企業ネットワーク最前線

<特集>これから2020年までに起こること

【NW未来予想図06】eSIM普及でIoTが加速――自動車やウェアラブルに続々採用

文◎村上麻里子(編集部) 2018.03.01

  • bookmark
  • Teitter
  • 印刷

通信プロファイルをネットワーク経由で書き換えられるeSIM。フルMVNOの登場も後押しとなり、eSIMの利用環境はさらに整備され、セルラー通信機能を搭載するIoTデバイスが急速に増えていきそうだ。

 
本格的なIoT時代を前に、組み込み型のeSIM(embedded Subscriber Identity Module)の活用が急速に進んでいる。

スマートフォンなどのモバイル端末は、電話番号や加入者識別番号などネットワーク接続に必要な情報(通信プロファイル)を書き込んだSIMカードを本体に差し込むことで通信を行う。この通信プロファイルをリモートで書き換えることはできないため、通信キャリアを切り替えるにはSIMカードの入れ替えが必要だ。グローバルにIoTデバイスを展開する場合、国ごとにSIMカードを差し替えたり、割高なローミングサービスを利用するなどの必要があり、大きな障壁の1つとなってきた。

そこで「IoTに必須」と言われてきたのがeSIMである。eSIMの場合、あらかじめデバイスに内蔵させておいたSIMに、後から通信プロファイルをダウンロードすることができる。このため、SIMの抜き差し不要で簡単に通信キャリアを切り替えられる。また、SIMを差し込むためのスロットも不要になる。

このeSIMの導入は2017年から拡大し始めたが、今後さらに普及が進み、IoTビジネスの活性化に貢献していくことになる。
店頭のオペレーションを簡略化まずは、現在までのeSIMの主だった動きを振り返ろう。

eSIMの採用は、自動車や建機などで先行してきた。これには、eSIMの標準化作業も関係している。eSIMの仕様は、モバイル通信の業界団体GSMAによって「M2Mモデル」と「コンシューマーモデル」の2つが策定されている(図表1)。管理者などがネットワーク側から通信プロファイルを書き換えるプッシュ型がM2Mモデル、ユーザーがデバイス側から通信プロファイルを書き換えるプル型がコンシューマーモデルだが、M2Mモデルの標準化が先に進められてきたためだ。

 

図表1 eSIMのM2M/IoT向けとコンシューマー向けの違い
図表1 eSIMのM2M/IoT向けとコンシューマー向けの違い


しかし2016年10月にリリースされたコンシューマーモデルのRSPバージョン2で、通信プロファイルをデバイスに直接ダウンロードできるようになったことから、コンシューマー機器での採用が加速することになった。

例えば、米マイクロソフトは2017年5月、「Always Connected PC」と呼ばれる構想を発表している。同社のPCにLTEモジュールとeSIMを搭載し、いつでも通信できるようにするという構想だ。ユーザーは訪れた国のキャリアのモバイルデータ通信プランを選択し接続できるので利便性が向上する。

今、最も売れているeSIM搭載端末といえば、「Apple Watch Series3」が真っ先に挙げられるだろう。こちらもユーザーが任意のキャリアを選択し、回線契約の手続きを行うことができるが、アップルの場合はAppleSIMという独自仕様を用いている。

国内ではNTTドコモが2017年春夏モデルのタブレット端末「dtab Compact d-01J」にeSIMを採用した。ドコモがeSIMで目指したのはオペレーションの簡略化だ。

従来のSIMカードでは、台紙からの折り取りやデバイスへの差し込みといった手作業が発生していた。一方、eSIMの場合はこうした手作業なしに、端末の電源を入れ、初期設定の簡単な操作だけでプロファイルを設定できる。その結果、「ショップ店頭のスタッフの負荷が軽減される」とプロダクト部 第二商品企画担当部長の横内禎明氏は説明する。

簡単に開通作業が行えるようになることで、将来的には、イベント会場や電話教室のような場所に縛られない、自由度の高い販売方法も期待される。
続きのページは「business network.jp」の会員の方のみに閲覧していただけます。ぜひ無料登録してご覧ください。また、すでに会員登録されている方はログインしてください。

スペシャルトピックスPR

d-link1805
ms1804
caso1804

>> 今月の月刊テレコミュニケーション

月刊テレコミュニケーション【特集】IoT FUTURE CITY
 [IoTは暮らしをどう変えるか]“おらが街”もデジタル化
 [柏の葉スマートシティ]IoT事業創造の一大拠点に
 [Fujisawa サスティナブル・スマートタウン]持続的に成長する街を
 [Fukuoka City LoRaWAN]IoTで変化を生み出す街


◆[インタビュー] NEC 河村厚男常務「キャリア事業を構造改革」 ◆「日中間通信」の課題と攻略法 ◆ソフトバンクが日本初のNB-IoT ◆モバイル市場の公正競争の今後 ◆急成長するシスコの“サービス”事業

>>詳しい目次を見る

ホワイトペーパー

スペシャルトピックス

インテル5Gをエンドツーエンドでカバー
新たな価値創出を目指すインテル

インテルは強みの仮想化技術で5G時代のネットワーク構築に貢献する。

コマーチキャリア向けOSS/BSSに強み
自動化やe-ヘルスで社会課題解決

自動化やe-ヘルスで多くの実績を持つコマーチが日本市場に参入した。

ブロードメディア・テクノロジーズ小森コーポレーションが
Aryakaで日中間通信を安定化!

日系企業の中国ビジネスに立ちはだかるのが通信環境の問題だ。

IIJグローバルソリューションズ日中間ネットワークの安定運用へ
VPN規制を乗り切る解決策提供

安定的な越境通信を実現するには何が必要か?

NTTコミュニケーションズIoTビジネスの種まきから結実まで
NTT Comの「次の一手」とは

自社発行型eSIMでの新サービス提供に期待!

SAS Institute Japanデータ分析の老舗、SASが提案するIoT時代のデータ活用

IoTのはじめの一歩を踏み出す前に考えるべきポイントは?

SigfoxSigfoxが開始1年で100万回線!
いよいよ花開くIoTビジネス

LPWAの代表格「Sigfox」の最新動向と活用事例を徹底レポート!

WatchGuard Wi-Fi Cloud不正APを自動遮断するWIPS搭載!
ソーシャルWi-Fiで販促支援も

セキュアな無線LAN環境を実現できる「WatchGuard Wi-Fi Cloud」

無線LAN構築・運用のポイントをSCSKが語る

無線LANの大きなトレンドとなっている「クラウドWi-Fi」で課題解決!

ジェイピー・セキュア導入実績100万サイト以上の
国産WAF「SiteGuard」

業界最速レベルで防御機能を提供するジェイピー・セキュアのWAF製品

ライムライト・ネットワークスクラウド型WAFでWebサイトを保護

ライムライトなら、自社のCDNやDDoS対策との多層防御でオリジンサーバーを攻撃から防御できる。

Office 365ユーザは使わなきゃ損
Teamsでチームワークが劇的に!

Office 365の新ツール「Teams」を使い始める企業が続出している。

CASO新技術のホワイトボックス
M2Mルーターは「切れない接続」

Foxconnグループでホワイトボックスを展開するCASO。

東京エレクトロンデバイスグローバル企業のSaaS活用を後押し
マルチクラウド化の準備はCASBで

マルチクラウドを一元的に管理したい。そんな望みを叶えられる。

拠点・モバイルをつなぐだけ!
クラウドの安全はシンプルに守る

クラウド利用の拡大とともに複雑化するセキュリティ課題を解決!

NetskopeCASBでクラウドはどこまで操れるか
既存のセキュリティとどう違う?
 

Netskopeを例にCASBの機能と使い方、メリットを整理した。

ソフトバンクソフトバンクがSMB向けの
ソリューションパートナー募集!

働き方改革を中心に新たなソリューション開発を支援する。

日本マイクロソフトSkype for Businessを
快適に使いこなすコツとは?

UCの導入効果を最大化するためには備えが必要だ。

日本ビジネスシステムズ“電話”からはじめる働き方改革!

日本ビジネスシステムズのクラウドPBXは、働き方改革を目指す日本企業にピッタリのIP電話サービスだ。

Dialpadピュアクラウドで進化し続ける電話

「PBXを買いたくない」「電話回線を引きたくない」。そんな企業に最適なクラウドテレフォニーがある。

東京エレクトロンデバイスIoTデバイス特化のAIで異常検知

IoTデバイスを狙ったマルウェアが急増中だ。ZingBox IoT Guardianは、IoTに特化したAIで検知する。

Aruba次世代NACでIoTの脅威をブロック

Arubaの次世代NACはエージェントレスでIoT端末にも対応! リスクを検知し有害端末を隔離できる。

アクセスランキング

月刊テレコミュニケーション20180226
wsd_iot_ngn
compass

「通信」の力でビジネスを進化させるbusinessnetwork.jp

Copyright(c) 2018 RIC TELECOM Co.,Ltd. All Rights Reserved. 記事の無断転載を禁じます