ニュース

「ユビキタスAI時代が来る」、野村総研がITロードマップ2018年版を発表

文◎坪田弘樹(本誌) 2018.03.08

  • bookmark
  • Teitter
  • 印刷

あらゆるモノにAIが搭載される「ユビキタスAI」時代が到来する――。野村総合研究所は2018年3月8日、「ITロードマップ」の2018年版を発表した。ビジネスや社会に影響を及ぼすと考えられる情報通信技術についての予測をまとめたもの。中でも今後5年の重要技術トレンドとして挙げたのがAI、そしてエッジコンピューティングや音声インターフェースなどだ。


野村総研は「ITロードマップ 2018年版」の発表に当たってメディア向けの説明会を開催。IT基盤イノベーション本部 ビジネスIT推進部 グループマネージャー/上席研究員を務める城田真琴氏が、今後5年の重要技術トレンドとして次の5つについて説明した。


野村総合研究所 IT基盤イノベーション本部 ビジネスIT推進部
グループマネージャー/上席研究員の城田真琴氏


1つめは、「ユビキタスAI」――あらゆるモノにAIが到来される時代の到来だ。

城田氏が事例として挙げたのがグーグルレンズである。スマートフォンのカメラを向けると、その対象物の名前を教えてくれたり、例えばWi-Fiルーターに記載されているID/パスワードにかざせば、手入力することなく自動で文字を認識して簡単に無線LANに接続できる。

AIが搭載されるのは、こうした身近な端末だけではない。大型機械にも、そして空間そのものにもAIは搭載されていく。



トラクターに搭載されたAIが間引き作業から肥料散布、雑草の除去まで行う


次に挙げた事例が、Blue River Technology社による農業用トラクターだ。トラクターに画像認識を行うカメラを取り付け、芽を識別しながら間引き作業を行う。同時に、個々の芽に応じた肥料散布や雑草の除去も実施。人間は何も考えずトラクターを走らせるだけでよいわけだ。

空間そのものにAIを埋め込む「Ambient Intelligence(環境検知)」の先駆けとして紹介したのは、話題のamazon goだ。天井にたくさんのカメラを設置して、画像認識によって来店客の購買行動を自動認識する。

城田氏は、「amazon goのような考え方は将来、スマートシティにも応用されていくだろう。人間が考える前にAIが処理してくれる世界がやってくる」と予測した。



空間そのもののAI化の例として挙げられたamazon go 


エッジコンピューティングはAIと融合
2つめのトレンドは、エッジコンピューティングの台頭だ。

エッジコンピューティングとは、データ転送の非効率性やネットワーク帯域幅・遅延の増大といったクラウドコンピューティングの課題を解決するため、ユーザー/デバイスに近いエッジでデータ処理や蓄積を行う考え方だ。通信量の削減や遅延の抑制などの効果に加えて、プライバシー保護の観点でも注目されている技術である。

城田氏はこのエッジコンピューティングの進化にもAIが深く関連すると話した。現時点では、エッジに強力なコンピューティングリソースを配置するのが難しいことから簡単な処理を行う程度に過ぎないが、ゆくゆくはエッジでAIを用いることも可能になると予測する。

背景にあるのは、エッジでも高度な処理が可能なAIフレームワークや専用チップが登場してきたことだ。「AIの推論が従来に比べて高速かつ低消費電力で行える」。



エッジで高度な処理を行うAIフレームワークや専用チップが登場している


エッジ向けのAIフレームワークの代表例としてはクアルコムの「Neural Processing Engine(NPS)」があり、推論用のAIチップには、スマートフォンやウェアラブルデバイス向けのファーウェイ「Kirin 970」がある。また、産業機器やIoTデバイス向けにも、NVIDIAやインテルがAIチップを開発・提供している。

城田氏は、「AIの学習はまだエッジ側では難しいため、当面はクラウドで行い、こうしたAIフレームワークやチップを用いてエッジでAIの推論を行う」といった使い方が広がると予測した。

 

スペシャルトピックスPR

scsk1805
jpsecure1805
limelight1805

>> 今月の月刊テレコミュニケーション

月刊テレコミュニケーション【特集】IoT FUTURE CITY
 [IoTは暮らしをどう変えるか]“おらが街”もデジタル化
 [柏の葉スマートシティ]IoT事業創造の一大拠点に
 [Fujisawa サスティナブル・スマートタウン]持続的に成長する街を
 [Fukuoka City LoRaWAN]IoTで変化を生み出す街


◆[インタビュー] NEC 河村厚男常務「キャリア事業を構造改革」 ◆「日中間通信」の課題と攻略法 ◆ソフトバンクが日本初のNB-IoT ◆モバイル市場の公正競争の今後 ◆急成長するシスコの“サービス”事業

>>詳しい目次を見る

ホワイトペーパー

スペシャルトピックス

インテル5Gをエンドツーエンドでカバー
新たな価値創出を目指すインテル

インテルは強みの仮想化技術で5G時代のネットワーク構築に貢献する。

コマーチキャリア向けOSS/BSSに強み
自動化やe-ヘルスで社会課題解決

自動化やe-ヘルスで多くの実績を持つコマーチが日本市場に参入した。

ブロードメディア・テクノロジーズ小森コーポレーションが
Aryakaで日中間通信を安定化!

日系企業の中国ビジネスに立ちはだかるのが通信環境の問題だ。

IIJグローバルソリューションズ日中間ネットワークの安定運用へ
VPN規制を乗り切る解決策提供

安定的な越境通信を実現するには何が必要か?

NTTコミュニケーションズIoTビジネスの種まきから結実まで
NTT Comの「次の一手」とは

自社発行型eSIMでの新サービス提供に期待!

SAS Institute Japanデータ分析の老舗、SASが提案するIoT時代のデータ活用

IoTのはじめの一歩を踏み出す前に考えるべきポイントは?

SigfoxSigfoxが開始1年で100万回線!
いよいよ花開くIoTビジネス

LPWAの代表格「Sigfox」の最新動向と活用事例を徹底レポート!

WatchGuard Wi-Fi Cloud不正APを自動遮断するWIPS搭載!
ソーシャルWi-Fiで販促支援も

セキュアな無線LAN環境を実現できる「WatchGuard Wi-Fi Cloud」

無線LAN構築・運用のポイントをSCSKが語る

無線LANの大きなトレンドとなっている「クラウドWi-Fi」で課題解決!

ジェイピー・セキュア導入実績100万サイト以上の
国産WAF「SiteGuard」

業界最速レベルで防御機能を提供するジェイピー・セキュアのWAF製品

ライムライト・ネットワークスクラウド型WAFでWebサイトを保護

ライムライトなら、自社のCDNやDDoS対策との多層防御でオリジンサーバーを攻撃から防御できる。

Office 365ユーザは使わなきゃ損
Teamsでチームワークが劇的に!

Office 365の新ツール「Teams」を使い始める企業が続出している。

CASO新技術のホワイトボックス
M2Mルーターは「切れない接続」

Foxconnグループでホワイトボックスを展開するCASO。

東京エレクトロンデバイスグローバル企業のSaaS活用を後押し
マルチクラウド化の準備はCASBで

マルチクラウドを一元的に管理したい。そんな望みを叶えられる。

拠点・モバイルをつなぐだけ!
クラウドの安全はシンプルに守る

クラウド利用の拡大とともに複雑化するセキュリティ課題を解決!

NetskopeCASBでクラウドはどこまで操れるか
既存のセキュリティとどう違う?
 

Netskopeを例にCASBの機能と使い方、メリットを整理した。

ソフトバンクソフトバンクがSMB向けの
ソリューションパートナー募集!

働き方改革を中心に新たなソリューション開発を支援する。

日本マイクロソフトSkype for Businessを
快適に使いこなすコツとは?

UCの導入効果を最大化するためには備えが必要だ。

アクセスランキング

月刊テレコミュニケーション20180226
ngn
compass

「通信」の力でビジネスを進化させるbusinessnetwork.jp

Copyright(c) 2018 RIC TELECOM Co.,Ltd. All Rights Reserved. 記事の無断転載を禁じます