キーパーソンが語る

[特集]働き方改革×デジタルの新・教科書(4)

コクヨ ワークスタイル研究所長が語る「未来のオフィス」

聞き手◎坪田弘樹(編集部) 2018.05.16

  • bookmark
  • Teitter
  • 印刷

コクヨ ワークスタイル研究所
所長 若原強氏

オフィス家具大手のコクヨ社内には、「ワークスタイル研究所」という組織がある。1987年に立ち上げられた「オフィス研究所」を前身とし、30年にわたってオフィスのあり方と働き方の研究を続けてきた同研究所は、これからのオフィスの役割をどう考えているのか。所長を務める若原強氏に聞いた。

 
――オフィスの作り方はどのように変わっていくと考えていますか。

若原 オフィスとワーカー(働く人)との間に発生する「遠心力」と「求心力」のバランスを取ることが大事になります。

遠心力というのは、カフェや自宅、コワーキングスペースなど、どこでも働けるようになっていくこと。外に出て働くというトレンドはもう止められません。

ただし、それを放っておいていいとは思いません。やはり、たまには顔を合わせてコミュニケーションをし、知識や情報を共有する場面の重要性は、どれほどリモートワークが発達しても残ります。オフィスはそのための場として残っていくべきです。

放っておくと遠心力だけがどんどん働くので、何らかの求心力を発生させてワーカーを呼び戻す必要があります。

――ルールを作る、メリットを感じさせるといったやり方ですか。

若原 どこでも働いていいと言いながら、例えば「月曜は必ず出社」といったルールで縛るのは本末転倒です。それよりも、オフィスに来ればメリットが得られる状況を作ることです。

例えばグーグルには、おいしい食事が無料で食べられる社食があります。そうすると、昼くらいは会社に行って、ついでにみんなと会話するという状況が自然に生まれるかもしれません。あるいは、トイレに設置したセンサーが排泄物をチェックして自動的に健康診断を行う技術がありますが、それを社食と合わせて導入すれば、「会社に行くと自然と健康になる」という求心力になり得ます。そのように、自発的に集まろうと思える機能や仕組みをオフィスに残していくことが求心力になります。

この遠心力と求心力をどうデザインするかが大事になるでしょう。

――「会社に来ると生産性が上がる」といったことも求心力になり得ますか。

若原 いえ。仕事がはかどる場所は、ワーカーごとに選べばいい。生産性という意味で、オフィスが最上の場所である必要はありません。

IoTで「オフィスの癖」を知る――では、ミーティングを行う場所としての機能を追求していくかたちでオフィスは変化していくと。

若原 働く場所が拡散していくと、オフィスの面積は相対的に小さくなっていきますが、単に今までのオフィスの縮小版にはならないと思っています。

これは私見ですが、オフィスには社食だけがあればいいとも考えています。お昼や夕方にはおいしい食事が振る舞われ、それが求心力となって人が集まる。他の時間は多目的に使えるスペースになる、大学の学食のようなイメージですね。それも将来のオフィスのあり方の1つではないでしょうか。

――AIやIoT技術はどう活用できますか。

若原 オフィスの運用管理の効率化と、ワーカーの利便性向上という2つの観点が考えられます。

前者については、例えばフリーアドレスのオフィスを作った後のモニタリングに有効です。オフィスは作って終わりではなく、継続的にチューニングしていく必要があります。それには、混雑しているスペース、使われていないスペースなどの濃淡がわからなければなりません。人の位置や動きを可視化するIoT技術は重宝されていくでしょう。

コクヨのオフィスも半分以上はフリーアドレスですが、スマホのWi-Fi電波で位置を測り、誰がどこで働いているのか、どこが混雑しがちかといったことがわかるようにしています。

――IoTで「オフィスの癖」を知ると。

若原 そうですね。データが積み上がれば、どこで働く癖があるのかといった情報も集約されます。

後者の観点については、オフィス内にセンサーを設置して、座った場所の空調や照度をパーソナライズするといった使い方があります。海外では数年前から、座った場所の空調・照度を入居者向けのスマホアプリでカスタマイズできる「スマートビル」が話題になっています。

こうした技術の活用は当社にとっても重要なテーマです。働くシーンのニーズや困り事を我々が拾い上げて、テクノロジーに長けたICTベンダーとともに解決策を出す。そうした取り組みを進めていきたいと考えています。

スペシャルトピックスPR

watchguard1805
scsk1805
jpsecure1805

>> 今月の月刊テレコミュニケーション

月刊テレコミュニケーション【特集】プライベートLTEと
   5G URLLCの世界

[第一部]プライベートLTE 
●“Wi-Fi超え”の企業無線/●プライベートLTEを構築しよう [第二部]5G URLLC ●5Gの目玉「URLLC」とは?/●202X年、5Gはこう使う

◆[インタビュー] NTT 篠原弘道副社長 「B2B2Xで広がる可能性」 ◆クラウド管理型無線LAN ◆WAF ◆光伝送で進むオープン化

>>詳しい目次を見る

ホワイトペーパー

スペシャルトピックス

NTTコミュニケーションズIoTビジネスの種まきから結実まで
NTT Comの「次の一手」とは

自社発行型eSIMでの新サービス提供に期待!

SAS Institute Japanデータ分析の老舗、SASが提案するIoT時代のデータ活用

IoTのはじめの一歩を踏み出す前に考えるべきポイントは?

SigfoxSigfoxが開始1年で100万回線!
いよいよ花開くIoTビジネス

LPWAの代表格「Sigfox」の最新動向と活用事例を徹底レポート!

WatchGuard Wi-Fi Cloud不正APを自動遮断するWIPS搭載!
ソーシャルWi-Fiで販促支援も

セキュアな無線LAN環境を実現できる「WatchGuard Wi-Fi Cloud」

無線LAN構築・運用のポイントをSCSKが語る

無線LANの大きなトレンドとなっている「クラウドWi-Fi」で課題解決!

ジェイピー・セキュア導入実績100万サイト以上の
国産WAF「SiteGuard」

業界最速レベルで防御機能を提供するジェイピー・セキュアのWAF製品

ライムライト・ネットワークスクラウド型WAFでWebサイトを保護

ライムライトなら、自社のCDNやDDoS対策との多層防御でオリジンサーバーを攻撃から防御できる。

Office 365ユーザは使わなきゃ損
Teamsでチームワークが劇的に!

Office 365の新ツール「Teams」を使い始める企業が続出している。

CASO新技術のホワイトボックス
M2Mルーターは「切れない接続」

Foxconnグループでホワイトボックスを展開するCASO。

東京エレクトロンデバイスグローバル企業のSaaS活用を後押し
マルチクラウド化の準備はCASBで

マルチクラウドを一元的に管理したい。そんな望みを叶えられる。

拠点・モバイルをつなぐだけ!
クラウドの安全はシンプルに守る

クラウド利用の拡大とともに複雑化するセキュリティ課題を解決!

NetskopeCASBでクラウドはどこまで操れるか
既存のセキュリティとどう違う?
 

Netskopeを例にCASBの機能と使い方、メリットを整理した。

ソフトバンクソフトバンクがSMB向けの
ソリューションパートナー募集!

働き方改革を中心に新たなソリューション開発を支援する。

日本マイクロソフトSkype for Businessを
快適に使いこなすコツとは?

UCの導入効果を最大化するためには備えが必要だ。

日本ビジネスシステムズ“電話”からはじめる働き方改革!

日本ビジネスシステムズのクラウドPBXは、働き方改革を目指す日本企業にピッタリのIP電話サービスだ。

Dialpadピュアクラウドで進化し続ける電話

「PBXを買いたくない」「電話回線を引きたくない」。そんな企業に最適なクラウドテレフォニーがある。

東京エレクトロンデバイスIoTデバイス特化のAIで異常検知

IoTデバイスを狙ったマルウェアが急増中だ。ZingBox IoT Guardianは、IoTに特化したAIで検知する。

Aruba次世代NACでIoTの脅威をブロック

Arubaの次世代NACはエージェントレスでIoT端末にも対応! リスクを検知し有害端末を隔離できる。

アクセスランキング

月刊テレコミュニケーション20180226
ngn
compass

「通信」の力でビジネスを進化させるbusinessnetwork.jp

Copyright(c) 2018 RIC TELECOM Co.,Ltd. All Rights Reserved. 記事の無断転載を禁じます