紹介にも力が入れられている。この分野の目玉は、ユーザーが手元のリモコンを操作して任意の視点からの3G画面を楽しむことができる「3D自由視点」で、シアターでの大画面展示も行われている。このほか、テレビ番組の画面に携帯電話をかざすと、携帯電話にユーザーの属性(例えば男女)に応じた情報が配信される「smARtテレビ視聴」、個人のニーズに応じて各種の情報ソースを自動的に編集し新聞の形でテレビやスマートフォンに配信する「パーソナライズド新聞」など、KDDIの今後のコンテンツメディアサービスの方向性がうかがえるものが、数多く出展されている。

 

ユーザーの操作で任意の視点からの映像が楽しめる「3D自由視点」
ユーザーの操作で任意の視点からの映像が楽しめる「3D自由視点」

スペシャルトピックスPR

nec1710
ipswitch1710
yamaha1711

>> 今月の月刊テレコミュニケーション

月刊テレコミュニケーション【特集】IoTと宇宙
<Part 1>衛星画像で超広域IoT
<Part 2>これが未来の衛星通信だ
<Part 3>センチメーター級測位がIoTを変える

◆京セラコミュニケーションシステム 黒瀬社長「Sigfoxで世の中は変わる!セルラーIoTとは別世界だ」 ◆働き方改革で用途広がるPBX/ビジネスホン ◆導入後に困らないWi-Fiを作ろう ◆“タフな無線”でドローン操縦 ◆「IoT自販機」を地域の見守り拠点に

>>詳しい目次を見る

ホワイトペーパー
次世代SPS2017_B

スペシャルトピックス

Office 365導入を成功に導くため NWを見直すべき10のポイントOffice 365導入を成功に導くため NWを見直すべき10のポイントOffice 365導入を成功に導くため
NWを見直すべき10のポイント

実際の失敗例をもとに、ネットワークの見直しのポイントを整理する。

無線LAN APだけで電子証明書も運用可能に 運用管理を容易化する工夫も満載!無線LAN APだけで 電子証明書も!

ヤマハのAPは内蔵コントローラ で複数のAPを統合管理できる。セキュリティ機能も充実だ。

Wi-Fiの見えない脅威を可視化・防御 ワイヤレスIPSをお求めやすい価格で!「見えない脅威」にさらされている
無線LANをどう守る?

Wi-Fiの見えない脅威を可視化・防御するワイヤレスIPSを手頃な価格で!

オンプレミス型のPBX/ビジネスフォンは“時代遅れ”では決してない。

機械学習/AIを使った自律運用型ネットワークをArubaは提案する。

ウォッチガードなら「導入運用の容易性」と「強固なセキュリティ」を兼ね備えたWi-Fi環境が手に入る。

パブリッククラウドの普及で、設計・構築・運用法が大きく変わった!

待望の後継機が遂に登場!電話番号の最大登録数は2倍に向上。

ソフトバンクのMDMは、管理者の運用負荷を軽減しながらセキュアな利用を可能にする。

働き方改革はICTツールの導入・活用から取り組むのが有効だ。

大量のアラートをさばくのに忙殺される、旧態依然の運用と決別しよう。

NECのソリューションなら、多様なモバイルワークをセキュアに実現!

「WhatsUp Goldならコスト半減も可能」。イプスイッチの関口氏はこう自信を見せる。

4~6人程度の会議に最適なロジクールのビデオ会議「MeetUp」とは?

ヤマハ独自の音声処理技術が、臨場感あふれる会議を実現する。

注目が集まるCASBのメリットを活かすには、運用負荷を軽減する仕掛けが不可欠だ!

アクセスランキング

月刊テレコミュニケーション
iot16
compass
packet

「通信」の力でビジネスを進化させるbusinessnetwork.jp

Copyright(c) 2015 RIC TELECOM Co.,Ltd. All Rights Reserved. 記事の無断転載を禁じます